お試しタキオンデッキ!トーチゴーレムを採用してみて感じたこと。

結論:微妙(`・ω・´)

今回は…1枚である程度展開することができるカード

「トーチ・ゴーレム」

これをとりあえず採用してみてデュエルした感想をば(`・ω・´)

デッキはやはり見やすすぎるためDECKmaker様のものを活用させていただいております

( ´∀` )

♦デッキ♦

トーチ・ゴーレムは制限カードであるため、手札に呼び込むために魔導契約の扉も採用。これにより実質3枚体制です(`・ω・´)

エクストラデッキもそれに伴い大幅に変更。

トーチゴーレムのムーブを使用するための基本構成を混ぜました。

セイファート+バルジorネビュラのムーブは1回使用できれば十分なので守護竜ピスティを不採用にしました。

4月からの新ルールをイメージしているものの、どうしてもリンクモンスターを採用しなければセイファートのムーブもトーチゴーレムのムーブも使用できないのでこのような構成になっています。

♦魔導契約の扉♦

今回の目玉かもしれません。

手札の魔法カード…3枚も採用した七皇の剣を相手に渡すことでデッキからトーチゴーレムを手札に持ってきます。

それ以外にもバルジやレヴィオニア…シュバルツシルトもサーチできます。

竜の交感も2回も使用しないため相手に渡すことで無駄を省けます

サーチしたトーチゴーレムでスカルデットをリンク召喚することが目的ですので、失った手札は補充できます( ´∀` )

♦実際に使用してみたメリット♦

基本的に灰流うららを打たれるのは最後のスカルデッドの時のみでした。

逆にそこに打たれなければ安心してドロー→引いたカードで展開とつなぐことができました。何気にセキュリティドラゴンのバウンス、アカシックマジシャンのバウンス効果が活躍しましたね( ´∀` )

このドローでレベル8ドラゴンとネビュラをそろえることさえできればいいのでなかなかいいコンボのように感じました。

♦最終的に採用するのか?♦

上でメリットを挙げましたが…ここでデメリットと採用するか否かを明言しておきます。

結論からいうと…

不採用(`・ω・´)

なぜかというと…

①エクストラデッキの圧迫

②メインデッキの圧迫

この2つを感じました。1つずつ説明を…

①エクストラデッキの圧迫

これですが…リンクリボーやリンクスパイダー、アカシックマジシャン、セキュリティドラゴンはトーチゴーレムでしか使用しませんでした。

トーチゴーレム1枚での展開には必要不可欠なんですが、他のカードで使用しません。つまり魔導契約の扉かトーチゴーレムを引くことがなければエクストラデッキの1/3が無駄になっています。

実際のデュエルでもトーチゴーレムを手札に加えることができなかったり、トーチゴーレムを手札に回収させてもらえないこともありました。この際にはエクストラデッキの使用しないカードが邪魔で、ほかの銀河眼が欲しかったです。

②メインデッキの圧迫

これですが…今回、トーチゴーレムをなるべく手札に加えることができるようにトーチゴーレムと魔導契約の扉を採用しています。

これで実質3枚ですが…

トーチゴーレムのコンボは派生先が限られているため、無効にされた場合にそこから別のルートに移行しようとするとどうしても他のカードが必要になってきます。

で…その展開に使用するためのカードですが…このデッキに入ってないんですね

(;’∀’)

つまりトーチゴーレムが無効にされると魔導契約の扉もほとんど仕事しません。レヴィオニアやシュバルツシルトはほかの方法でもサーチできますからね(;・∀・)

♦ほかのカードを入れたくなる♦

セイファートのムーブを入れているため、竜の渓谷をサーチしてヴァレットを採用した動きにも移行することができます。

各々の動きを取り入れるよりも同じカードで別のルートに派生できるようにしたほうが安定していくのではないかと強く感じました。

♦まとめ♦

セイファートのムーブが登場してから初めてデッキにトーチゴーレムを採用してみました。

トーチゴーレム単体の動きは強いです。しかし…遊戯う王のルール上エクストラデッキの枠は15枚と少ないです。

サイバース族デッキなど、いろいろなリンク召喚ができるデッキならばいいのでしょうが、ドラゴンメインの私のデッキではどうしても足を引っ張ることがあるようです

(;・∀・)

それであれば同じドラゴン族で、ある程度サポートも共有できるヴァレットモンスターを採用して少しばかりのドラゴンリンクのような動きを採用したほうが安定するような感じがしました。

次はヴァレットとヴァレルロードを採用してみます(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。