この手札からどう展開する?紹介済みのデッキ先行1ターン目の動き方について

今回は以前記事にしたデッキの先行1ターン目の動きについてやっていきたいと思います。

今回使用するデッキは…

①銀河フォトンガチ仕様

②カオス魔妖リンボ

の2つです。

デッキ紹介記事はこちらから↓

①2020年!1回目のデッキ紹介!ガチ仕様!銀河フォトン!~相棒と切り札は永遠に~!!

②カオス魔妖リンボ!墓地からの永遠に朽ちることを知らない強襲者たち!~辺獄を突き破るタキオンドラゴン~

各デッキ2回ずつやっていきたいと思います。

早速行きます。

①銀河フォトン

♦1回目

最初の初手です。なかなか悩みますね…

とりあえず…10枚除外して2枚ドローしました。上が除外されたカードです。増殖するGを引き込むことができました。フォトンサンクチュアリを引きましたが…ほかの光属性モンスターがよかったですね。

エフェクト・ヴェーラーをコストに銀河戦士を特殊召喚…効果でフォトンバニッシャーをサーチして自身の効果で特殊召喚。光子竜をサーチしました。

フォトン・サンクチュアリを発動。フォトンオービタルも装備して効果を発動。残光竜をサーチします。

その後トークン2体で煌星竜をリンク召喚してオービタルを回収しました。

ここから…エクストラデッキによって派生していきますが、このデッキはランク8特化です。なので…

2体をリリースして光子竜を特殊召喚し、残光竜の効果で特殊召喚。その後フォトンロードをエクシーズ召喚してターン終了です。オービタルを装備してもいいのですが…処理されそうなフィールドなので辞めました。また、フォトンロードによってサーチできるので手札のフォトンサンクチュアリと合わせて後続の準備もOKです。

残光竜を素材にしているので無効効果を使用できれば隣に光子竜を出せますね。

もしも無効効果を使用しなければ…次の自分のターンにギャラクシーアイズ・FAかサイファーブレードを重ねることで能動的にエクシーズ素材を使えますね(*´ω`*)

♦2回目♦

悩む…1回目と同じ盤面を目指します。この手札…後攻ならば1ターンキルできる手札ですね(;’∀’)

まず…フォトンサンクチュアリを発動します。その後ネビュラの効果で光子竜と一緒に特殊召喚します。

オービタルの効果で銀河騎士をサーチしておきます。次のターンのためですね。

トークン2体でリンク召喚してオービタルを回収しておきます。

最終的にこんな感じ。安定してこの盤面は作れますね。欲を言えば手札に光子竜が欲しいので銀河騎士ではなく光子竜をサーチしておいてもいいかもしれませんね。

もしくは残光竜をサーチして特殊召喚。フェルグラントをエクシーズ召喚して効果により自身の効果を無効にして残光竜の効果発動。残光竜の効果で特殊召喚した光子竜と残っているレベル8とでタイタニックギャラクシーorフォトンロード

とかもできますね。相手のデッキに合わせてどのルートに行くのかを決めなければいけません。

…本当に後攻ならいい手札でしたね(;’∀’)

♦カオス魔妖リンボの場合♦

♦1回目

oh(´・ω・`)…悩み手札…後攻ならばDark Knghtさんを出して吸収したい手札ですね…アンデットの基本ムーブで行きましょう(`・ω・´)

隠者の効果でデッキからユニゾンビを特殊召喚しました。

ユニゾンビの効果でデッキから馬頭鬼を墓地に送ります。除外して隠者を特殊召喚。

2体でリンク召喚ハリファイバー。効果でグローアップ・ブルームを特殊召喚します。で…手札のアンデットワールドを発動します。

ブルーム1体でリンク召喚。リンクリボー…墓地に行ったブルームの効果で自身を除外してデッキからアンデット族レベル5以上であるドーハスーラさんを特殊召喚します。

最後に…ドーハスーラさんとアンデット族になっているリンクリボーでヴァンパイア・サッカーをリンク召喚します。

これで相手ターンのスタンバイフェイズにドーハスーラさんが蘇生されるのでサッカーの効果で1枚ドローできます。

手札に生者の書があるので次のターンも動けますね。( ´∀` )

もし…先行でΩさんをシンクロ召喚していれば次のターンにはタキオンさんとネオタキオンさんを出すことも可能でしたね(●´ω`●)

♦2回目

これは…1回目と同じことができますが…今回は魔妖要素を使用していきます(`・ω・´)

手札に罠の蘇生札もありますからね( ´∀` )

隠者の効果でユニゾンビを特殊召喚。効果で手札の馬頭鬼を墓地に…その後デッキから波旬旬を墓地に送ります。

馬頭鬼を除外して波旬を特殊召喚。効果でデッキから妲己を特殊召喚します。妲己にはエクストラデッキから魔妖モンスターが特殊召喚されると墓地から特殊召喚できる効果を持っています。

ここから魔妖の特徴である階段式のシンクロを連続していきます。

連続した結果です( ´∀` )がしゃどくろさんと妲己でリンク召喚。雪女さん。雪女さんの特殊召喚に反応して妲己を特殊召喚します。

手札の魔妖回天を発動。デッキから雪娘を手札に加えます。ここで雪娘を紹介します。

雪娘はフィールドに雪娘以外の魔妖カードある時、手札or墓地の雪娘を特殊召喚できます。さらにデッキからアンデット族1体を墓地に送れます。

この子の効果で特殊召喚してデッキから馬頭鬼を墓地に送っておきます。

雪女+ユニゾンビ+妲己でリンク召喚。零氷の魔妖雪女をリンク召喚します。墓地の妲己の効果で妲己自身えお特殊召喚。

最後に手札のもののけの巣くう祠をセットしてターン終了ですね。

相手ターン中に罠によってモンスターを特殊召喚すれば相手の妨害ができます。

まあその場合には場のモンスターが全部破壊されているわけですが…

墓地には馬頭鬼がありますので、次のターンの返しもOKです。

雪女が破壊されたら墓地のがしゃどくろさんが復活しますのである程度戦力は保てますね。

♦まとめ♦

いかがだったでしょうか(。´・ω・)?

今回はいままで記事で紹介した2つのデッキの先行での動き方をやってみました。当然人によっては別のルートを使用すると思います。

エクストラデッキによってはできることできないことが変わりますので、展開も変わってきますね。

同じ手札でも後攻ではやることが変わりますので近いうちに後攻での動き方もできればいいなあと思います。

先に紹介した銀河フォトンはたまたま初手が似通っていましたが…レベル4が手札に多く来た場合や初手で残光竜を握っている場合には動き方がまた変わってきます。

ぜひともご自分のデッキでもいろいろ試してみてください( ´∀` )

後に紹介したカオス魔妖リンボはアンデット族を中心にしているため、ユニゾンビや隠者からスタートするとできることが多くあります。

初手に上2枚が無い…ということは魔妖が中心の手札になっていることが多いのでその時は魔妖を頼ります。

上でも書きましたが、相手のデッキタイプによってはDark Knghtを処理しきれない時もあります。手札に生者の書もあったので相手によってはシンクロ・エクシーズを狙うかもしれません。

デッキの動き方は複数あって楽しいですよね( ´∀` )

ぜひともアンデット族にも手を出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。