これからの銀河眼主体のデッキについて外伝第2回!まさかのガチ構築を目指す?!弱点の手札誘発をケアせよ!タキオン専用デッキ構築を目指して~

先に言っておきます。

未だデッキ…できておりません( ;∀;)

第4回までにはデッキを挙げたいと思います|д゚)

どこかで見たことあると思った方…暖かく見守ってください|д゚)

題名にもある通り…

タキオンの効果をうまく使ったガチデッキ

これを作っていきたいと思います(`・ω・´)

で…ギャラクシーアイズ系をメインに据えたデッキって…

・手札誘発に弱い( ;∀;)

特に「灰流うらら」や「エフェクト・ヴェーラー」、「幽鬼うさぎ」などの有名どころは当然として「増殖するG」なども当然です。

ここを何とかしてケアしたいところ…しかし…ここを気にしすぎるとデッキが回りにくくなり、当然勝率も落ちます。

そこで…

・未界域+暗黒界

ここに白羽の矢を立てました( ´∀` )

未界域には共通効果があります。

手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが(同名カード)以外だった場合、
さらに手札から(同名カード)1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。

こんな感じの効果ですね。この効果…当然のように灰流うららに引っ掛かるわけですが…名称ターン1がなく、無効にされても再度発動できるので実質灰流うららが効かないんです(`・ω・´)

さらにさらに!

未界域はフィールドで発動しないモンスターも多数いますので、エフェクト・ヴェーラー、幽鬼うさぎ、あとは無限泡影にも強いのです(●´ω`●)

暗黒界は効果で手札から捨てられると効果を発動するので相性がよく、グラファを使用すればランク8が立てやすくなるので採用です。

♦ギャラクシーアイズ系の弱点を補える♦

ギャラクシーアイズ系はフィールドに出てしまえば強いカードたちです。

しかし、負けるデュエルというのは展開中に妨害されたり、そもそもエクシーズ召喚を無効にされることで敗北に繋がります。

今回…未界域と暗黒界を選んだ理由はここにあります。

手札誘発に対策しなくてもある程度強く、尚且つエクシーズ召喚する前に相手の妨害カードを潰せるテーマ…でレベル8を工夫しなくても出せる…

これが未界域と暗黒界でした。

また展開を止められてもまだまだ動けるテーマですかね(`・ω・´)

………

と…いうことで採用しようとしているカードをタキオンドラゴンと絡めて解説していきたいと思います。

♦未界域♦

・未界域のビックフット

まずはこのカード(`・ω・´)

レベル8なので採用です。攻撃力も3000ありますのでたとえタキオンドラゴンを出すことができなくても戦力になります。

このカードを使用しまくったあとに「悪夢再び」で回収すれば手札を潤しながら再展開できますね( ´∀` )

・未界域のオゴポコ

同じくレベル8ですね。

こちらはビックフットとは違い、守備力が3000ですね( ´∀` )

壁です。

墓地肥やしをしてくれます。墓地に「限界竜シュバルツシルト」がいればビックフットを落として、「悪夢再び」で回収したいですね。

単純に特殊召喚されてくれればタキオンドラゴンのエクシーズ素材にできるのでいいですね。

・未界域のサンダーバード

最後のレベル8未界域は鳥さんです( ´∀` )

この子も当然のように単体で特殊召喚できるので便利ですね。

手札から捨てられると相手のフィールドの伏せカードを破壊してくれます。

タキオンドラゴンたちは専用の罠カードや自身の効果でフィールドに出てしまえば強いのですが…出る前に何かされるのに弱いです。

このカードとビックフットはここも補ってくれます。

・未界域の危険地帯

ドローカードです。

手札から捨てるカードは未界域+他のカード1枚なので、バトルフェイズ中にこのカードで「暗黒界の導師セルリ」を捨てることで、手札交換をしながらタキオンドラゴンの効果を使用していくことが目的です。

この際に、前回の外伝第1回であげた「暗黒の瘴気」と違い、相手ターンに破壊されそうなところにチェーン発動で手札交換ができます。

2枚捨てられるので、ビックフットやサンダーバードとグラファを捨てることができれば、相手ターン中に妨害もできるわけですね( ´∀` )

♦暗黒界の龍神グラファ♦

知る人ぞ知る暗黒界の切り札です。

フィールドの暗黒界モンスターを戻すことで簡単に特殊召喚できるレベル8ですね

( ´∀` )

超優秀です。さらに手札から捨てられれば相手フィールドのカードをなんでも1枚破壊できるのでここも見逃せません。

エクシーズ素材やリンク素材にしても返ってくるので何回でも素材にできながら単体でも戦力になるカードはなかなかありません。

♦増殖するGとニビル♦

この2枚に関しては仕方ないです(´・ω・`)

増殖するGは墓穴の指名者などでどうにかなります。

ニビルは…抹殺の指名者ですね…もしくはリリースできないモンスターを使用するなど方法はありますが展開中に相手の行動を妨害できるようにする必要があります。

♦ランク4やリンク♦

ギャラクシーアイズ系を専用構築にするときの1番の強みは…エクストラデッキの自由度です。

極端な話、タキオンドラゴンたちを主軸にするとタキオンドラゴン、ネオタキオンを2枚ずつ入れても、残りの枠は11枚です。

未界域と暗黒界はレベル4も並べれますのでランク4を、さらに展開もできることからリンクモンスターも搭載できます。

つまり…相性が悪い相手が来ても対処できる方法が増えるということ(`・ω・´)

♦まとめ♦

これからデッキ構築をしていく際の前段階を記事にしています。

未界域は海外では猛威を振るいましたが、やはり環境やカードプールの違いなのか…日本では成績は残していますが、環境トップには立っていません。

十分強いんですけどね(´・ω・`)

わたしとしてはレベル8が立てやすいので使用したいとずっと思っていました。

特殊召喚しながらドローしますが、手札消費はやはり激しいテーマです。ギャラクシーアイズ系のデッキの弱点でもありますね(;´∀`)

ここらへんは「終わりの始まり」などのカードでケアしましょう。

いくつかの弱点は特に考えなくても解決しているので、あとはわたしのデッキ構築力次第ですね(`・ω・´)

頑張ります(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。