これ1枚でアフターケア!!ドラゴン族メインのデッキならば輝ける「黒鋼竜」レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンを過労させてみせる…

そろそろタキオンドラゴンをメインに据えたデッキも次のステージへ持っていくところまで来ました。

次のステージは…やはり何回でも蘇るタキオンドラゴンだと思うのです(`・ω・´)

ドラゴン族には強力な蘇生カードとして優秀な子がいますよね。

この新規イラストをもらい、エラッタによって監獄から帰還したレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン。

通称レダメさんです(*´ω`*)

この子を使いこなし、使いまわせれば…汎用性の高い永遠のタキオンドラゴンデッキができるはず(`・ω・´)

と…いうことでレダメさんをうまく使う方法を考えた結果…

この子。ブラックメタルドラゴンに白羽の矢が立ちました

(*´ω`*)

と…いうことで…

レダメさんとブラックメタルをうまく使う方法を考える

(`・ω・´)

♦リンク1の素材にしてサーチ♦

黒鋼竜はフィールドから墓地に送られた場合にデッキから「レッドアイズ」カード1枚をサーチできます。

なので…黒鋼竜をフィールドから墓地に送ることができればレダメをサーチできます。

1番簡単なのは…リンク素材にしてしまうことですよね(*´ω`*)

♦リンク1のドラゴン族で即レダメ♦

黒鋼竜1枚から後続のケアも含めた動きをしたいので、すぐにでもレダメさんを出したいです。

なので…

・守護竜ピスティ

・ストライカー・ドラゴン

この2枚が1体でリンク召喚できるドラゴン族です。

どちらでも構いませんが…

①黒鋼竜をNS→守護竜ピスティをリンク召喚

②黒鋼竜の効果でレダメサーチ→ピスティ除外してSS

③レダメ効果で黒鋼竜を蘇生

④レダメ効果で黒鋼竜をSS→2体でリンク

⑤黒鋼竜の効果でレッドアイズ・スピリッツサーチ

こうすればリンク2モンスターを出したうえで次のターンに再びレダメさんを展開できるようになります

(*´ω`*)

リンク2としては後続も用意できるロムルスがおすすめです。

この子で「ドラグニティの神槍」をサーチすればハリファイバーを作れますし、そうでなくてもファランクスを使用して別の展開もできますね(*´ω`*)

そのほかにも、もう1枚手札に何かしら展開札があることが前提ですが…

この子をリンク召喚すれば相手に対する妨害札+後続の用意もできます。

♦他のカード次第で汎用性が高まる♦

黒鋼竜ともう1枚手札にカードがあればルートがだいぶ広がりますね。(*´ω`*)

例えば…

・竜の霊廟

・クイック・リボルブ

・ドラゴン族or鳥獣族のチューナー

龍の霊廟を使用して墓地に「闇黒の魔王ディアボロス」を墓地に送っておけば相手の戦力を削りながら戦う戦法を取れます。

クイック・リボルブならば「ヴァレット・トレーサー」を絡めるのでリンクなりシンクロなり、自由に大型モンスターを展開しながら蘇生札も握れます。

ドラゴン族のチューナーもしくは鳥獣族のチューナーのどちらかを握っていれば大体のシンクロモンスターを特殊召喚できます。

ある程度組み合わせに幅がありますので、黒鋼竜+レダメさんはドラゴン族をメインに据えたデッキタイプであれば採用できそうですね(*´ω`*)

♦まとめ♦

エラッタされてしまったとはいえやはりレダメさんの蘇生効果は優秀すぎますね(*´ω`*)

ピスティを墓地から蘇生できればそこからさらに蘇生できるかもしれませんし…

何より黒鋼竜1枚からレダメさんを特殊召喚できるところまでつながるのが素晴らしいですね(*´ω`*)

メインデッキのほかのカードと相談しながら構築していきたいと思います。

(`・ω・´)ゞ

(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。