ちょっと不安?遊戯王における攻撃力のライン。もはや攻撃力3000は射程圏…「サイバー・ドラゴン」は優秀だった…

最近…ふと昔のことを思い出すんですよ…

あの頃は…

ブルーアイズが出てきた時点で魔法・罠で処理していたな…と

昔の攻撃力のラインは…

2100

2500

3000

と3種類ですね。

2100は環境でもあった「サイバー・ドラゴン」の攻撃力ですね(*´ω`*)

簡単に出てくる攻撃力2100が1つの目安でした。

次に2500.

これは「帝」シリーズの攻撃力2400を超えているというライン。

つまり、2400以下であった時には2体以上をリリースしてアドバンス召喚したりする際にはちょっと心もとない感じでした。

「真紅眼の黒竜」はレベル7でありながら攻撃力が2400なのでちょっと(;´・ω・)

といった感じ。

最後に3000。

これは長らくメインデッキに入る最高攻撃力であった「青眼の白龍」の攻撃力です。

メインデッキに入る最強攻撃力であったためのライン。

昔は大体この3つの攻撃力のラインを意識していた時期がありました。

♦効果によるサポート♦

さて…

最近では攻撃力が低くても効果によって攻撃力を上げたり、逆に相手のモンスターの攻撃力を下げたりする効果を持ったカードも登場しました。

もしくは…自身の効果で攻撃を止めるカードも登場しました。

これによって多少ですが攻撃力のラインが薄れていったような気がします。

♦1900を超えられるサイバー・ドラゴン♦

時代が進んでも優秀であるとされている…

「サイバー・ドラゴン」

やはりお手軽に特殊召喚できる攻撃力2100というのがgoodですよね(*´ω`*)

現在でもこれは優秀です。

なぜかというと…

まずこのカード「ライオウ」あらゆるデッキ刺さる効果を持っているこのカード…

こちらのチェーンブロックに乗らない特殊召喚も潰してきます。

メタビート系に採用されます。

「サイバー・ドラゴン」は1枚で召喚権を使用しないで「ライオウ」を潰すことができます。

次にこちら

こちらもメタビート系に良く採用されます。

「サイバー・ドラゴン」はこのカードも突破できます。

ただ…このカードを破壊するには戦闘するしかないので「ライオウ」よりも処理しにくいかもしれませんけどね

(;´・ω・)

♦時代が進んで攻撃力5000♦

時代が進み、メインデッキに入る最高攻撃力は5000に

(`・ω・´)

エクストラデッキも5000.

ただ、出しやすいカードはだいたい3000付近をさまよっています。

優秀な効果を持っているレッドデーモンアビスは3200。

ヴァレルロード系も3000。

2700とかもいますね(*´ω`*)

攻撃力3000も多いですね。

やはりエクストラデッキから攻撃力3000前後を簡単に出せるようになったため、昔よりもデッキパワーが大きくなっています。

♦攻撃力3200以下は1ショットキル圏内!?♦

さて…ようやく本題です。

なんと…攻撃力3200以下ならば初期ライフ8000をたった1回の攻撃で削り切れる時代になりました。

我らがプライムフォトン+残光竜ですね(;’∀’)

なんと単体でその攻撃力…

11200!!( ゚Д゚)

これにより…銀河フォトンと戦う際には要注意になりました

(;’∀’)

♦攻撃力が高いのがポンポン並ぶ♦

1体の攻撃力は3000前後でも…

そんなのが3体、4体ポンポン並ぶ時代( ゚Д゚)

よって…たった1体攻撃力が3000のモンスターがいたとしてもその上から簡単に殴られて…

そのまま敗北…(´・ω・`)

なんてことがざらになりました。

よって…もはや攻撃力3000前後は安心できる攻撃力のラインではなくなったのです(´・ω・`)

♦まとめ♦

ちょっと懐かしいことと現在の遊戯王環境における攻撃力の不安をぶちまけただけです(`・ω・´)

だって…タキオンドラゴンの攻撃力も3000ですからね

(;’∀’)

たしかに…「タキオン・トランスミグレイション」や「タキオン・ギャラクシースパイラル」で補助できるといっても確実性がない…

しかも効果にチェーンできないカードもあります。

そんなのを相手取るときにやはり単体での性能がある程度場もちの良さを表しています。

まあ…ここからさき…もはや攻撃力なんてあてにもならない時代が来るかもしれませんからね(´・ω・`)

今のうちに備えておくとしますかね…

(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。