まさかのギャラクシーアイズの採用なし!?真面目に組んだ「ヴァレットデッキ」!!ヴァレルロードの進撃

今回は…もしもギャラクシーアイズがいない世界だったら…

ということをイメージして真面目に組んでみたヴァレットデッキです

(`・ω・´)

まあ…なんか…落ち着かないといいますか…やはりデッキには最低1枚はギャラクシーアイズがいないと安心感がありませんね(´・ω・`)

♦デッキ♦

♦ドラグニティのリンクムーブ♦

ロムルスを使用したお手軽サーチ&展開ルートですね

(*´ω`*)

ドラゴン族2体をそろえるのはこのデッキでは朝飯前です。

ヴァレットの基本スタートであるクイックリボルブ+アブソリューターでやると一番アドバンテージが稼げますね。

ロムルスをリンク召喚し、効果で「ドラグニティの神槍」をサーチします。

このカードをロムルスに装備してデッキからファランクスを装備。

ファランクスの効果でフィールドに特殊召喚。

そのままストライカー・ドラゴンをリンク召喚。

こうすることでアブソリューターを使用している場合、結果的に手札には好きなヴァレットモンスター1体+リボルブート・セクターがある状況が作れます。

その後は…いろいろ展開方法が変わってきます。

ヴァレルロードFも出せますし、ヴァレルロードSんも出せます。

当然ほかのヴァレルロードを展開することも可能です。

♦リンクロスのトークンの使い方♦

さて…上記の盤面にかかわらず…基本的にリンクロスはリンク2以上を素材にリンク召喚します。

で…ここからも派生先が沢山あるのですが…

主にトークンの使い方についてのみ触れると…

①ヴァレットトレーサーとともに素材にしてドロドロゴンをシンクロ召喚する

②1体目をストライカー・ドラゴンの効果発動のためのコストにする

③ヴァレットトレーサーのコスト

大きくこの3つですね。

リンクロスを特殊召喚した後にトークン2体を特殊召喚。

ストライカー・ドラゴンの効果でリンクロスを破壊して墓地のヴァレット・トレーサーを回収。

そのまま召喚して、ヴァレット・トレーサー+トークン2体でドロドロゴン。

ドロドロゴン効果でストライカー・ドラゴンを素材にヴァレルロードFを融合召喚。

こうすると、手札にリボルブート・セクターを保持しながら展開できます。

ヴァレット・トレーサーをリボルブート・セクターで特殊召喚した場合には通常召喚権が残ります。

最初にアブソリューターの効果でヴァレットシンクロンをサーチしておけば、ヴァレットシンクロンを召喚してヴァレルロードSもシンクロ召喚できます。

これは主な展開方法なのでほかにもルートがあります。

とりあえず手札2枚でフィールドにカウンター2つのヴァレルロードSとヴァレルロードF。

リボルブート・セクターが存在している状況です。

なおヴァレット・トレーサーの効果をまだ使用していないのでさらなる展開も可能です。

リンクロスの役割はどのデッキでも変わりませんが、展開の補助ですね(*´ω`*)

♦守護竜ピスティが優秀♦

ピスティはなかなかに重要な役割を担っています。

大きく仕事は2つですね(*´ω`*)

①デリンジャラスの使いまわし

②ヴァレット・トレーサーの使いまわし

この2つが1番多い使用用途ですね。

このデッキでは上の2つが大きな仕事をしているのでそれを補助できるピスティは優秀なんですよ。

欲を言えば2枚は採用したいところです。

さて…

まずわかりやすいところでヴァレット・トレーサーですね。

ヴァレットデッキのエンジンたるこのカードをいかに使いまわせるかでデッキの回転率にかかわってきます。

当然効果を使用した後でも使用する前でも蘇生します。

そのほかにもこのデッキではヴァレット・トレーサーでドロドロゴンも作ります。

ドロドロゴン+ピスティでヴァレルエンドFを出せるので融合素材にも適しています。

次に…

デリンジャラスです。

デリンジャラスはリンク2のため素材として優秀です。

ヴァレットが特殊召喚に成功した場合に蘇生できる効果がいいですね(*´ω`*)

このカードが墓地に存在していれば「クイック・リボルブ」1枚でリンク3を出すことができます。

それだけでなくこのカードをリンク召喚後にヴァレット・トレーサーで破壊し、ヴァレットを特殊召喚する。

これだけでフィールドにはヴァレット・トレーサー+ヴァレットモンスター+自己蘇生したデリンジャラス

とリンク4を出せる条件がそろうのです。

デリンジャラスをリンク召喚後にリンクロスを挟むとさらに別の展開へ繋げることもできます。

ぐるぐるとその時の状況に合わせた展開ができますね

(*´ω`*)

ついでにいうと…ヴァレルロード・F・ドラゴンも自身の効果で除外されるので蘇生が可能です。

♦状況に合わせたヴァレルモンスターを♦

さて…このデッキなんですが…

簡単にヴァレルモンスターを展開できます。

なので…状況に合わせてどのヴァレルモンスターを展開するのかを選択しなければいけませんね。

その①ヴァレルロード・ドラゴン

元祖です。

モンスターの効果の対象になりません。

またフリーチェーンで攻撃力を500ポイント下げる効果とダメージ計算時に相手モンスター1体のコントロールを奪うことができます。

ヴァレットモンスターを弾丸にでき、相手フィールドの厄介な効果を持っているモンスターを奪う際に使用できますね。

その②ヴァレルロード・F・ドラゴン

ヴァレルロードの融合系です。

自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象に発動し。対象のカードを破壊します。

フリーチェーンで発動できるため単純な妨害として使用できます。

効果で破壊されない自身のモンスターを対象にすることで相手のカードのみを破壊できます。

墓地に存在しているときには自身を除外することで闇属性のリンクモンスターを蘇生もできます。

その③ヴァレルロード・S・ドラゴン

シンクロ系です。

単純な無効化効果もちで汎用性が高いです。

もうこの子は本当にそれだけです。

相手のデッキが不明で、どうしようかと悩んだ際に1番たてる可能性が高いヴァレルです。

その④ヴァレルソード・ドラゴン

1番攻撃的なヴァレルモンスターです。

相手の攻撃力が高く、こちらの効果を受け付けないようなモンスターの処理に使用します。

それ以外にも1番相手へダメージを与えることができるためフィニッシャーとしても仕事をします。

フリーチェーンで発動できる表示形式の変更を活かして、相手の妨害行為もできます。

なかなか柔軟な子(*´ω`*)

この子をリンク召喚するということはそのターン中に決めに行くときが多いのです。なので相手の行動を妨害する目的なのであればほかのヴァレルを出しましょう。

その⑤ヴァレルガード・ドラゴン

効果では破壊されないヴァレルリンクです。

この子もフィールドのモンスターを守備表示にできます。

またそれとは別に自分の魔法罠ゾーンのカード1枚を墓地に送ることで、このターン中に破壊されたモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚できます。

イマイチ効果はぱっとしないように見えますが…

この子は使っていると強さを感じる系の子ですね(*´ω`*)

ヴァレルロードFと相性がいいです。ヴァレルロードFの効果で破壊したモンスターを蘇生できます。

その⑥ヴァレルロード・X・ドラゴン

この子はエクシーズ召喚している場合、モンスター効果の対象になりません。

で…エクシーズ素材1つをコストにフィールドのモンスター1体の攻撃力守備力を600下げながら、墓地のヴァレルンモンスターを蘇生できます。

この効果で蘇生したモンスターはエンドフェイズに除外されます。

またこの効果を使用すると発動ターン直接攻撃ができなくなります。

つまり、手数を増やして止めを刺すというよりも盤面をひっくり返すためのカードと言えますね。

劣勢の状況下で出したい1枚です(*´ω`*)

ヴァレルロードFを特殊召喚すれば、攻撃と効果を合わせて合計で3枚処理できますからね。

その⑦ヴァレルエンド・ドラゴン

最強耐性のヴァレルモンスターです。

戦闘と効果で破壊されず、効果の対象にならないのでフィールドに居座りやすいです。

しかも…すべての相手モンスターに攻撃できます。殲滅能力もなかなかです。攻撃力が3500以下のモンスターであれば全て戦闘破壊できます。

またフリーチェーンでフィールドのモンスター効果を無効にしながらヴァレットモンスターを展開できます。

ちょっと頭がおかしいくらい強い子です。

♦まとめ♦

ある程度決まった動き方があるものの、相手のデッキによってもしくは盤面によって回し方が変わるので使いこなせれば楽しいデッキです(*´ω`*)

またしっかりと考えながら回せれば次のターン以降でも再度展開することも難しくなく、使っていて楽しいデッキでもあります。

個人的な意見を言わせてもらうと…

ギャラクシーアイズいないとなんか不安です(´・ω・`)

(´・ω・`)

(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。