やばいにおいがする!?!?…         ( ゚Д゚)2020年1月11日発売パックに収録される「融合派兵」

※遊戯王公式Twitterより写真を引用※

どうみてもやばい効果を持った魔法カードが発表されております|д゚)

なんと…エクストラデッキの融合モンスターを見せることでそこに名前が書かれているモンスター1体を手札・デッキから特殊召喚できる( ゚Д゚)

悪いことをする香りが漂っております…

最近は融合に関する強化に力を入れてきているんですかね(。´・ω・)?

♦呼べる条件♦

あくまでも融合モンスターの素材に名前が書かれているものに限るので、「F・G・D」を見せて好きなドラゴンを墓地に送れるわけではありません。

また、召喚条件を無視するわけではないので混沌幻魔アーミタイルを見せてウリア・ラビエル・ハモンを呼ぶこともできません。

♦呼べる汎用系モンスター♦

①クリッチーを見せて「クリッター」または「黒き森のウィッチ」

この魔法カードがそのまま好きなモンスターのサーチ効果に変更できますね。

②ネオス関係の融合モンスター

「E・HEROネオス」を融合素材にしたモンスターを見せることでネオスを特殊召喚できます。またネオスペーシアンの名前が書かれているカードも多いのでそちらを特殊召喚してもいいですね( ´∀` )

③ネオス・クルーガーを見せてユベルを特殊召喚

ユベルをデッキから特殊召喚できるようになりました。あくまでもエクストラデッキから特殊召喚できるのが融合モンスターになるだけなので、手札・墓地・メインデッキに対しては制限はありません。メタルフォーゼなど自分のカードを破壊できるカードと組み合わせればユベルを最終形態にできますね(*´ω`*)

④召喚獣をみせてアレイスターを特殊召喚

アレイスターを直接フィールドに出す手段ができました。

なんとなく一番まずいのはこれかな…と思っています。アレイスターを簡単に準備できるようになるため、召喚獣にとっては強力な新規といえるでしょう|д゚)

⑤サイバー・ドラゴン系

サイバー・ドラゴンはすでにデッキから特殊召喚できる手段を複数持っていますが、このカードの登場で今までよりももっと早くサイバー・ドラゴンに触ることができるようになりました。

ただし…このカードを使用してしまうとズィーガーやインフィニティを出すことはできなくなるのでその点は注意ですね。

⑥剣闘獣系

剣闘獣にも名称が書かれている融合モンスターが存在しています。新しくデッキから呼ぶことができるようになることで安定性が増しそうですね。

♦昔の融合モンスター関係が軒並みパワーアップ♦

昔から…特に遊戯王GX~遊戯王5D`s時代に発売されている融合モンスターには名称が書かれているカードが沢山あります。

中には墓地に送る方法がすでに存在しているものもあります。

HERO関係はマスクチェンジやリンクすることが強力でしたが…これでアニメなどに出てきたHEROも強化されたので目立てる機会が増えましたね( ´∀` )いいことです。

♦魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ♦

このカードにも名称が書かれています。あまりこのカードを見せるシチュエーションは考えられませんが…「ブラック・マジシャン」または「真紅眼の黒竜」を出せるのでそこから正規融合召喚へつなげる動きが増えました。…

まだ立ちはだかるのか…魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ…(´・ω・`)

♦まとめ♦

融合召喚しかできない制約を持っていますが…2020年4月からはメインモンスターゾーンに融合モンスターを並べることができるため、融合系に特化したデッキなら全く気にならない効果ですね。

だんだんと新しいルール向けのカードが増えていくんでしょうね…

現状では簡易サーチとしての役割を担いそうですが、環境が変われば使用方法も変わってくるのが遊戯王です。

デッキから突然出せることが弱いわけがない(`・ω・´)

注意しておかなければならないカードの1枚であることには間違いないと思います。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。