ギャラクシーアイズ唯一の戦士族!!フォトンロードでサーチできるカード一覧と個人的に良くサーチするカード…状況によってサーチ先を使い分ける

今回の目玉は…

ほい!この子(`・ω・´)

ギャラクシーアイズ唯一の戦士族であり、守備的な効果を持っているフォトンロードさんです。

このカードでサーチできるカード一覧と個人的に良くサーチするカードを紹介したいなあと思って記事にします。

なんでもサーチすればいいというわけではなく、その時のフィールドや手札の状況からカードを選ぶ必要があります。

♦サーチできるカード一覧(全52枚)♦

(モンスターカード)

・ギャラクシー・サーペント

・銀河眼の残光竜

・銀河眼の光子竜

・銀河騎士

・フォトン・カイザー

・銀河暴竜

・銀河剣聖

・フォトン・ワイバーン

・フォトン・レオ

・フォトン・スレイヤー

・銀河戦士

・フォトン・スラッシャー

・ギャラクシー・ドラグーン

・フォトン・スラッシャー

・フォトン・バニッシャー

・銀河の修道師

・フォトン・チャージマン

・フォトン・サークラー

・フォトン・アドバンサー

・フォトン・オービタル

・銀河魔導師

・フォトン・サーベルタイガー

・フォトン・ケルベロス

・ギャラクシー・ワーム

・フォトン・パイレーツ

・フォトン・リザード

・銀河魔鏡師

・銀河眼の雲篭

・クリフォトン

・フォトン・サテライト

・光子竜の聖騎士

(魔法カード)

・ギャラクシー・サイクロン

・フォトン・ベール

・フォトン・ハンド

・フォトン・サンクチュアリ

・ギャラクシー・クィーンズ・ライト

・銀河遠征

・銀河天翔

・フォトン・ブースター

・フォトン・リード

・フォトン・トライデント

・フォトン・ジェネレーターユニット

・破滅のフォトン・ストリーム

・ギャラクシー・ストーム

・ハイパー・ギャラクシー

・ギャラクシー・ウェーブ

・銀河零式

(罠カード)

・反射光子流

・永遠なる銀河

・タキオン・ギャラクシースパイラル

・フォトン・チェンジ

以上(`・ω・´)52枚です。

これらのカードすべてが相手ターン限定ですが1ターンに1度サーチすることができます。

♦サーチ先カード♦

♠1枚目♠ 銀河眼の残光竜

わたしの記事ではもう何回も出てきている一番新しいギャラクシーアイズさんです

( ´∀` )

このカードをサーチするということはフォトンドラゴンをフィールドに呼び出す算段が付いている。

もしくはランク8をこのカードを使用して、エクシーズ召喚できる準備が整っているということです。

相手に次のターン、1ショットキルを仕掛けるよ?

いいんだね(。´・ω・)?

と聞いているような状態です。

♠2枚目♠ 銀河眼の雲篭

同じくギャラクシーアイズです( ´∀` )

相手によりますが、この子もサーチするときがあります。

フォトンロードが生き残ることがほとんど確定している状況でサーチします。

ギャラクシーアイズには重ねてエクシーズできるFAとサイファーブレードがいるため、次のターンにこの子も含めて一気に攻め込んでいく際にサーチ先として考えます。

この時、手札やフィールドに相手の伏せカードに対する対策が揃っているのであれば優先的にサーチしていきます。

♠3枚目♠ 銀河騎士

クラウドラゴンと同じく、次のターンに決めに行く際によくサーチします。

つまりは自分フィールドにギャラクシーアイズがすでに存在しているケースです。

少し違うのは、手札に複数の蘇生カードが揃っているときにもサーチします。

複数枚というところが胆です(`・ω・´)

1枚だと、そのカードが妨害されたときに手札のこのカードが腐ってしまいます。

なので最低でも2枚以上、手札またはフィールドに蘇生カードがあるときにこのカードをサーチしてランク8をエクシーズ召喚していきます。

♠4枚目♠ フォトン・サンクチュアリ

わたしの銀河フォトンデッキには採用していませんが、ほかのデッキに採用していますのでその際にサーチします。

リンク召喚が出たのでこのカード1枚でできることが増えました。

青眼デッキと対戦するとき以外は、サーチ候補として上がります。

ソルフレアでもユニオンキャリアーでもこのカード1枚でリンク召喚できます。

また手札にフォトンドラゴンとアフターグロウを持っているときにもサーチします。

♠5枚目♠ 銀河天翔

デュエル前半でサーチ先候補筆頭です(`・ω・´)

1枚でランク8をエクシーズ召喚できるため重宝します。またフォトンドラゴンがすでに墓地に存在しているときには、このカード1枚で1ショットキルも可能です。

後半以降はライフコストが痛いためなかなかサーチ先として候補にも挙がりません。

強力なカードではありますが、たとえデュエル序盤であったとしても相手のデッキがこちらのライフポイントをガンガン削ってくるようなデッキやメタビート系の時にはサーチしません。

♠6枚目♠ 銀河零式

わたしはこのカードもよくサーチします。

専用の蘇生カードです。

たとえフォトンロードが破壊されていても、フィールドに残っていてもなかなか腐ることがありません。

このカードはFAやサイファーブレードがいるからこそ輝けるカードだとも思っています。

もしも墓地にアージェントカオスフォースがあればこのカード1枚で劣勢の状態からネオタキオンをエクシーズ召喚することが可能ですので、イラストのかっこよさも相まってサーチしまくります

(`・ω・´)

♠7枚目♠ タキオン・ギャラクシースパイラル

タキオンドラゴンを召喚しまくっている関係上…このカードも良く使うんですよ|д゚)

最強の耐性を与えてくれますからね!

ただし…サーチが相手ターン限定であることからこのカードをサーチするのはフィールドにタキオンドラゴンが存在しているときのみです。

フォトンロードしかいないのにこのカードをサーチしてしまうとタキオンドラゴン召喚前に潰される可能性が高くなるからです。

なんだかんだでこのカードとミグレイションはよく忘れられるので奇襲性を持たせる意味でも、限定的な条件でしかサーチしません。

♦まとめ♦

サーチできるカードは52枚と多いものの、そもそもデッキに採用されない可能性が高いカードも多いのであまりあてになりません。

おそらくたいていの人がサーチするカードはサンクチュアリやオービタル、銀河天翔など次の展開につながるカードが多くを占めます。

またサーチ先には強力な効果を持っているもののコストが重たいカードもあります。

ライフが8000あるからといって安易に銀河天翔をサーチするとライフを2000以下まで減らされて使用できない

( ゚Д゚)

なんてことも起こりえるので良く悩んでサーチ先を決定していきたいですね

まあ…ここら辺は使いまくって慣れていくしかありませんね

(*´ω`*)

(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。