ギャラクシー専用のカード!「銀河の施し」と「時空混沌渦」をうまく使いたい!効果自体は…強い!!…はず…(´・ω・`)

ギャラクシーには専用のカードがあります。

それは…

「銀河の施し」

そして…

「時空時空渦」

アニメでも登場したこの2枚のカード…

お互いに「ギャラクシー」エクシーズモンスターが効果発動のためのトリガーになっています。

またお互いにイラストがカード名とばっちりかみ合ったレアリティが高ければそれだけでアドがとれそうなカードたちです。

( ´∀` )

この2枚はイラストの良さもあってずっと使用したいと思っています

なので…この2枚を分析して採用できるような使用方法を模索します(`・ω・´)

♦効果は強い♦

さて…いくら使用したといっても…やはりなかなか使用できないカードもあります。

1例は…

このカードですね(;’∀’)

使えるデッキが極端に絞られます。

なので効果についてはしっかりと把握しておかなければいけません。

♠銀河の施し♠

「ギャラクシー」エクシーズモンスターが自分のフィールドに存在しているときに手札1枚を捨てて発動でき、2枚ドローできます。

このカードとコストになるカード1枚が必要なので2:2交換です。

つまり、ドローソースというよりも手札交換カードですね。

またこのカードの使用後、相手が受けるすべてのダメージは半分になります。

♠時空混沌渦♠

このカードは2つ効果があります。

①自分のフィールドの「ギャラクシー」エクシーズモンスターが相手によって破壊され墓地に送られたときに発動できます。

相手フィールドの表側表示のカード全てを破壊して、ゲームから除外します。

②自分のドローフェイズにドローする代わりにこのカードを除外して発動できます。

自分の墓地の「ギャラクシー」エクシーズモンスター1体を特殊召喚できます。

♦問題点♦

わたし…とりあえずネガティブ方面を先に考えます

(;・∀・)ネクラデスネ

と…いうことで…

この2枚の問題点の1つは共通しています。

・「ギャラクシー」エクシーズモンスターが存在していなければ発動できない。

これです。これが一番の問題です。

時空混沌渦は墓地でも効果を発動できるのでブラフとして…とか、コストとして…とかよく言われます。

しかし…その時空混沌渦の蘇生効果も墓地に「ギャラクシー」エクシーズモンスターが存在していればこそなんです!!

「ギャラクシー」エクシーズモンスターはほとんどがランク8か9です。

一応…ランク1、4、10にもいますけど…

♦如何に素早く「ギャラクシー」エクシーズを出すか♦

この2枚のカードはいかに早く、それでいていつでもギャラクシーエクシーズモンスターを出すことができるのかが胆になっています。

それでいくとどうしてもランク8のギャラクシーアイズ系はなかなか難しいところです。

現代遊戯王ではレベル8に特殊召喚できるカードが増えているとは言ったもののどうしても事故率が怖いです。

ならば…

ランク4のこのカード!これをエクストラデッキに採用しておくことで腐らせる可能性を少しでも下げていければいいのではないでしょうか(。´・ω・)?

レベル4のドラゴン族モンスター2体が必要ではあるものの現在は「ヴァレット」モンスターもいますので出しやすいです。

一応…セイファート1枚から…もしくはクイック・リボルブ1枚からこのカードをエクシーズ召喚できます。

銀河影竜自体がギャラクシーカード破壊耐性を持たせることができます。

また手札のドラゴン1体を特殊召喚できる効果も持っているため、「ギャラクシーアイズ」主体にデッキを組んでも相性がいいのが特徴です(*´ω`*)

このカード自体がギャラクシーエクシーズモンスターです。

攻撃力は2000と高くないため、戦闘破壊されやすいです。よって…「時空混沌渦」が輝きますね(*´ω`*)

♦銀河の施しは…♦

銀河の施しはコストを1枚捨てることで発動することができます。

で…この条件はあるカードと比べますよね…

このカードです。

レベル8には出しやすいシリーズである「Sin」や銀河フォトンがあります。あとは「青眼」もそうですね。

上記で挙げた3つのデッキタイプはどれもデッキからレベル8モンスターを簡単にサーチしてきます。

つまり、手札にトレード・インが来ていれば安心して手札交換ができるわけです。

銀河の施しはたとえサーチがいくらでもできたとしても、フィールドにギャラクシーエクシーズモンスターを出さなければ使用できません。

しかし…銀河の施しにはトレード・インにはない利点があります。

それは…銀河の施しはモンスター以外も捨てることができる。

ここで区別していくしかありません。腐ってしまった七皇の剣や今回一緒に考えている時空混沌渦ももちろんコストにできます。

復活の福音を墓地に捨てればドラゴンに破壊耐性がつけれます。

このように魔法・罠でも最近は墓地からでも発動できるカードが多いため、それらを有効活用できます。

また七皇の剣は1枚でネオタキオンを呼ぶことができます。2枚目以降または初手に引いてしまった七皇の剣を捨てることができる銀河の施しはそれなりに相性がいいのです。

(`・ω・´)

♦時空混沌渦は…♦

上記でも紹介した出しやすいランク4に「銀河影竜」がいます。また「銀河影竜」と並べるとそれなりに相性がよく、相手の魔法カードによる破壊からも守れる「タイタニックギャラクシー」もいます。

タイタニックギャラクシーは魔法カードの効果を無効にできるため、こちらの伏せカードを破壊しにくる魔法カードから「時空混沌渦」を守ることができます。

またタイタニックギャラクシー自体が「ギャラクシー」エクシーズモンスターであるため戦闘・効果で破壊された場合には「時空混沌渦」を発動できます。

次のターンに「時空混沌渦」の効果で破壊されたタイタニックギャラクシーを特殊召喚できますので、ギャラクシーエクシーズモンスターの中で1番相性がいいカードでしょうね

(*´ω`*)

こちらはには現代遊戯王だからこその問題があります。

それは…

破壊してから除外するところΣ(´∀`;)

実はここが何気に問題です。

「時空混沌渦」が登場した当時は少なかったのですが…現代では破壊耐性を持つ大型のモンスターが多く存在しています。

「時空混沌渦」は破壊できなければ除外もできないため、このカードに対する対策を取らなくてもある程度はこのカードの効果の対策ができている状況であるといえます。

♦採用自体はできそう…♦

銀河の施しは手札交換カードであるため、「ギャラクシー」エクシーズモンスター特化型のデッキであれば採用は可能です。

また時空混沌渦については上記のようなデッキを組んだ場合、必然的にギャラクシーエクシーズモンスターを出すことになるので同じデッキに採用できますね(*´ω`*)

♦プレイングスキルが重要♦

両方ともあくまでも特定のモンスターが存在しているときにしか発動できないカードです。

よってデッキ構築力はさることながら、デュエル中のプレイングスキルも重要です。

如何にギャラクシーエクシーズモンスターを出すか…いかにギャラクシーエクシーズモンスターをフィールドにキープできるのかが重要です。

ギャラクシーエクシーズモンスターを使用したビートダウン系のデッキになりますが…プレイングとしてはパーミッション系を使用しているかのごとき慎重さが必要になりそうですね

( ´∀` )

つまり…何でもかんでも使用できるから使用するわけではなく…なんとなくここはまずそうだから発動するでもなく…

このカードは破壊されてはいけない、このカードは今破壊されても次のターンで別のカードで補える。

ここで相手の行動を妨害すればいいなどのマストカウントを読んでいくことが必要になりそうです

(;・∀・)

♦まとめ♦

なかなか使用されないカードを使って勝ち上がっていくときには現在流行っているデッキやコンボをしっかりと熟知しておく必要があります。

またそれと同じくらい自分のプレイングスキルも鍛えていかなければいけません。

アニメで使用されており、使うデッキもどちらかといえばフリー環境で使用することが前提になりそうですが…

1つ1つのプレイを雑にするのではなく、丁寧に…しっかりと意味を持ってプレイしていくように心がけていかなければいけませんね

( ´∀` )

( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。