セイファート+バルジorネビュラのコンボの問題点。解消できれば勝率が間違いなく上がるはず   (`・ω・´)

今回のお題は…サムネ通り(`・ω・´)

わたしの大好きな!お手軽ネオタキオン1ショットキル!を実現してくれる…

セイファート+バルジorネビュラのコンボ(`・ω・´)

基本的に攻撃力が10700のネオタキオンの複数回攻撃によって成り立つ1ショットキル…

相手のフィールドのモンスターが2体以上いて、そのモンスターの攻撃力の平均が2700以下であれば成立です(`・ω・´)

ネオタキオンの2つの効果を存分に使用した素晴らしいコンボです( ´∀` )

今回は…そんな素敵なコンボの問題点をてん(;・∀・)ゴクリ

♦問題点♦

その①パーツのサーチが難しい…

強力なコンボはサーチやサルベージができ、成功率が高ければ高いほど好成績を残していけます。

このコンボの問題点…サーチ…( ;∀;)

まず…セイファートは1度墓地に送ってやっと疑似サーチできます。

わたしは無理やり「竜の交感」でサーチします。しかしこのコンボは手札が増えるコンボ出ないため2枚で1枚サーチ…その後に展開するとどうしても手札の枯渇が気になります。

次にネビュラ…ドラゴン目覚めの旋律の範囲外であるため…現在禁止の「エクリプスワイバーン」が無き今、サーチが難しいです(´・ω・`)

最後にバルジですが…こちらも「エクリプスワイバーン」がいません。で…「魔導契約の扉」でサーチできますが、こちらもセイファートの時同様に2枚で1枚のサーチです。相手に渡す魔法カードが無ければサーチできず、イマイチ安定しません…

その②セイファートを無効にされる

お次はこちらです(´・ω・`)

このコンボの要は誰が見ても一目瞭然(`・ω・´)

セイファートによるサーチとリンク召喚・サルベージです。このカード1枚で3役をしているわけですね(*´ω`*)

で…もしもセイファートに対して…

やはりの手札誘発…とか…「無限泡影」とかを使用されようものならば…一気にコンボが崩れ去ります( ;∀;)

一応…セイファート1枚からの展開もありますが…メインデッキ+エクストラデッキが圧迫されすぎてあまり実践的ではありません(´・ω・`)

対策必須です…でも…こちらの対策カードよりも相手の妨害カードのほうが数が多いのが難点ですよね(´・ω・`)

その③相手に少し依存している

これは致し方ないところですね(;’∀’)

ネオタキオンの攻撃力は10700になります。でも…戦闘ダメージは半分になってしまいます。

なので…ダイレクトアタックできても5350しかダメージが通りません。

どうしても2体以上のモンスターがいない限りは1ショットキルできません…

例外として、強制効果もちのモンスターがいればタキオンドラゴンで1ショットキルはできます。

それでも相手依存に変わりありませんけどね(´・ω・`)

♦対策は必須♦

当然対策はします。極端な話…このコンボはデッキに9枚入れます。残りの31枚にほかのカードが入る余地があるのです(`・ω・´)

↑※極端すぎるアホが通ります※

対策その①墓穴の指名者

代表的な対策カードですね( ´∀` )

モンスターを墓地から除外でき、除外したモンスターと同名のカード効果を無効にするもの…次のターン終了時までなので長期渡り無効にできます。

速攻魔法なので自分と相手ターン中に使えるところもgoodです(`・ω・´)

対策その②抹殺の指名者

これも代表的な対策カードですね( ´∀` )

再録もされてゲットしやすくなりました。墓穴の指名者とは違い、魔法・罠も無効にすることができる優れものです(`・ω・´)

無効対象のカードはターン終了時までなので墓穴の指名者よりも短いです。

こちらも速攻魔法なので当然自分と相手のターン中に発動できます。

このカードの欠点は…無効にしたいカードを自分のデッキから除外しなければいけません…

(´・ω・`)

よって…無効にできるのは自分のデッキに採用されているカードのみであることを忘れてはいけませんね…

対策その③サウラヴィス

ドラゴン族儀式の手札誘発(`・ω・´)

自分のモンスターが効果の対象になったときにこのカードを捨てると無効にできます。

エフェクト・ヴェーラーと無限泡影の両方を無効にできる点がgoodです。

ついでに…手札で腐っている場合にはセイファートのコストとして使用することでレベル7のドラゴンサーチにも使用できます。

逆に…手札のレベル7ドラゴンをセイファートのコストにできればデッキからサーチもできます。

その他にも…手札誘発のみならず、モンスターを対象に取る効果であるならば無効にできますので有効範囲もそれなりに広いです。

ただし…単体では何もできないので採用枚数は要相談ですね|д゚)

♦まとめ♦

自分の好きなカード…好きなコンボだからこそその弱点を見つけ、克服していく必要があると思っています。

確かに…わざわざそのコンボやカードにこだわらず勝てるカード・デッキで闘うガチデッキと遊んで楽しむデッキを使い分ける方法もあると思います。

それもまた良しです(`・ω・´)

でも…わたしは…やはり好きなカードやデッキで勝ちたいのです(´・ω・`)

今は勝率が低くても、考えまくったり、新規をもらえたりすることでどんなデッキでもチャンスが生まれるのが遊戯王…これからも精進していきます

(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。