デッキの安定性を求めて…採用したいけどなかなか採用できないドロー効果カード3選。イラストも好きなんだけど…銀河の施しはかっこいい

やはりデッキの回転率や安定性は如何にデッキから必要となるパーツをそろえられるか…または手札が良くなかったり、欲しいカードが無いときに引き込めるようなカードが何枚採用しているのかに依存してくると思います。

でも…最近では灰流うららがあらゆるデッキに採用されています。

それこそ楽しさを追求したようなデュエルであったとしても使用される場合があります。

そんなこんなで…ドロー効果もちや手札交換カード自体がディスアドバンテージとなってしまい、結果的に採用しないほうがよいのでは(。´・ω・)?

と考えが出てきてしまいます。

今回は…いまだに採用したいけどできていないカードを3枚…

その①トレード・イン

レベル8を主体にしたデッキでは採用されることが多い、手札交換のためのカードです。

特に青眼のような蘇生方法も多く採用するようなデッキではこのカードで青眼を墓地に落としつつドローし、その後に蘇生することでコンボを繋げていくようなことができますね

( ´∀` )

当然…バルジやネビュラのように墓地でも効果が発動するようなモンスターをコストにすることでその後のアドバンテージに繋げることも多くあり得る展開です。

その②強欲で金満な壺

エクストラデッキのカードを3枚か6枚を裏側で除外することで3枚につき1枚ドローできる。

現状、ほとんどノーコストで2枚ドローできる希少なカードの1枚です。

エクストラデッキを使用しないデッキタイプで多く採用されますね( ´∀` )

あとは…珍しいところではエクストラデッキのモンスターがほとんどかぶっているようなデッキ…

レッドデーモンズのようなデッキで採用されることもあるようです。

その③銀河の施し

アニメでミザエルが使用した手札交換カードです。「ギャラクシー」エクシーズモンスターが存在している場合に発動できます。

コストは何でもいいため、トレードインとは差別化できますね

( ´∀` )

またこのカードの使用後、ターン終了時まで相手が受けるすべてのダメージは半分になります。

つまり…戦闘を行った後もしくは効果ダメージを与え終わった後に使用すればデメリットがほとんどありません。

♦不採用理由その①コストが必要♦

まずここです。

上の3枚は全てコストを払った後に相手にチェーンが無いのかを確認する必要がでてきます。

この際に…

もはや見飽きているであろうこの子を使用されると1:2交換が成立し、アドバンテージを得るどころか相手を有利にしてしまうわけです。

また、相手に効果を無効にできるカードが存在している場合コストが必要ないカードと必要なカードとでは囮にするにしても戦況が大きく変わってきます。

♦不採用理由その②事故の元♦

不採用の理由その②はカード自体が事故の元になるケースがあることです。

まず…

・トレードインの場合

手札にレベル8がいない場合には発動できません。

・貪欲で金満な壺の場合

エクストラデッキに状況を打開できるカードがあったり、除外そのものを封じられている場合、コストが払えないためそもそも発動できません。

・銀河の施しの場合

自分フィールドに「ギャラクシー」エクシーズモンスターが存在していなければ発動できません。

このようにわりと簡単な理由で相手に妨害されていなくても発動できないケースがあるのです。

まあ…強欲で金魔な壺はこの3枚の中ではマシなほうですけどね

|д゚)

♦まとめ♦

強力なテーマのドローやサーチカードは制約こそあるものの発動そのものにコストが無いカードが増えています。

閃刀姫が例でしょうか(。´・ω・)?

強欲で金満な壺は一応すべてのデッキに採用できるのでコストや制約は打倒…ほかの2枚に関しては今の時代に出ていれば申し越し使いやすかったかもしれませんね。

コストではなく効果で捨てるのならばよかったんですけどね

(´・ω・`)

これから先に期待していきます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。