デッキ構築時の悩み…採用したいカードが沢山…結局○○で…となる状況を打開したい!

はい!

新しいテーマ…いままで自分が使っていなかったテーマを使用する。

新しいデッキの構築…今まで使用していたデッキの再構築…

新しいデュエルの始まりです( ´∀` )

で…今回は他の方も気になったことがあると思いますが、デッキ構築の際の悩みを記事にしていきます(`・ω・´)

♦デッキ構築時の悩み♦

その①なかなかまとまらない

わたしでいうと…

たとえばこのカード…自身の効果で特殊召喚でき、レベルを8に統一できるためギャラクシーアイズのエクシーズ召喚にはもってこいです。

で…このカードを特殊召喚するには自分フィールドに光or闇属性のドラゴン族が2体必要になります。

セイファートを使用したルートであれば簡単ですね( ´∀` )

で…たとえばセイファートが手札になかったとしてます。

そうした場合…「聖刻」でもそろえることができます。

「竜の霊廟」+「ドラゴラド」でもそろえることができます。

このルートの場合にはそもそもバルジを使用しなくてもディアボロスも合わせることでギャラクシーアイズをエクシーズ召喚できます。

でも…このルート3つを全て入れると…なかなかまとまりがありません(´・ω・`)

レベル8モンスターを使用したエクシーズ召喚にはほかにも…シンクロ召喚連打からとか…

RR(レイドラプターズ)を使用して「RUM」メインにするなど方法が多岐にわたります。

各々メリット・デメリットがありますが…

どれにするか悩んでしまいます(´・ω・`)

その②混ぜ物がやりにくい…

…これ…時代が進むたびに思うようになってきました。

昔は…混ぜ物が基本でした。

たとえば…ブラックマジシャンはいまではテーマとして存在していますが、昔は少なく、魔法使い族でデッキを組む必要がありました。

で…時代が進んでブラックマジシャンに限らず、テーマが出てきました。

で…テーマ内でのシナジーがしっかりしており、混ぜ物でも動くことには動くんですがあまりにもテーマ内の動きがきれいにまとまっているため、なかなかこれが混ぜ物の強み(`・ω・´)と言えるほどのコンボができない…(´・ω・`)

一部…ほかのテーマと組み合わせることで大きな力を発揮するテーマも存在しています。

テーマによっては混ぜ物にするよりも…というテーマがありますね(´・ω・`)

その③結局…たどり着くコンボが同じ…

これですよ!これ(`・ω・´)

これが一番問題!

セイファート+バルジorネビュラは実際あまり使用されませんでした。これはセイファート1枚からもっと強力かつ大会向けの制圧盤面を築くことができたからです。

ドラゴンリンクの全盛期ですね( ´∀` )

これとは別に…

このカード…大会でもフリーでもものすごくよく見ますよね|д゚)

それほど便利且つ強力なんですよ。

さらに…

さらにこのカード。ハリファイバーリンク召喚後、このカードをリンク召喚することでさらにシンクロしていきます。

ハリファイバー→オライオン→リンクロス→武力の軍奏

この流れ…強力かつ簡単な展開が便利でよく見ます。

で…ハリファイバーを使用したファンデッキでの展開ありますよね(´・ω・`)

その際に、最終的にシンクロモンスターやエクシーズモンスターを並べますよね。

で…こちらの記事でもハリファイバーを使用しています↓

・手札1枚からネオタキオン(`・ω・´)

この記事ではセイファート1枚からネオタキオンを出しています。

で…展開中に上のハリファイバー→オライオン…の流れを使用しています。

この場合…最終盤面はもっとこのほうが…や、もっとこうすれば制圧ができる…などなどどうしても同じカードを使用すると比べられることが増えてきました(´・ω・`)

また…何回でも見たことがある展開のため新鮮さがないというか…違うデッキとデュエルしているのに展開方法が同じであるためどのデッキと戦っても同じなのでは(。´・ω・)?

と思われたり、私自身もこのデッキでこの動きをする必要がないのでは…と悩んでしまいます(´・ω・`)

♦まとめ♦

召喚しやすく、同じ展開ルートから別の結果につなげることができる…それほど強力で簡単、便利なルートが確立してるため頼りがちになります。

当然そこから最適であろう制圧盤面が考えられます。

よって大会でもフリーでもよく見るムーブとなり、どんなデッキでも似たような動きをすることができてしまう。

これはどんなデッキであったとしても強力なコンボができるということです。逆に言えばどんなデッキでも同じような動きをするということでもあり、新鮮さがどうしてもかけてしまいます。

当然、使用してはいけないというわけではありませんが…個人的には別の…そのデッキ固有の展開で自分も相手も楽しめるような展開方法を模索していきたいです

(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。