デッキ紹介!あらゆる王たちを使いこなせ!DDの展開力とタキオンドラゴン!

※画像はDECKmaker様のものを使用させていただいております※

いきなりデッキを見せていきます(`・ω・´)

自分で写真撮るよりもこちらのほうが見やすい(´・ω・`)クヤシイ

写真撮影うまくなります…

それはさておき!久しぶりのデッキ紹介!

♦DDデッキ♦

基本的にDDを使用していきます。

DDは元から展開力のあるテーマでしたね( ´∀` )

リンク召喚の導入によって展開力は一時期落ちていました。

しかし、ハリファイバーやビルガメスなど…リンクモンスターの種類が増えるにつれて展開力が回復。

今では昔よりも展開できるようになっています。またシンクロ、エクシーズモンスターにDDやDDDではないものの強力なカードが多数存在していることから、制圧盤面のみならず幅広い戦術があります。

♦このデッキのタキオン♦

本当の切り札的な存在です。DD自体が展開できれば強力なので、それだけで勝ててしまうことが多々あります。

そんな中…相手のモンスター効果が強力である。手札が展開できるだけのカードが無い。そんな状況下で輝くのがタキオンドラゴンたちです。

相手のモンスター効果を無効にできるタキオンドラゴン。七皇の剣1枚からエクシーズ召喚できるネオタキオン。

銀河眼使いが銀河眼を使わなくなったか…と思わせておいてやはり出てくるんですね

( ´∀` )

♦DD+DDDによる簡単なエクシーズ♦

このデッキの他のDDデッキと大きく異なる点…それはこの2枚の採用枚数。

各3枚ずつ採用しています。

ラグナロクはペンデュラム効果とモンスター効果、その両方が特殊召喚です。このカードのペンデュラム効果によって墓地のトーマスやエグゼクティブテムジンを特殊召喚できます。

このカードの特殊召喚成功時には同名カードやエグゼクティブテムジンを特殊召喚することでそのままタキオンドラゴンを特殊召喚できます。

ラグナロク自体が除外できる効果を持っているため、そこからタキオンドラゴンを出さず除外効果を使用したりリンク召喚したりと戦略の幅が広いです。

トーマスはレベル8なのでタキオンドラゴンのエクシーズ素材にできます。

そのほかにも、フィールドにいる場合にはデッキからDDDを特殊召喚できる効果があります。これを利用して、エクシーズ、リンクにつなげていくことができます。

また、ペンデュラム効果によってエクストラデッキの表側DDモンスターを回収できます。

そこからペンデュラム召喚までいけます。

♦後半になればなるほど出しやすい♦

このデッキはDDとして動いています。

当然エクストラデッキからもわかるように、3王を出したり大王を出したりと…大型のDDDモンスターを使用してデュエルしていきます。

メインデッキのDDやDDDにはペンデュラムモンスターが多く含まれていますので、後半になるとエクストラデッキに表側で重なっているカードも当然多いです。

と…いうことは…

上で説明した通り、トーマス1枚からタキオンドラゴンがでる(`・ω・´)

これがたまりません( ´∀` )

当然…ビルガメスを使用しないのであれば普通に出すこともできます。

♦改造もお手軽♦

もっとギャラクシーアイズを出したいと思うのならば改造も簡単です。

エグゼクティブシーザーやエグゼクティブアレサンダーなどの少し出しにくいカードを引っこ抜いて、ギャラクシーアイズを採用すればOKです(`・ω・´)

ダルクなんかも抜いてもいいかもしれませんね。

その代わり…契約書関係のダメージをどうするのかを考えておく必要はありますけどね。

♦問題点♦

DDを使っている人にとってはもはや当たり前のことなんですが…手札誘発のすべてに引っ掛かってしまうところですね(;’∀’)

儀式召喚以外の召喚方法を操り、展開できれば強力ですが…展開にはサーチ、サルベージは当然使用します。

フィールドで効果も発動しますのでエフェクト・ヴェーラーなどにも当然引っ掛かります。

墓地のカードを除外して…などもあります。

そこらへんの弱点をどうやって補っていくかをこれからはフリー環境であったとしても考えていかなければいけないかもしれません(;´∀`)

♦まとめ♦

多少構築は変わっていますが、DDとして戦うことができます。

それゆえに、様々な展開方法がありその都度違う展開ルートを通ることからなかなか飽きが来ず、楽しみながらデュエルできます( ´∀` )

改造は人それぞれの好みに沿った構築にできるのもDDの醍醐味だと思います。

このデッキも旧型の時にはギャラクシーアイズは合計で7体採用されており、DDDがエグゼクティブテムジンしか入っていない時期もありました。

サイドデッキの15枚でも大きくデッキコンセプトを変えることができます。

友人などとデュエルする際には大会で使用しなくてもサイドデッキを作っておくとアニメのようにその都度胆は一緒だけど展開は違う…といったことができて楽しいです

( ´∀` )

DDに興味を持っている方はぜひとも組んでみてください( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。