パーミッションデッキを使っていて…相手にやられると嫌なこと…個人的ベスト3+対策

わたし…パーミッションデッキって大好きです(*´ω`*)

当然フリー環境でデュエルするときには相手様に了解を取りますし、友達とデュエルするときも同じです。

パーミッションデッキは使用者が周囲が使用するデッキの基礎がしっかりわかっていないと真の力を発揮することはできません。

マストカウンターを決めていかないと展開系のデッキではないパーッミッションは厳しいですからね(*´ω`*)

それでもしっかりと勉強しデュエルの場数をこなしていくとしっかりと成果が出るのもパーミッションの醍醐味…

しかもいまは神の宣告が3枚も使用できる(`・ω・´)

これ以外でも優秀なカウンター罠が目白押し( ゚Д゚)

で…

今回はそんなパーミッションデッキを使用しているときに相手にされると嫌なこと…いろいろあるのですが個人的なベスト3を紹介していきたいと思います(`・ω・´)

♦嫌なことその①♦展開デッキに先行を取られる

これは…まあデッキをしていいる友達間でよく起こること…

相手が先行で制圧してきます…

パーミッションデッキは相手の行動を妨害し、じわじわとアドバンテージを稼ぎながらデュエルを進めていきます。

しかし…相手に先行で制圧されようものなら涙目( ;∀;)

パーミッションデッキは…とくにカウンターパーミッションは除去札が少ないです。

そこから巻き返すのは至難の業…

♦嫌なことその②♦メタビートorハイランダーとあたる

これは…最近の遊戯王では少ないですかね(。´・ω・)?

たまに…純粋な…閃刀姫だけで闘うようなデッキは厳しいでしょうか…

メタビート系はなかなかあたることはないものの…あたると厳しいです。

それは…

コンボデッキじゃないから(;´・ω・)

メタビートはむしろ除去札が多いため先行後攻に関係なくこちらがジリ貧になってしまいます。

パーミッション系は現在ではそれなりの打点を持っているカードが存在していますが簡単に除去されてしまいます。

すこし違った理由でハイランダーも苦手…

ハイランダーは1枚1枚が強力なカードで構築されることが多く、1枚を崩されても動きが止まることが少ないです。

まあ…メタビートよりはましですが…それでも勝率でいうと決して高くないです(;’∀’)

♦嫌なことその③♦罠発動させないマン…

はい…これ…これが一番めんどくさい…ぶっちゃけ環境デッキとか中堅デッキではあたることがないやつが一番めんどくさい…特に…

こいつと…

こいつ( ゚Д゚)

あとは…ダークシムルグもだめですね(;’∀’)まあ…ダークシムルグは無限泡影を打てば効果を無効にできるので何とかなります。

しかし…この上2つは…罠カードをそもそも発動させてもらえません。

当然無限泡影もダメですし、墓地のブレイクスルースキルもダメです。

いろんな種類…効果の罠カードはありますがこの2枚ですべて死に札に変えられてしまいます。

ぶっちゃけ…パーミッション系特にカウンターパーミッションにたいしてはこの2枚を何度でも出せれば勝率がぐんと上がります(´・ω・`)

この2枚のためだけに効果を無効にできたり、除去できる魔法カードを入れるのも事故要因…

♦対策方法♦

当然対策もしております|д゚)

少しだけご紹介…

その①♦サイバードラゴン

はい!この子です。

まず…サイコショッカーのようなカードはこのカードとキメラテックフォートレスで処理できるわけですね。

それ以外でもキメラテックメガフリートでエクストラモンスターゾーンのモンスターも処理できます。

またメタビート系のモンスターはライオウやインスペクトボーダーのようなモンスターが多いです。

そこもこの1枚で潰せるところがgood。エクストラデッキには枠がありますのでキメラテック系は無理なく採用できます。

ついでにオルフェゴールのように機械族が多く並びやすいデッキに対しての対抗策でもあります。

その②PSY+拮抗勝負

先行制圧がどうしても嫌なので手札誘発は採用できるだけ採用します。

その中で条件はありますが壁にもなることができ、サーチも効くPSYがなかなかに優秀。

また拮抗勝負は相手の場を1枚で荒らすことができる可能性があるのでこちらも優秀です。

1回や2回バトルフェイズを行えなくても痛くもかゆくもないのがパーミッションのいいところ( ´∀` )

その③青眼融合モンスター

ちょっと変わったパーミッションデッキ。

青眼を軸にしたパーミッションデッキではパーミッションの弱点でもある打点と除去性能の少なさを解消してくれます。

わたしのタキオンパーミッションではエクシーズ素材にも一役買ってくれています。

まず…

この子。ブルーアイズはサーチが簡単であるため事故も防げます。

それでいて簡単に特殊召喚でき、打点も3000あります。このカードは除去効果もあるためパーミッションデッキではなかなかありがたいです。

で…すこし構築難易度は上がるのですが…

はいこの子。

この子が特に優秀です。攻撃力は4500と文句なし。さらに相手の効果の対象にはならず効果では破壊されないので場もちもなかなかいいです。

上で紹介したオルタナティブを素材に融合できていれば除去効果は3回も使用できます。

除去対象はフィールド上のカードであればいいのでモンスターや魔法・罠と種類は問いません。

♦まとめ♦

どんなデッキであったとしても得手不得手はありますね。

そこをどんな風に対策してデュエルに臨むのか…苦手な盤面をどうやって覆していくのかはどんなデッキを使用していても同じ楽しみがあります。

|д゚)

新しいカードが出るたびに少しづつ成長してくデッキを見るのも楽しいですね(*´ω`*)

これからも楽しんでデュエルしてきましょ。

p.s パーミッションは好きですが根暗ではありませんからね|д゚)

|д゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。