フォトン・バニッシャー+フォトン・スラッシャーの2枚からできること…ランク8へつながる道を模索する…

銀河フォトンは2019年の最後に「銀河眼の残光竜」をもらうことができました。

それによってあらゆるデッキに勝てる可能性を掴んだのです。

で…それよりも少し前にも新規をもらっていますよね。フォトンで(`・ω・´)

今回は「フォトン・スラッシャー」と「フォトン・バニッシャー」の2枚をスタートとしてランク8へ繋げるための道を復習がてら見ていきたいと思います。

♦スラッシャー+バニッシャー♦

今更ですが…とりあえず今回使用する2枚の復習(`・ω・´)

スラッシャーは登場時から召喚権の使用しないシンクロ素材とエクシーズ素材となれることから優秀なカードでした。

特殊召喚条件も緩く、サイバードラゴンよりもさらに簡単です。なんせ自分フィールドにモンスターがいなければ特殊召喚できるからです(`・ω・´)

「増援」によるサーチもできますのでなかなか融通が利きますね。( ´∀` )

バニッシャーはまだまだ新しめなカードですね( ´∀` )

同じく「増援」でサーチ可能。

自分フィールドにフォトンまたはギャラクシーモンスターがいるだけで特殊召喚できるお手軽条件。

さらに特殊召喚で成功時に銀河眼の光子竜をサーチできる優秀な効果も持っています。

あまり使用されませんが、このカードをエクシーズ素材としてエクシーズ召喚したモンスターは追加効果をもらえます。戦闘破壊したモンスターは除外されるといういい効果です( ´∀` )

♦この2枚のどこが優秀?♦

その①召喚権を使わずに展開可能

一番はやはりここですよね( ´∀` )

2枚使用していますが、召喚権が余っています。この2枚でサーチなり相手の場を崩すなりした後に召喚権を使用して更なる展開を行えるところがgoodです。

その②リンク召喚による好きな「フォトン」「ギャラクシー」をサーチできる

これも優秀ですね( ´∀` )

フォトンオービタルとユニオンキャリアーを絡めることで、バニッシャーの効果も含めて光子竜+「フォトン」or「ギャラクシー」モンスターをサーチできるますね。

その③特殊召喚はチェーンを組まない

結論を言うと…「増殖するG」を受けにくいところ(`・ω・´)

特殊召喚効果に対して発動されやすい増殖するGですが、この2枚は特殊召喚する際に効果の発動は伴いません。

勘のいい相手の場合にはスラッシャー特殊召喚成功後に打たれるかもしれませんが、それでも1枚引かせなくて済みます。|д゚)

大きくこの3つの利点がありますね。

♦ランク8へ繋がる展開は?♦

今回の目玉です(`・ω・´)

その①銀河騎士+銀河戦士を絡める。

一番基本です(`・ω・´)

2体特殊召喚後、手札には光子竜がサーチされているところからスタート!

ユニオンキャリアーをリンク召喚。効果でフォトンオービタルを装備します。

フォトンオービタルの効果で銀河戦士をサーチ。これで光子竜+銀河戦士が揃いましたので、ランク8まで行けますね( ´∀` )

その②シンクロ召喚を絡める。

今度はイゾルデをリンク召喚します。戦士族はチューナーをサーチしておいてください。

イゾルデの効果で「銀河零式」を墓地に送って、リナルドを特殊召喚。

リナルドの効果で「銀河零式」を回収。

リナルド1体でリンクリボーを出す。もしくはリンク3をだしておいてください。

次のターンとすこし遅いですが、イゾルデでサーチしたチューナーでハリファイバーを出します。

一応…リナルドとイゾルデでユニオンキャリアーをリンク召喚。その後フォトンオービタルを装備して、ギャラクシーサーペントをサーチすれば、ハリファイバーをこのターン中に特殊召喚できます。

ハリファイバー効果でレベル3のチューナーを特殊召喚。回収した「銀河零式」を発動。バニッシャーorスラッシャーを特殊召喚。

これで基本的にどんなシンクロモンスターも出せます。

ハリファイバーを出さなくてもいいので、墓地のレベル4は特殊召喚できますので、レベル5~7までは自在にシンクロできます。邪竜星ガイザーが個人的なおすすめです( ´∀` )

リンクロスを使うなりすればもっと幅が広がりますよね( ´∀` )

おとなしくイゾルデをリンクロスに変えればもっと別の展開もあるかもしれませんね( ´∀` )

♦ランク8に繋がらなくても…♦

ほかの手札もしようすればおそらくランク8までつながると思います。

しかし…今回はあくまでもこの2枚のみスタートで使用する(`・ω・´)

2体でエクシーズ召喚してしまえば手札の光子竜またはデッキの光子竜を特殊召喚できます。

種類が多く出たのであまり目立ったところは見ないかもしれませんが、光子竜自身も強力な効果を持っています。

戦闘ではなかなか破壊されないのも健在(`・ω・´)

♦4月以降はあまり気にならないけど…♦

召喚権を使用せず、サーチ効果も相まって実質手札消費0でリンク先を用意することができます。

イゾルデを絡めた展開ですね( ´∀` )

さらに…カオス要素を入れている場合、イゾルデでサーチする戦士族をカオスソルジャーにしておけば後続もばっちりです(`・ω・´)

♦まとめ♦

簡単な展開のみをピックアップしてみましたが…こうしてみるとなかなか汎用性は高いですね(;’∀’)

当然デッキ構築内容によってはできないコンボもあります。しかし…弱に言えばデッキ構築内容によっては同じカードからでも全く違う展開ができるということです。

これは楽しいですね( ´∀` )

この2枚で1ショットキルとまではいきませんが、ランク8をエクシーズ召喚することはできます。

とくに縛りもないため、4月以降はドラッグラビオンからネオタキオンも出すことができますね( ´∀` )

今からそわそわしてます( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。