マリクのカードがOCG化!!「暗黒の魔再生」ラーの翼神竜の強化カードと化した罠カード…

闇マリクが闇遊戯とデュエルしたときに使用したカードがついにOCG化しましたね(*´ω`*)

「暗黒の魔再生」

完全にラーの翼神竜新規カードです(;’∀’)

まず…原作版ですが…

・速攻魔法

・相手の墓地の魔法カードを使用できる

・闇マリクは死者蘇生を使用した。

ざくりとこんな感じ(`・ω・´)

で…OCG化したこのカードは…

・罠カード

・相手の攻撃宣言がトリガーで相手の墓地の魔法カードを自分フィールドにセットできる

・墓地のこのカードを除外して手札orフィールドのセットされている「死者蘇生」を墓地に送ることで、自分墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚。

その後相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送れる

うーん(;´・ω・)

墓地から除外して使用できる効果は原作にはなかった効果なのでここだけを見ると強化されているように見えます。

しかし…

まず速攻魔法ではなくなった点と発動のためのトリガーが相手の攻撃宣言である点を考えると弱体化しているように思えます。

似たような効果には…

このカードがあります。こちらは効果の都合上フリーチェーンであるものの自分のターンに使用しなければほぼ無意味ですけど…(;’∀’)

このカードに比べるとライフコストが無い点、相手ターン中に発動できる点も考えると優先順位は「暗黒の魔再生」が若干勝りそうです。

現代遊戯王はどうしても攻撃宣言をトリガーに発動する効果は後回しにされる傾向が強いためこのカードも同様の扱いを受けると思います。

なので…

「暗黒の魔再生」は墓地での効果をメインに使用することになるのかな…と思います。

ただし…「死者蘇生」は現在(2020/6/14)では制限カードであるため死者蘇生を用意できなければそもそも使用できません。

一応死者蘇生をサーチできるカードも存在していますが…回りくどいですね(;’∀’)

「暗黒の魔再生」を採用しなくても「ラーの翼神竜」のデッキは回転しやすくなっているため、わざわざ相手依存で制限カードを必要とする限定的すぎるこのカードを採用する必要は今のところは必要なさそうですね

(;’∀’)

でも…

最近の「ラーの翼神竜」を強化する流れはすごいですね

(;’∀’)

「暗黒の魔再生」を合わせると7枚もの専用カードが登場しています。

1枚のカードに対する専用カードの枚数で言えば調べていないので何とも言えませんが…

トップなのではないかと思います。

まあ…だんだんと原作の「ラーの翼神竜」に近づいて行っているので楽しいですけどね(*´ω`*)

( ´∀` )

(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。