ミザエル風のデッキで環境を打破したい!第2回目!ルートを補う魔法カード!ドロー…サーチ…サルベージ…

前回はこちらからどうぞ|д゚)↓

・ミザエル風デッキで環境を打破したい!第1回

前回はセイファート中心でしたが…主にモンスターカードを主体に考えました。

今回は…魔法カードの選定をしていきます(`・ω・´)

とりあえず…候補をあげていって、構築の最後の最後に余ったデッキ枠に汎用性の高いカードを入れていきましょ(`・ω・´)

♦魔法カード♦

その①竜の霊廟

なかなかいい仕事をしてくれます( ´∀` )

役割としては竜の渓谷と若干被りますが…こちらは手札をコストにする必要がないドラゴン族専用の愚かな埋葬です。

ついでに通常ドラゴンを墓地に送ると追加でもう1枚墓地に送れますよね( ´∀` )

ドラゴラド+ディアボロスのコンボを採用する場合には役立ちます。

で…このカード1枚で覇王眷竜クリアウィングも出せます(`・ω・´)

龍の霊廟がコストの無いライトニング・ボルテックスになる感じですね( ´∀` )

このクリアウィング…シンクロ召喚成功時の破壊効果はさることながら…戦闘時に効果破壊もできます。さらにレベル8…ギャラクシーアイズをエクシーズ素材にできますよね

( ´∀` )

その②復活の福音

ある種事故要因にもなりかねないドラゴン族のレベル7、8限定の蘇生カードですね。

セイファートをメインに据えている場合には1枚で竜の渓谷までつなぐことができるので復活の福音が腐りにくくなりますね。

上で挙げたクリアウィングもレベル8なので蘇生対象です( ´∀` )

ついでに…墓地に存在しているとドラゴン族を破壊から守ってくれます。これは効果の発動ではないため、ドラグーンオブレッドアイズによって無効にもされません…

その③竜の交感

普通に使用するとディスアドバンテージです…でも…

サーチが難しいセイファートを手札に持ってこれます。逆に手札に持っていたくない2枚目のコラプサーペントやデッキから直接墓地に落としたいアブソルータードラゴン、デストルドーなどをデッキに戻せます。レベルが同じある必要がありますが、好きなドラゴンをサーチすることができます。

このカードのデッキに戻すのは効果なので灰流うららによって無効にされても、1:1交換で済むのでうれしいところです( ´∀` )

♦汎用魔法♦

その①強欲で貪欲な壺

現在…一番お手軽に2枚ドローできるカードだと思っています。

デッキトップ10枚を裏側で除外しなければいけません。さすがにこのカード1枚でセイファートを3枚とも…とか採用枚数が多いカードが全て除外されるのは稀です。

ドラゴン族のデッキはどうしても手札の枯渇が激しいです。

完全に制圧できるような盤面を作れるのならばいいとしても、わたしはギャラクシーアイズ使いです。当然ギャラクシーアイズがメインですのでエクストラデッキもそのようになります。相手の行動を制限できるとしてもたかが知れています。

よって手札補充は必須…このカードが筆頭ですね(`・ω・´)

その②強欲で金満な壺

エクストラデッキを除外してしまいますが、メインデッキは除外しないで済みます。

お手軽にドローできるカードその②です。

しかし…エクストラデッキ…ということはコンボパーツやギャラクシーアイズを持っていかれる可能性があります。

メインデッキのギャラクシーアイズで闘えるように戦術をシフトできるようなデッキならば採用できそうですね( ´∀` )

その③シャッフル・リボーン

蘇生効果とドロー効果の両方を搭載しています。

個人的にこのカード…大好きです(*´ω`*)

蘇生効果は自分フィールドにモンスターが存在していなければ発動できませんが、蘇生対象に縛りはありません。

①の蘇生効果使用後に②のドロー効果を使用できますので、アブソルータードラゴンを蘇生し、そのままデッキへ戻す。

その後竜の渓谷や竜の霊廟で再び墓地へ送ることでヴァレットをサーチできます。

その他にはサイファードラゴンでコントロールを奪ったモンスターをデッキに戻しながらドローすることで除去としても機能します。

その④死者蘇生

ミザエルも使用していましたね(*´ω`*)

言わずと知れた遊戯王の代表的なカードの1枚です。近頃のデッキではコンボの最中にサルベージや蘇生できてしまうためこのカードの採用率は減っていますね。

ギャラクシーアイズは重ねてエクシーズ召喚し、相手のフィールドを破壊できますので1枚でギャラクシーアイズエクシーズを特殊召喚できるようなカードとは好相性です。

相手の墓地のモンスターも蘇生できますので、いざというときにも役立ちます。

このカードが腐っているケースは…わたしは1回も見たことないですね|д゚)

その⑤冥王結界波

シンクロモンスターが主体のデッキの最終到達点は…シューティングクェーサーなどの制圧系モンスターが並んでいるところ…

あんな大型ドラゴンが複数いるとギャラクシーアイズを出させてもらえません

( ;∀;)

で…このカードの出番です。モンスター効果を封殺してくれます。さらに、このカードに対してモンスター効果を使用できませんので魔法・罠以外で無効にされない限りは安心してモンスターを除去できるようになりますね( ´∀` )

その⑥RUM-七皇の剣

最強のRUM(`・ω・´)

誰が何と言おうとも汎用魔法です(`・ω・´)

このカード無くして七皇は語れませんね( ´∀` )

このカード1枚でネオタキオンを呼び出すことが…

手札で腐ってしまっても竜の渓谷のコストやシャッフル・リボーンでデッキへ戻したり…など利用方法はいくらでもあります。

銀河衛竜が採用されていれば、デッキトップへ持ってくることもできます。

ドラッグラビオンの効果でネオタキオンを特殊召喚する際のエクシーズ素材としてリバリアンシャークを指定しておけば次のターンに安定して引くことができますね。

( ´∀` )

♦まとめ♦

やはり1番の課題はいかに安定してコンボをスタートできるのか…これにつきますね。

魔法カードはサーチ・ドロー・除去など幅広い役割があるカードたち…中には冥王結界波のように1枚でモンスターを封殺したり、魔法・罠を破壊したりとコンボスタートを邪魔されないようにできます。

その他にもトークンを特殊召喚できるようなものもありますし、蘇生効果も…遊戯王の中で一番採用に悩む部類のカードたちです|д゚)

フルモン以外は魔法カードの採用枚数や理由でデッキの動き方が変わってくるといっても過言ではありません…

ですよね…(。´・ω・)?

採用するカードと枚数を悩んでいきます(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。