ラーの翼神竜の攻撃!「ゴッド・ブレイズ・キャノン」!がOCG化!まさかのサーチができる必殺技!

ついに出ましたね…

ラーの翼神竜の攻撃が(`・ω・´)

イラストのイメージとしては…

マリクがラーの翼神竜と合体して相手に1ターンキルを仕掛けているときのでしょうかね(*´ω`*)

懐かしいです。

おそらく今回のパックで最後のラーの翼神竜強化カードですね(*´ω`*)

♦効果は…♦

まず…発動と効果は無効にされません。

相手に干渉されないまさに必殺技ですね(`・ω・´)

ここからが効果です。なんと…

3つもあるΣ(´∀`;)

ラーの翼神竜を対象に発動できます。

①このカードは相手の効果を受けない

②このカードの攻撃宣言時に、このターン攻撃宣言をしていないモンスターを任意の枚数リリースして発動できる。

ターン終了時までリリースしたモンスターの攻撃力の合計分攻撃力がアップする

③このカードが攻撃したダメージ計算後に、相手のフィールド上のモンスターを全て墓地に送る

①の効果は…原作の神の再現でしょうね。

②の効果も原作再現ですね。原作ではラーの翼神竜は召喚するためにリリースしたモンスターの攻撃力と守備力の合計がそのまま自身の攻撃力と守備力になっていましたからね。

さらに…召喚時以外にもリリースすることでその分攻撃力をupさせていましたね。

③の効果に関しては…たしかvs闇バクラ戦にて1ターンキルの効果を使用した際には、モンスター全てが焼き払われていました。

そこをイメージしているのかと勝手に思ってます|д゚)

♦決まれば強い♦

まず…そもそも発動を無効にされないためこのカードを発動した場合、ほぼ確実にラーの翼神竜による攻撃が決まります。

よって…

ラーの翼神竜の攻撃=相手のモンスター一掃

となりますね。

攻撃力も大きくなりやすいので十分な戦力ですね。

♦聖刻との相性がよりよくなった♦

もともとラーの翼神竜は球神体が出たころから聖刻との相性がよかったですね。

で…今回のゴッド・ブレイズ・キャノンはリリースする効果を持っています。

聖刻はリリースすることで後続を用意できますので、相手モンスターを一掃した後に展開できますね。

まあ…発動時に聖刻がフィールド上にいるかは謎ですけど…

+で…

今はこんな子もいますね。なんと…リリースするとラーの翼神竜が2回攻撃に!!

見た目は聖刻に似ていますが聖刻とは無関係ですね

(;’∀’)

♦なぜかサーチできる♦

もはや話題になっていますが…

ゴッド・ブレイズ・キャノンはサーチができます。

このカードですね。

もともとヴォルカニックに採用されるカードが「ブレイズ・キャノン」と名前がついているためにもらった効果なんですが…

「ブレイズ・キャノン」と名のついている「ゴッド・ブレイズ・キャノン」も当然サーチできます。

♦欲を言えば…♦

さて…今回OCG化する「ゴッド・ブレイズ・キャノン」なんですが…

効果は強いですね。ラーの翼神竜自体は攻撃力が4000固定になりますが簡単に出すことも可能です。

しかも…今のラーの翼神竜はサーチもできますからね。

しっかりと練りこめば「ゴッド・ブレイズ・キャノン」を発動する機会も多いでしょうね。

でも…まあ…仕方ないんですけど…

ラーの翼神竜自体にこの効果をつけて欲しかったですね

(;・∀・)

なんせ最強の神と言われていたほどアニメでも猛威を振るっていたわけですし…

発売当初は原作の面影なんてなかったですし…

まあ…

サーチできるからよしとしましょう(`・ω・´)

(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。