不足がちな通常召喚権と展開力を補うためのカード選定をして銀河眼を強くしたい(`・ω・´)

銀河フォトンやミザエル風でもそうなんですが…あと一歩のところで展開できないようなときがあります。

それは通常召喚権が足りない状況であったり、コンボパーツが1枚足りなかったり…

今回は通常召喚権を増やしながら、ある程度展開できるようなカードの代表を見ていきたいと思います。

ハリファイバーが禁止になるかも(。´・ω・)?

知らん(`・ω・´)

♦召喚権を増やす♦

一番何も考えずに召喚権を増やせるカードは…

はいこちら( ´∀` )

二重召喚です。お手軽にもう1回召喚できるカードです。

でも…ただ普通に使用すると手札を合計3枚消費していますよね。

ガジェットやマドルチェのように召喚後にサーチ機能を持っているカードであればいいのですが、必ずしもそうであることはありません(´・ω・`)

銀河フォトンでもそうですよね…唯一「フォトン・サーベルタイガー」であればいいんですがそれだけのために採用したくもありません…

そんな中…皆さんご存じなのは…

サムネにもしているこの2枚です(`・ω・´)

まずは「ブリリアント・フュージョン」一昔前は難しかったですが、現在ではサーチすることも簡単ですね( ´∀` )

このカードを使用することで必然的にデッキ圧縮ができます。

また、融合召喚であるため召喚権は使用していません。ここから出てくるのはもちろん…

通常召喚権を1回増やしてくれます。

融合素材は光属性を所望しております。…

ここで「伝説の白石」など青眼関係を落とすのもいいですね。

ジャンクシンクロンなどを採用している場合にはそのサルベージ対象となるモンスターをサーチするのも良しです( ´∀` )

あくまでもこのカードが表側で存在していなければ召喚権が増えませんので注意ですけどね…

光属性には墓地に送っておきたいカードも多くあります。自分のデッキと相性がいい光属性モンスターを採用しておきましょう。

融合素材に…

この子を採用することでブリリアント・フュージョン1枚から展開することもできます。

手札1枚で墓地肥やしからのリンクやシンクロ召喚…最後のほうにエクシーズ召喚なんかもできる。

相性が悪いデッキはほとんどないのではないかと思えるほど有用なカードたちです。

このカードは岩石族なので新規テーマである「アダマシア」に採用しても面白いかもしれませんね。

属性は岩石でありドラゴン族ではないのでミザエル風からは少し遠くなるかもしれませんが、セイファートに通常召喚を使ってしまってももう1回召喚できるようになることで幅広い戦術を用意できるようになります。

今度デッキ紹介しますね( ´∀` )

♦まとめ♦

展開中に気になるところの1つである召喚権。

展開する際にどこで召喚権を使おうか悩むこともしばしばあるかと思います。

召喚権を失ってしまう魔法カード…例えば「アクセル・ライト」なんかはそうですが、このようなカードを使用してしまったときには当然召喚権を増やしても意味がありません。

しかし…そこに注意しておけば召喚権が増えたことでできる展開は間違いなくあるはずです。

ブリリアント・フュージョンを使用した際には場にはレベル5の融合体も出ています。そのカードを使用した展開をしてもいいですし、何かのコストにしてもいいわけです。

選択肢が盛りだくさんですね( ´∀` )

少しでもできることを増やしていってもっと面白い動きができながら勝ち上がっていけるようなデッキ構築をしていきたいものです( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。