今更振り返る!遊戯王THE DARK side OF DIMENSIONS!と「深愛白龍」※注意※過度なネタバレがあります※


劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』【Blu-ray】 [Blu-ray]
価格:5,700円
(2019/11/29 19:55時点)
感想(0件)

わたし…限定版を買いました( ´∀` )

こちらは2016年に劇場で公開され、現在ではDVD・Blu-rayで発売されています。2016年…2004年に遊戯王デュエルモンスターズが終了してから12年ぶりに復活を遂げた遊戯と海馬の熱いデュエルを見ることができました( ´∀` )わたしは当然のごとく映画館に見に行ったわけです。ええ(*´ω`*)仕事を休んでいきました。あえて映画を1番に見るのではなく、ショップを物色しまくり、パンフレットを買い、内容を5回ほど熟読し、気持ちを荒ぶらせていざ!スクリーンの前に(`・ω・´)

映画を見始めて…いきなり見せ場!アテムVS社長Σ(´∀`;)いきなりクライマックスであります。

映画館ともあり臨場感たっぷり…社長はいきなり新イラストのブルーアイズ3体融合からの新規カード…


遊戯王 真青眼の究極竜 MVP1-JP001 KCウルトラ 【ランクB】 【中古】
価格:210円
(2019/11/29 20:03時点)
感想(0件)

めちゃくちゃかっこいいやん( ゚Д゚)  熱いデュエルが終わりてんようやく物語がスタート、新キャラも多数いましたね。当時のキャラが12年の時を超えてイラストがパワーアップしてました。この時からBlu-ray買う気満々でしたね( ´艸`)

細かい設定ときれいなイラスト…完璧なエンディングを迎えたアニメ…かと思いきや!社長未練がすごい( ゚Д゚) 遊戯が新キャラである藍神相手にアテムの力を借りなくても仰天のコンボによって撃破。

そこから始まる遊戯VS海馬!2連荘のデュエルとは新しい。社長のデッキは映画ともありブルーアイズ専用デッキのような感じに見えましたね。対する遊戯は「ブラック・マジシャン」と多数の魔法・罠を工夫しこの2人ならではのデュエルを見せてくれました。やっぱり遊戯王といえばこのキャラ達だなぁとしみじみ感じました。

社長側も新規カードを多数使用して見ごたえのありすぎるデュエルを見せてくれました。

ほとんど満足してきたとき…ついに遊戯が切り札のガンドラXを召喚してきましたね。まさか召喚口上があるとは( ´艸`)時代を感じます。まさかここまで新規カードを盛り込んだ映画とは思わなんだと驚愕しておりました。

ここで!今回サムネにも入っているこのカード…

「ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン」

「無窮の時、その始原に秘められし白い力よ。鳴り交わす魂の響きに震う羽を広げ、蒼の深淵より出でよ!《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》!」


遊戯王 ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン シークレットレア 20TH-JPC24 光属性 レベル10 スレあり
価格:184円
(2019/11/29 20:14時点)
感想(0件)

このカードの召喚時の映像の美しさが1番印象に残っています。ものすごい登場の仕方でしたね。

♦効果♦

①自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが戦闘・相手の効果で破壊されたときに発動でき、このカードを手札から特殊召喚し墓地のドラゴン族モンスターの種類×600のダメージを与えます。

②このカードの特殊召喚時に墓地のドラゴン1体を対象にそのモンスターと同じ攻撃力になります。

③フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動します。相手フィールドのモンスターを全て破壊します。

突然手札から飛んできます。そして墓地のモンスターが14種類いると1ターンキルが成功します。攻撃力は最低でも「白き霊龍」の2500とそこそこな攻撃力。

最大の魅力は映画でも使われた相手のモンスターを全て破壊する効果。素晴らしいです( ´∀` )

突然飛んできてダメージを与えてきたと思ったら、攻撃力をアップ…最大の攻撃力は4500になります。戦闘破壊できない場合にはバウンス・除外しないと全部破壊…なかなかの圧力ではないでしょうか。相手はブルーアイズを相手にする場合には墓地にやけにドラゴンの種類が多いな…と感じた場合にはこのカードを注意しましょう( ´∀` )

サムネにも書かれていますがこのカードを感じに直すと「深愛白龍」となるそうです。この映画に出てくる「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」は男性をイメージして考えられているのだとか…こちらは女性をイメージしているらしく、その可憐でシャープなフォルムがそうなのかと思います。海馬が前世で好きだった「キサラ」をイメージしているんですかね(。´・ω・)?

ぜひとも中国語版でこのカードが欲しいですね。「深愛白龍」…すごくきれいな名前だと思います( ´∀` )

海馬は最後まで最も愛したカード群で生涯デュエルをしていくんでしょうね。見習いたいです。

自分の好きなカードを誰よりも使いこなし、頂点に立つ!さすが元祖です。

このカードはクリスタルの置物が公開されていましたね。個人的に欲しいので販売することはないのでしょうか(。´・ω・)?

映画の話に戻ります。「ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン」を破壊した遊戯でしたが、「魔導契約の扉」で「死者蘇生」を海馬に渡していたため海馬は発動。「ディープアイズ・ホワイト・ドラゴンを復活させようとします。

「冥界の扉を突き破り、今こそ蘇れ!」

まさかここでも簡易的な口上を言ってくださるとは…しかし…遊戯は「ファイナル・ギアス」の効果で除外し死者蘇生を不発にさせました。この時のエフェクトが12年前…アテムのオシリスの蘇生を無効にした時のエフェクトにそっくりだったんです。感動しました( ;∀;) あの頃の思い出がよみがえってまいりました。その後遊戯が「ブラック・マジシャン」でダイレクトアタックしようとしたところでデュエルは中断。ライフポイント的に通っていれば遊戯の勝ちでしたね( ´∀` )

その後まさかの3連続デュエルスタート!

藍神君…千年リングに汚染(。´・ω・)?されて復活してきよった( ゚Д゚)

その後…社長は遊戯をかばい倒れてしまいます。遊戯も最後までデュエルを続けるのですが、闇のデュエル特有のダメージにより倒れてしまいます。…そんなとき…まさかまさかであのお方登場!その名も…

「アテム( ゚Д゚)」

一言も話すことなく…「マハード」とともに顕現し藍神くんを倒し、相棒こと遊戯と何かを話すと…千年パズルを持って消えてしまいました…感動です( ;∀;)

まさか…あの時冥界の扉をくぐり、二度と会うことはないであろうと思ったアテムが相棒の危機に駆け付け、助けてくれる…なんというのでしょう…姿かたちはなくなっても見守っているということでしょうか…この映画は素晴らしい…その後の展開もあるのですが個人的にはやはり「遊戯王」とは遊戯とアテムの物語であると思います。

昔あこがれたアニメのキャラを社会人になっても楽しんで見れる…素晴らしいことだと思います。

皆さんもぜひもう1度見てみてください( ´∀` )

わたしはBlu-ray版を買った日に5回見ました( ´∀` )気づいたら朝になっておりました。

p.s 何を書きたかったのかわからなくなりました、それでも最後まで読んでくださった方ありがとうございますm(__)m

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。