個人的ドラゴンonlyデッキを作る際のおすすめ魔法・罠カード3枚!セイファートムーブに安定性を

今回はわたし個人として…ドラゴンでデッキを組む際におすすめな魔法・罠カードを3枚ご紹介したします。

私自身…セイファート+バルジorネビュラの基本ムーブを好んでいます。このムーブは派生もできて、安定してギャラクシーアイズを展開できるためすごく好きなんです

( ´∀` )

先行・後攻関係なく同じカードから複数の展開へ持っていける重要なコンボです。基本的に2枚から展開できるため、先行の場合は3枚。後攻の場合には4枚ほかに手札があります。

その手札を使用して、後続の準備・相手への妨害・相手からの妨害対策をたてることができる…ドラゴンにとってはこれ以上ないぐらいのコンボなんですよ

ドラゴンリンクを使用していた人にとってはセイファート1枚からも展開できましたね。

♦セイファートムーブの弱点♦

さて…このセイファートを使用した動きには明確な弱点があります。

その①灰流うららなどの手札誘発系に弱い

まずはこちら…セイファートを通常召喚し、効果を使用するところを狙われます。

サーチするため当然灰流うららに引っ掛かります。またエフェクト・ヴェーラーや無限泡影など効果を無効にされてしまうと通常召喚権を使用した上に、このカードの効果を使用するために墓地に送ったカードが無駄になってしまいます。

その②セイファートを引けない

セイファートは所詮デッキに3枚しか採用できません。しかし…基本ムーブをする際にはセイファートは必須です。

これを引くことができなくてはスタートできません。コラプサーペントとワイバースターはセイファートと非常に相性がいいですが、コラプサーペントとワイバースターは特殊召喚するには墓地に除外コストが必要です。素で引いてしまうと特殊召喚できません。

……

大きくこの2つがセイファートを主軸にした際の弱点になります。ここを何とかするためのお勧めカードを紹介します(`・ω・´)ゞ

♦お勧めカード♦

その①復活の福音

セイファートの効果で手札のレベル8もしくはレベル7のドラゴン族モンスターを墓地に送った場合に有効なカードです。

セイファートの効果でサーチしたドラゴン族モンスターを何らかの方法でフィールドに出すことができれば、墓地のドラゴンを蘇生することでエクシーズ召喚に繋げることができます。

もしもセイファートの効果に対して手札誘発を使用されても、墓地に送ったドラゴンを蘇生すれば最低限の動きをすることができます。

その②崩界の守護竜

続いてこのカード!(`・ω・´)

「崩界の守護竜」ですね。このカードは2ターン目以降の補助カードです。相手ターンに展開を妨害することができます。

また変わったところでは対象に取られたセイファートをコストに発動することでエフェクト・ヴェーラーや無限泡影から逃げることができます。

セイファートの基本ムーブで最終的に出そろったドラゴンのいずれかをコストにしても構わないため、それなりに汎用性は高いです。

ただし、罠カードであることから発動できるのは1ターン待たなければいけません。よって採用枚数はデッキのほかのカードと要相談ですね(;’∀’)

その③竜の交感

これが一番お勧めしたいカードです(`・ω・´)

手札に引いてしまったコラプサーペントとワイバースターをデッキに戻しながらセイファートを手札に呼び込むことができます。

また、レベル8のドラゴン族モンスターをデッキに戻せばバルジかネビュラを手札に持ってくることも可能です。

故に、通常よりも安定してセイファート+バルジorネビュラのコンボパーツを手札にそろえることができるわけですね( ´∀` )

ドラゴン目覚めの旋律でサーチ。そこからサーチした片方をこのカードによって別のモンスターへ変更することで本来、ドラゴン目覚めの旋律でサーチできないステータスのドラゴンもサーチすることができるようになります。

またデッキにモンスターを戻すのはコストではなく、効果処理であるため灰流うららを受けても1:1交換のため痛手にはなりません。

ただし…基本的にこのカードを発動できたとしてもこのカード+デッキに戻すカードで2枚必要になるのでディスアドバンテージになります。

展開先で手札を補充できない限りは間違いなく手札消費が激しくなります。

わたしは1回のデュエルでこのカードを発動する回数は1回。どんなに多くても2回しか使用しませんでした。ほかのカードとの兼ね合いもありますが基本的には2枚の採用でいいような気がするカードです。

♦まとめ♦

復活の福音以外の2枚はあまり採用されることがないカードですね(;’∀’)

崩界の守護竜はゴッドバードアタックや毒蛇の供物とほぼ同じような効果なのでドラゴン族デッキには採用されてもいいようなものですが…それだけ罠カードによる妨害よりも手札誘発のほうが汎用性、安定性がいいということなのでしょうかね

(。´・ω・)?

竜の交感は使用している方は滅多に見ませんが、個人的にはセイファートを使用するコンボができる前…聖刻を組んでいるときからなかなかいいカードなのではないかと思っていました。

手札が減ってしまう点をどうにかすればもっと安定してくるかと思うんですが…リリースや捨てるコスト・効果を持っているカードを主体に「超再生能力」をいれるといいんですかね…(・・?

まだまだ精進していきます(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。