光と闇の竜!強力な効果と面倒な処理・このカードの特徴について…増殖するGを無効にできるコンボカードの1枚!

漫画版「遊戯王GX」第1巻に付録として発売された光と闇の竜の効果と面倒な処理について記事にしていきます。

このカードは攻撃力と守備力を500下げてカードの発動を無効にします。またこのカードが破壊された場合、自分の場のカードをすべて破壊、その後自分の墓地のモンスター1体を蘇生する効果を持っています。

非常に強力な効果であることから、一時期準制限カードに指定されていました。しかし、効果処理が難しいこと、「オネスト」「帝」などこのカードを簡単に処理できるカードが当時の環境に複数存在していたことから無制限に復帰しました。


遊戯王 光と闇の竜 YG01-JP001 ウルトラ 【ランクA】 【中古】
価格:200円
(2019/12/3 21:15時点)
感想(0件)

このカードはテキストには書かれていない処理方法があります。

①攻撃力・守備力を500さげて発動を無効にする効果について

このカードの攻撃力は2800 守備力は2400あります。このカードは攻撃力か守備力が500下げられなくなった場合には無効効果は適用されなくなります。ここで適用されなくなると言ったのには理由があります。

まず、この無効効果は誘発即時効果です。強制効果ですので発動するかしないかを選ぶことができません。よって自分のカードの発動無効にしてしまいます。良い点もあり、誘発即時効果であるためにダメージステップでも無効効果を発動できます。

4回効果を無効にする効果を発動した場合、攻撃力は800・守備力は400です。500ポイント下げれないため、無効化することができなくなっています。しかし、カードが発動する度にこのカードの効果は強制的に発動されます。

チェーン①他のカード発動→チェーン②光と闇の竜

当然500下げられないので不発になります。テキストには書かれていないのでわかりにくいです。

またこの無効効果は同一チェーン上で1回しか発動されません。

チェーン①他のカード発動→チェーン②光と闇の竜→チェーン③他のカード発動→チェーン④光と闇の竜

とはならないということです。これは自身の無効効果に反応して効果を発動することを防ぐためです。これもテキストに書かれていません。

また「あまのじゃくの呪い」が適用されているターン中は1ターンに1回しか無効効果が使用できなくなります。これは攻撃力が極端に高くなって1ターンキルを防ぐためです。

その他にもいろいろと判断に難しいことがあります。

・すでに発動しているカードの効果は無効にできない。

・墓地で発動する「おじゃマジック」「ダイヤモンドガイ」の効果で墓地に送った魔法カードの効果の発動を無効にできない。

これはわたしも問い合わせしたことがあります。この時の回答としてわかりやすいのが「ダイヤモンドガイ」でした。あくまでも効果の発動であってカードの発動ではないのでこのカードで無効にできないとのことでした。もっとわかりやすく言葉を変えると…発動しているというよりも効果の適用をしているといったほうがわかりやすいかもしれません。(※少々ニュアンスが違うかもしれません)

・発動を無効にしたカードは破壊しない。

モンスター効果を無効にした場合、破壊せずにそのままの状態をキープします。魔法・罠はルール上発動を無効にされた場合、墓地に送られることになっているので場に残らずに墓地にいっています。

・このカードの破壊が確定している場合には無効効果は使用できない。

・「月の書」「禁じられた聖杯」などをこのカードに使用した場合、攻撃力・守備力は元に戻る。

・チェーンブロックを作らないカードは無効にできない。

②破壊と蘇生効果について

テキストには…

このカードが破壊され墓地に送られたときに発動する。自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。自分フィールドのカードを全て破壊する。選択したモンスター1体を自分のフィールドに特殊召喚する。

と書かれています。誘発効果です。一見すると墓地のモンスターを対象に取ることが発動の条件のように思えます。ところがそうではありません。

たとえ墓地に特殊召喚できるモンスターが存在していなかったとしても破壊効果は適用されてしまいます。この効果も無効効果同様でダメージステップでも発動します。

逆に自分のフィールド上に特殊召喚を封じるカードがあったとしても発動します。その場合

蘇生対象を選ぶ→破壊効果適用→特殊召喚を封じるカードが破壊される→対象を特殊召喚

というふうに進みますので、問題なく特殊召喚できます。

♦このカードの特徴や利点・悪い点

このカードはあらゆるカードの発動を無効にします。また初期の攻撃力は2800ありますのでこのカードを突破するためには複数のカードを使用する必要があります。うまく使えばこのカード1枚でアドバンテージを取ることができます。すでに墓地が肥えている状況にあるならば、このカードを処理しても後続が出てきますので相手に取ってみると厄介なことこの上ないと思います。

しかし、無効にしたモンスターを破壊しないところに向け道があります。「オネスト」「黄泉ガエル」「ライトロードマジシャン・ライラ」など条件が整ってさえいれば何回でも発動できるカードには無力であり。1枚だけで無効効果を使い切る羽目になります。※「黄泉ガエル」については現在(2019年時点)効果を無効にされた同一ターン中は特賞感が出ない 関節的にこのカードが強化※

また「帝」シリーズのレベル6モンスターに対しても同様です。召喚権を使用せず、チェーンブロックも作らずに特殊召喚できるモンスターをリリースして召喚・効果を使用するだけでこのカードの攻撃力は2300になってしまします。「帝」シリーズのレベル6モンスターは攻撃力が2400あるので突破されてしまいます。

このカードは特殊召喚できないので、手札からモンスターをリリースして通常召喚するか、「始皇帝の陵墓」などを使用して召喚するしかありません。蘇生できないのが痛い反面、相手に悪用されることを防いでいることでもあります。

このカードと「ドラグニティアームズ-レヴァテイン」他を使用するなどすることで蘇生の無限ループをすることができます。俗にいう「レヴァライダー」です。この構築にするは「増殖するG」を腐らせることができる数少ないコンボでもあります。

「レヴァライダー」が完成している状態で相手が「増殖するG」を使用した場合、デッキのカードをすべてドローさせることで勝利することができます。

「エクリプスワイバーン」によるサーチが可能でしたが。2019年に禁止カードに指定されてしまったため、1度他のカードで墓地に落としたこのカードをサルベージするなどしてリクルートするなど、手札に加えるのに手間が増えてしまいました。

総じて強力なカードを満載しているはずが、強制効果である点・処理がめんどくさい・テキストで読み切れない効果がある・サーチ手段威乏しい・このカード以外に自身の意思で無効にするかしないかを選べるカードが多数でてきたことからデッキにあまり採用されることが少なくなってきました。悲しいです( ;∀;)

こんなデッキにはおすすめ( ゚Д゚)

①アーティファクト

相手ターンに処理されることが多いことから、相手ターンにこのカードの効果で伏せてあるアーティファクトを割ることができます。また、蘇生先に既に墓地にあるアーティファクトを選択することで更なる展開ができます。

②堕天使スペルビアを採用しているデッキ

昔「終世」と呼ばれていたデッキです。堕天使がカテゴリー化したことでデッキの構成上モンスターが場に2体以上揃いやすく、このカードの蘇生先も複数の選択肢がでました。このカードを処理されても堕天使を展開することで、相手をさらに妨害・その後の展開も行うことができます。

今回は「光と闇の竜」の紹介でした。個人的にはイラストもすごく好きなカードなので結構頻繁にデッキに採用しています。

たまにはこんなわかりづらいカードを使用したデュエルも如何でしょうか(。´・ω・)?

それでは良いデュエルライフを…

(@^^)/~~~

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。