初!遊戯王!デッキ紹介!2020年1月リミットレギュレーション対応!「ギャラクシーアイズフィーバーデッキ!こだわりを追求編!」

初のデッキ紹介です。銀河眼を何も考えずに特殊召喚できるデッキの筆頭です。わたしのこのデッキのこだわり…それは…

禁止になっていない銀河眼を全て使用すること!(`・ω・´)

大会に出ようと思うと、どうしても使用する銀河眼を選別しなければなりません…大会で勝つ!には仕方ないことです…わたしの力不足です(´・ω・`)…本当であればすべての銀河眼を採用したデッキで優勝したいです…精進します…

ですが!

フリーでは!自分のやりたいことを!押し通してもいいじゃない!

と…いうことで組んだデッキがこちらになります( ´∀` )

結果から言うと…

すごく楽しめるデッキです( ´∀` )

♦メインデッキ♦40枚

♦エクストラデッキ♦15枚

♦このデッキについて♦

…あんまり見ない構成ですかね(;’∀’)

そもそもすべての銀河眼を採用している人はどの程度なのか…

あくまでも銀河眼を出すことに特化するしています。銀河眼の残光竜によって1ターンで決めきる力と更なる展開をすることができるようになりました。

手札2枚から脳筋アタックを仕掛けることができます(●´ω`●)

「アクセル・ライト」は悩みましたが2枚にしています。3枚までは使わないけど1枚は使いたい。しかし1枚採用では引けない可能性が高いので2枚です。

「銀河天翔」も「おろかな埋葬」の2枚で脳筋アタックを仕掛けられるので2枚採用しています(●´ω`●)

「銀河剣聖」を採用していないのは…上にも書きましたが「銀河眼」を出すことに特化させるためです。

銀河眼がどこからでも出せるようにする→ノーコストで出てくる銀河眼の残光竜のほうが使いやすい

となったわけですね(‘ω’)

地獄の暴走召喚はわたしが昔から採用しているカードです。今回も採用します。アニメのようにネオフォトンとフォトンドラゴンさん並べたいからね(●´ω`●)

地獄の暴走召喚+銀河の魔術師orアクセル・ライトでも脳筋アタックできるようになりましたね。

アハシマさんもランク8エクシーズに一役買ってくれます。このカードの効果に対してDDクロウなどを使用されても効果処理時に蘇生対象を選ぶので妨害されにくいところがいいですね( ´∀` )

♦タキオントランスミグレイションではなくギャラクシースパイラルの理由♦

タキオントランスミグレイションは確かに強いんですが、基本的に1回しか止めることができず、その後相手に展開されたり銀河眼さんを除去されてしまいます。

それであればそのターン中にほぼ確実に守ることができるタキオン・ギャラクシースパイラルを採用しています。

♦デッキコンセプト♦

とことん銀河眼たちで闘っていきます。蘇生札をふんだんに投入することで1回でも銀河眼を出してしまえば何回でも蘇るようにしています。

あくまでも銀河眼たちで闘うことを目的としているので展開札を多くしています。

…本当は妨害されないように対策札を入れたいのですが…そうすると「RUM」や専用サポートを削ってしまうので…(´・ω・`)

♦何気にいい戦績と感想♦

青眼・真紅眼・ブラマジ・紋章獣・オルフェゴール・サンダードラゴン・オルターガイスト・閃刀姫etc…

ほとんどのデッキに勝利を収めることができました。勝率はその都度変わりますが…オルフェゴールなど安定して制圧盤面を作れるデッキと戦う場合、先行だと5割、後攻だと4割ほどの勝率でした。

手札誘発は採用していませんが、展開ルートが増えたこととサーチなどをせず手札のみで展開することも増えたので勝率がいいのはそのためかなと思っています。

ただ…こちらに対して手札誘発を使用されるのはやはり痛いです。

環境デッキとの闘いを視野に入れるならもっとマイルドな構成にして「墓穴の指名者」などの対策を入れるべきでしょうね。

このデッキ…使用していてよくあるのが…1ターンで勝負が決まることです。

銀河眼の残光竜の登場に取って一撃の威力がとんでもないことになっています。

「ライトニング・ストーム」で相手の伏せカードを除去した後に、プライムフォトンで殴る。だけで勝負が決まることがしばしば…

それと…「レッド・リブート」はやはり必需品かもしれません(;’∀’)

誘発を食らわなくても展開前に罠カードを使われると苦しい場面が度々見受けられました。

本当は入れたいんです…でもそれを入れるよりも銀河眼さんを並べたいんです(;´・ω・)

ほかにも先行でフォトンロードを出しておくと、次ターンのための「銀河天翔」をサーチしておくことができました。

「タキオン・ギャラクシースパイラル」もサーチできました。そのほかにもデュエル中盤で出すことで安定した展開を作ってくれました。2枚でもいいような気がします。

いままでのギャラクシーフォトンとは違って「銀河眼の光子竜」が戦闘を行うことが多かったです。もう少しに詰めて除外ギミックを入れてみてもいいのかなとも思います。

……

♦銀河眼の残光竜の使い勝手♦

正直めちゃくちゃ使いやすいです。最初は2枚採用でしたが…

①サーチしなくても手札にしてほしい状況が多かった

②このカードを使用した展開が強い

③手札で腐ることがほぼない

以上の理由から3枚採用しちゃいました( ´∀` )

そのターン中に決めなくても、タキオンドラゴンの効果の発動をトリガーとしてフォトンドラゴンを特殊召喚します。その後別の展開にシフトしたり、フォトンロードをエクシーズ召喚することでサーチ+相手の妨害など幅広いルートを模索することができました。

♦このデッキの不満点♦

…「RUM」が引けないぞぉぉぉぉぉぉーーー( ;∀;)

ネオタキオン&ネオサイファーさんをもっと能動的に出せるようになりたいです…

楽しいデッキではあるものの、手札誘発+墓穴の指名者などの有名どころの対策札を一切積んでいません。もっと安定して展開するために採用したいところではあるのですが…手札誘発が手札に来すぎると銀河眼さんをそもそも展開できないこともあるのでもう少し採用は考えたいと思います。…

RUMを…RUMを能動的に引かせてください( ;∀;)

♦まとめ♦

いかがだったでしょうか(。´・ω・)?

ここまで手札誘発+対策札を積まず、エクストラデッキにこだわりがあるといっそ清々しくありませんか。

確かに…ノヴァインフィニティやプレアデスを出せるようにして…銀河眼も選別したほうが対応力や安定性が上がるかもしれません

しかし!それでも!

わたしは全ての銀河眼で闘っていきたいのです。すべての銀河眼を使用してデュエルの勝利を得たいのです。

やっぱりこの拘りは捨てることができませんね( ´∀` )

シングル戦であったとはいえ、環境デッキ相手に一方的に負けることもなく勝つこともできるということは可能性はあるということですからね。

このデッキも少しずつレベルアップしていきたいです。

…ギャラクシー&フォトンは発売してから長い年月を得て「遊戯王ZEXAL」が終了してから強化されてきました。

その都度弱点がわかりやすいため対策も立てることができますが、逆に相手にはここを止めればいいんでしょ。というのもばれているので対策カードが手札になかった場合が課題ですね。

また展開する際には基本的に2枚or3枚からの展開になるためやはり初動が少ない出来相手にはまだまだ厳しいようです。

銀河眼の残光竜の登場で課題の1つであった、大型のエクシーズモンスターは出せるけどそのターン中に決めきる力がない

はクリアできました。次は…初動問題か手札誘発に対するケアですかね(。´・ω・)?

長い目でみて克服していきましょう

以上(`・ω・´)

【中古】銀河眼の残光竜【ウルトラ】/光(A価格:880円
(2019/12/27 18:34時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。