失われし力!銀河に潜む未元物質!ダークマター( ゚Д゚) 禁止制限…恨むべし…身体の見た目がアートみたいですね…

今回は銀河眼シリーズ最後となる第13弾!

現在禁止カード(2019/11/23現在)に設定されているあのカード…そう!

「No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」


遊戯王 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン PP17-JP015 シークレット 【ランクB】 【中古】
価格:350円
(2019/11/23 14:51時点)
感想(0件)

このカードはギャラクシーアイズ唯一の闇属性です。漫画版「遊戯王ZEXAL」で天城カイトさんが使用していましたね。このカードは海外版ではゴールドシークレットが存在しています。この黒いフォルムと相まってすごくかっこいいです(`・ω・´)

このカードもギャラクシーアイズエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できます。

★効果

①エクシーズ召喚成功時にデッキからドラゴン族モンスターを3種類墓地に送り、相手はデッキから3体モンスターを除外する。

②このカードのエクシーズ素材1枚を取り除くことで相手のモンスターに2回攻撃できるようになる。

この子…本当に優秀なんです…あまりに優秀すぎて現在は牢屋の中です( ;∀;)

このカードの墓地に3種類ドラゴン族を落とすのは…なんとコスト( ゚Д゚)

この正気を疑う裁定です。コストであるためこのカードの効果が無効になっていたとしても墓地に送ることができます。

その昔…「征竜」と呼ばれるドラゴンたちがいたそうな…そのドラゴンたちは遊戯王会で頂点をとりこの世界を脅かしていた…その裏には本来まぶしい限りの光を放つはずのドラゴンが黒く染まっており「征竜」を導いていた…その後「征竜」は捕縛され世界に兵平和が訪れ、黒く染まった銀河の竜も姿を隠すようになった…

という茶番のもと、なんとか青眼デッキやその他のファンデッキなどで活躍しておりとても平和に過ごしていたあの頃が懐かしい(´・ω・`)

ある時それは突然現れました…そう…ドラゴンリンクの時代です…このカードで墓地を肥やすことで1ターン制圧盤面もしくは後攻1ターンキルなどがお手軽に…コストで墓地に送るもんだから「手札誘発」防御もできず…それによりこのカードは禁止という名の牢獄に叩き込まれてしまいました。( ;∀;)…わたしの…前銀河眼終結デッキが…( ;∀;)

しかし、このカードが禁止になりドラゴン族でも強力な効果をもつ「レッドアイズ・ダークネス・ドラゴン」も同じ牢獄に入れられたにも関わらず勢いを落とさないドラゴンリンク…ついに元凶であった「守護竜」の一角とサーチに頻繁に使用されてしまった「エクリプス・ワイバーン」を禁止にすることで衰退していきました。

…いろいろな方も言われてましたが…守護竜シリーズを禁止にするだけでよかったのでは…という意見が多々ありました。確かに守護竜1枚を禁止にすることで基本ムーブに組み込まれていたことも相まって落ち込んでいきました…

さて…早くこのカード…返してもらっていいですかね( ;∀;)

すみません、愚痴のようになってしまいました。このように効果ではなくコストによって墓地肥やしができるこれまた変わったテキストを持っているモンスターです。攻撃力4000という高打点で2回攻撃できる効果も搭載しているためただの墓地肥やし要因のみならず、相手の場を無理やりこじ開けることにも貢献しています。銀河眼唯一の闇属性であることからカオス要素を取り入れることも可能でした。

このカードはシンプルに強い効果を搭載しており、ドラゴン族デッキの起点役としてもアタッカーとしても一目置く存在です。牢獄から解放された暁にはぜひ使用してあげてください。なお、イラストはかっこよくシークレットレアはこのカードに大変よく似合っております。コレクターの方は禁止制限など関係ないのでぜひ手に取ってみてください。

それではよいデュエルライフを

(@^^)/~~~

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。