始まった11期のカード!アンデット族より新規カード!黄金に輝く!黄金卿エルドリッチ

ついに11期の遊戯王カードが発表されだしましたね。

11期の力は以下なものか|д゚)

効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻2500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、
攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

ふむ…

簡単に感想をいうと…軽いジャブくらいのカードでしょうか(。´・ω・)?

手札からこのカードと魔法・罠1枚をコストにフィールドのカード1枚を墓地に送れます。

墓地でも効果を使用できる魔法・罠とともに墓地に送ることができれば手札消費分の働きはできそうです。

また…自分フィールドの魔法・罠カードを墓地に送ることで手札に戻すことができます。

さらにその後手札のアンデット族を特殊召喚できると…

このカード自体がアンデット族なので不要な魔法・罠カードがそのまま蘇生札になるということですね。

わたしの好きな安全地帯と相性がよさそうです( ´∀` )

♦虚無空間なども対処できる♦

虚無空間や王宮の勅命など早めに処理したいようなカードでもこのカードが除去してくれます。

で…本来「サイクロン」「ハーピィの羽根箒」などで対処できない王宮の勅命ですが…このカードによって処理できる…これは良い点ですね。

♦11期にしては…♦

10期のカードに強いカードが沢山出たためか…それとも頭がマヒしているのか…決して弱いとは言えずむしろ強い効果であるにもかかわらず、何となく物足りないような気がします。

このカードは…何かのテーマカードなのかそれとも単体のカードなのか…それによってこの効果が強いものなのかがわかりますね。

♦まとめ♦

期が変わるごとに強力なカードが生まれる遊戯王ではありますが、このカードは少々控えめ…

いや、強いけど今までが凄すぎたために感覚がマヒしているのか…

通常であればあらゆる手札の魔法罠がカード1枚の除去になることはすごいことなのですが…(;’∀’)

さらに自分フィールドの魔法・罠はアンデット族限定ではあるものの特殊召喚できる効果+耐性+攻守が1000アップと優れもの。

ですが…やはり強くは感じません(;´∀`)

手札を基本的に2枚消費しないといけない除去カードと、何かを犠牲にしなくては手札のモンスターを特殊召喚できない…こう考えるとやはりカードパワーが高いとは言えないような気がします。

アンデット族自体が手札消費が激しいため相性がいいのかも謎です。

これからの新規カードに期待しましょう(`・ω・´)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。