安定したデュエルをするために…もしかしたら大量ドローができるかもしれないカードを何枚か探してみた

最近、相手がこちらのメインフェイズにカード効果を使用してくることでドローできる効果を持っている新規カード…「三戦の才」が登場しました。

で…欲を言えば2枚のドローでは物足りないわけですよ

(`・ω・´)

なぜかというと…

・展開中にサーチが少ない

・2枚以上の初動が多い

このため、たとえ2枚のカードをドローできてもそこから動けるかはわからないからです。

まあ、その2枚で次のターンまで何とか生き残ったとして…1枚初動が無い限りジリ貧になるからね( ´∀` )

欲深いんですよ|д゚)

と…いうことで1枚で3枚以上ドローできるカードを何枚か改めて調べてみました(`・ω・´)

※なお…ライブラリアンや増殖するGは省きます。※

♦1枚目♦

・超古代恐獣

まずレベル8なのでギャラクシーアイズのエクシーズ素材になれるかもしれませんね( ´∀` )

で…自分の墓地の恐竜族を特殊召喚が成功する度に1枚ドローできます。

恐竜族はだいぶ前ですが強化されていますし、蘇生カードも現代の遊戯王は多いです。

このカード自体がレベル8であり、恐竜族は安定して強いカードも多いため、恐竜族メインのギャラクシーアイズデッキを作る際には採用してもいいかもしれませんね。

♦2枚目♦

・アーティファクトーカドケウス

相手ターン中に「アーティファクト」と名のついたモンスターが特殊召喚されたときに1枚ドローできます。

フルでカードをセットしたとすると最大で4枚のドローですね。

アーティファクトには破壊効果やエクストラデッキからの特殊召喚制限効果をもったものもいますので、次のターンへ繋ぎやすいですね( ´∀` )

でも…レベルが5なのでギャラクシーアイズデッキにはあまり相性がよくありません。ほかのカードを採用して補う方法しかないため安定してドローからのコンボにはつながらなさそうです。

(´・ω・`)

♦3枚目♦

・終わりの始まり

墓地の闇属性モンスターが7種類以上の時に5枚を除外して3枚ドローできるカードですね( ´∀` )

暗黒界や未開域をメインに据えたデッキであれば簡単に7種類以上用意できます。

3枚もドローできれば、その中のサーチカードやドローカードでもっと手札を増やして展開していけるかもしれませんね。

現在(2020年4月)は制限なので、デッキに1枚…心もとないのがちょっと…(´・ω・`)

♦4枚目♦

・希望の記憶

自分フィールドの「No.」モンスターの種類分だけドローできます。

最大で6枚ドローですね。

このカードを使用する際は少し難しいところです…劣勢の状況では使うことがほとんどないでしょう…

つまり、初手やそれなりに戦えていて展開できている際に使って、相手に返された後に備えるカードであるといえますね。

ドラッグラビオンの効果で「No.」モンスターを並べた場合には2枚ドロー。

既に「NO.」モンスターが存在していればもっとドローできるため、ほかのカードで場もちを良くしながら使用したいカードです。

♦5枚目♦

・魔力の泉

最大で5枚ドローになります。正確には6枚ドローして1枚捨てるので、結果的に5枚のドローに収まります。

昔、ペンデュラムが流行って「魔術師」が多かった時にデッキに採用されることが多かったカードですね

( ´∀` )

魔術師はペンデュラムゾーンのカードを破壊しながら動くためそれを妨害しながらドローできるこのカードは最大のメタカードだったわけです。

今なら…まあ…環境次第ですがよくてサイドデッキに投入でしょうかね(*´ω`*)

♦まとめ♦

やはり3枚以上のドローとなると劣勢時には使用しにくいカードが多いですね(´・ω・`)

今回紹介したカードの中では唯一「終わりの始まり」だけが劣勢時にも有効なカードですね。

…もしかして…劣勢時に切り返せるカードではなく、コンボ中もしくはコンボの終わりに手札を補充して、次に備えれるようにしたほうがいいんですかね(。´・ω・)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。