手札1枚から!セイファート1枚からいでよ!ネオギャラクシーアイズタキオンドラゴン!!

わたし…ネオタキオンを出すことができたデュエルは圧倒していても、劣勢であったとしても最後には勝つんですよ。

所望勝率100%というやつです(`・ω・´)

…(まあ…運もよかったんでしょうね(´・ω・`))

で…最近思ったのが、ネオタキオンを出すことができれば勝てるんじゃね(。´・ω・)?

というアホ極まりない思考の元たどり着いたのが…手札1枚からのネオタキオンです!

と…いうことで…今回は仕事中に思いついた1つの展開ルートをご紹介(`・ω・´)

なんか改善案や省略可できるところが見つかればご教授していただけると嬉しいです

( ´∀` )

それではいってみよう(`・ω・´)

♦使用カードメインデッキ♦

①輝光竜セイファート

②コラプサーペント×2

③ワイバースター

④亡龍の戦慄-デストルドー

⑤幻獣機オライオン×2

⑥ジャンク・シンクロン(レベル3のシンクロンならばOK)

⑦ゾンビキャリア(レベル2であればOK)

⑧竜の渓谷

⑨リボルブート・セプター

♦使用カードエクストラデッキ♦

①リンクロス

②ストライカー・ドラゴン

③ドラグニティナイト-ロムルス

④水晶機巧-ハリファイバー

⑤幻獣機アウローラドン

⑥PSYフレームロード・Ω(レベル8シンクロならばOK)

⑦シューティング・ライザー・ドラゴン

⑧アクセル・シンクロン

⑨たつのこ

⑩武力の軍奏

⑪No.97龍影神ドラッグ・ラビオン

⑫No.107銀河眼の時空竜

⑬CNo.107超銀河眼の時空龍

♦展開ルート♦

ここからは無心で文字で書き連ねます(`・ω・´)

動画にすると1分くらいかかりますのでΣ(´∀`;)

1.セイファートNS→効果発動コラプサーペントAをサーチ

2.コラプサーペントAを特SS→ストライカー・ドラゴンSS

3.リボルブート・セクターサーチ&ワイバースターサーチ

4.ワイバースターSS→ストライカー+ワーバースターでロムルスSS→渓谷サーチ

5.コラプサーペントBサーチ、渓谷発動コストにリボルブート・セクター

6.渓谷効果でデストルドーを墓地へ送る→ロムルス1体でリンクロスをSS

7.リンクロス効果でトークンA,Bの2体SS→デストルドーをSS

8.デストルドー+リンクロスでハリファイバーSS→オライオンSS

9.オライオン+トークンAで武力SS→効果でオライオンSS

10.素材にしたオライオン効果でトークン(★3)SS

11.トークン(★3)+オライオンでアクセル・シンクロンSS→効果でジャンクシンクロンを墓地に送りレベルを8へ

12.武力+ハリファイバーでアウローラドンSS効果でトークンC,D,Fの3体をSS

13.アウローラドンの効果でトークンC,Dをリリースし、デッキからオライオンSS

14.オライオン+トークンBでたつのこSS

15たつのこの効果で手札のコラプサーペントBでシューティングライザーSS

16.ライザー効果でゾンビキャリアを墓地に送りレベルを5に下げる

17.ライザー(★5)とトークンFでPSYフレームロード・ΩをSS

18.Ωとアクセル・シンクロンでドラッグラビオンをSS

19.ドラッグラビオン効果でタキオンドラゴンを素材にネオタキオンをSS

最終盤面には…

この3体がいますね( ´∀` )

先行であれば残り手札4枚でほかに何ができるかを悩むところです。

この時エクストラデッキは13枚使用しています。でも…セイファート+バルジorネビュラのコンボはここに衛竜を入れるだけでできます。

さらに…1枚空いた枠にもう1枚ギャラクシーアイズを入れるか聖刻印をいれるか…ちょっと悩ましいところですね…

♦まとめ♦

正直なところ…上記のカードはオライオンとジャンクシンクロン以外は引いてもOKです。その場合には手札が消費されるので本末転倒な気がしますが…(´・ω・`)

あと…エクストラデッキはいいんですが、メインデッキに引きたくないカードがどうしてもでてきました。

やはりまだまだ改良が必要なようです…

しかし…今回手札1枚でネオタキオンへ繋げることができました。これは私個人としては大きな進歩です。

これから先もっと強力なカードがでる。もしくは現在禁止になっているカードが返ってくるなどの変化によって最適化していければいいなあと思ってます( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。