朽ちることを知らないカオスの力!満たされぬ魂の守護者!カオス・エクシーズ・チェンジ!

「現れろ、CNo.101!満たされぬ魂の守護者よ、暗黒の騎士となって光を砕け! S・H・Dark Knight!」


遊戯王 CNo.101 S・H・DarkKnight LVAL-JP046 ウルトラ 【ランクA】 【中古】
価格:210円
(2019/12/8 19:27時点)
感想(1件)

アニメ「遊戯王ZEXAL」にて七皇のリーダーナッシュが使用するカオスオーバーハンドレットナンバーズです。

七皇とは…こちらから→「集え七皇の力!バリアンズ!カオス!ドロー!RUM-七皇の剣」

「No.101 S・H Ark knight」を素材として「RUM-七皇の剣」によってナッシュvs Ⅳ戦にて初登場しました。

その後のナッシュがデュエルする際には必ず登場しています。ほとんどの「CNo.」モンスターは同じ数字を持っていないと主となる効果を使用できないことが基本です。またエクシーズモンスターは自身のエクシーズ素材を取り除くことでその効果を発動します。

このカードは少し変わっています。このカードの効果は…

①1ターンに1度相手のフィールド上の特殊召喚されているモンスター1体を対象に発動。そのモンスターをこのカードのエクシーズ素材にする

②墓地に「No.101 S・H Ark knight」が存在しエクシーズ素材を持つこのカードが破壊されたとき、このカードを墓地から特殊召喚する。その後、このカードのもともとの攻撃力分ライフを回復する。この効果で特殊召喚したこのカードはこのターン攻撃できない。

フィールド上に存在するときに相手のモンスターをエクシーズ素材にできる効果。この効果は「No.101 S・H Ark knight」の場合には素材を2つ取り除くことで発動できるものでした。しかし、進化先のこのカードはエクシーズ素材を使用することなく、相手のモンスターをエクシーズ素材にできます。完璧に強化されています。

また、墓地から特殊召喚できる効果も「No.101 S・H Ark knight」が墓地にいればいいので、このカードを出す際に素材にする必要がありません。

他の「CNo」よりも使いやすい条件で尚且つ 「No.101 S・H Ark knight」 自身が強力な効果を持っているため腐りにくいです。

また、このカードはエクシーズ素材を持っていれば破壊されても特殊召喚できます。特殊召喚時にはライフポイントを回復する処理が入るため、召喚成功時に発動できるタイプの罠カードは発動タイミングを逃すため発動することができません。

このカードは相手が対応できなければそのままゲームエンドに持っていくだけの力があります。蘇生する度にライフを回復し、名称ターン1ではないので蘇生する度にエクシーズ素材にする効果も発動することができます。しっかりとデッキを組んでいけば1ターン中に相手の特殊召喚されているモンスター全てをエクシーズ素材にしながらライフポイントを大きく回復することが可能です。

自分で破壊しても蘇生効果を使用できるため、「メタルフォーゼ」のように自身のカードを破壊しながらサーチするカードと相性がいいです。

♦このカードを有効活用する方法♦

①対象に取れない効果持ちモンスターの効果を無効にする。

対象に取れなければたとえ特殊召喚されていてもエクシーズ素材にすることができません。あらかじめ効果を無効にした状態でこのカードを使用しましょう。

②攻撃力を上げる効果を持つカードを使用する

このカードは特殊召喚されているモンスターには強いですが、通常召喚されていたり、効果の対象にできないモンスターで攻撃力が2900以上ある場合なにもできなくなります。「ストイック・チャレンジ」などで攻撃力を強化しましょう。

③自身で破壊する効果を持っているカードと組ませる

「メタルフォーゼ」など自身で簡単に破壊しながら展開していくようなカードと相性がいいです。相手の場に特殊召喚されているモンスターが複数いればサーチしながら相手の場を荒らすことができます。

④墓地をケアする

蘇生するために1度墓地を経由します。その関係上当然墓地除外カードが刺さります。いかに除外されないようにするかがカギになります。もしくは、除外ゾーンからも特殊召喚できるようにしておけば無駄なくこのカードを活かすことができるでしょう。

♦このカードの弱点♦

①「バウンス」・「除外」効果に弱い

このカードは効果の特性上、当然「バウンス」「除外」には弱いです。あくまでも破壊されて墓地に送られる必要があるため、破壊せずバウンス、除外されてしまうとこのカードの効果を使用できなくなります。

②相手ターン中に複数回破壊される

自分のターンであれば蘇生後に相手モンスターをエクシーズ素材にすれば、再度破壊されても蘇生することができます。しかし、相手ターン中にエクシーズ素材を増やす方法はあるにはありますが、このカード自身がエクシーズ素材を増やす効果を持っていますので採用するプレイヤーは少ないでしょう。そのため、蘇生後に破壊されてしまうとエクシーズ素材を持っていないので蘇生効果が使えずに完全に破壊されてしまいます。

③墓地の「No.101 S・H Ark knight」を墓地から離される

蘇生効果はあくまでも墓地に 「No.101 S・H Ark knight」 が存在していることが前提であるため、除外されたりデッキに戻されるなどして墓地から離されてしまうと蘇生効果が使用できません。

④対象に取れないモンスターはエクシーズ素材にできない。

エクシーズ素材にする効果は対象に取るものです。「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」のように特殊召喚されていることが前提のモンスターでも、このカードよりも攻撃力が高く、対象に取れないモンスターに対してはこのカードのみでは太刀打ちできません。何かしらのカードで補助しなければ一方的に破壊されてしまいます。

♦このカードの対処方法♦

上の弱点にも上げています。

①バウンス・除外

②対象に取れないモンスターを出す。

③墓地の 「No.101 S・H Ark knight」 を墓地から離す

④1ターン中に複数回破壊すること

この4つです。決定的にまずいことがあります。環境デッキや環境デッキではないデッキにも採用されることがあるカード…そう(`・ω・´)

「幽鬼うさぎ」が超絶苦手なんです(´゜ω゜`)プルプル

基本的に場で発動する効果であるこのカード…当然狙い撃ちされます。

また特殊召喚する効果であることから「神の通告」「神の警告」など採用されることが多いカードがそのままこのカードのメタとして働いてしまいます。

墓地が手札と言われいる遊戯王ですから、当然墓地に対するメタカードは複数採用されています。

「墓穴の指名者」はトップメタカードといえるほどこのカードに対して相性が悪いです。

上でも書きましたが、墓地除外に対する対策が必須となります。もしくは除外されても展開できるようにしておきましょう。一応相手ターン中に相手がこのカードの除外を考えているのであれば、サイドデッキに入りやすい「アーティファクト-ロンギヌス」はこのカードを助けてくれます。

♠総評♠

総じて汎用性は高く、いろいろなデッキと対戦したとしても腐ることが少ないく活躍が期待できるカードです。しかし、他のカードへのメタカードがそのままこのカードのメタカードとして働くため、現環境化(2019.12現在)でこのカードを使用し勝利を収めるためにはそれ相応の対策が必須となります。

また「RUM」を使用して特殊召喚する必要があるので「RUM」を引き込むことができなとそもそもこのカードを出すこと自体ができません。一応レベル5モンスター×3体でもエクシーズ召喚できますが、その場合「No.101S・H Ark Kmight」を墓地に送る必要が出てきます。しっかりとデッキを練りこんでいきましょう。

以上(`・ω・´)

(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。