真のドラゴン使い!ミザエルが頑張ったら!ミザエル風デッキ紹介!愛するタキオンドラゴンとともに…

はい!銀河フォトン=カイトをイメージしてデッキ紹介をしたのならば…当然この人をイメージしたデッキも紹介せねばいけませんね

(`・ω・´)

★ミザエルフォーエバーデッキ★

♦エクストラデッキ♦

タキオンドラゴンの記事はこちらから↓

宇宙を貫く雄たけび

ネオタキオンの記事はこちらから↓

永遠を超える龍の星

♦このデッキのこだわり♦

その①真のドラゴン使いであること

ミザエルといえば…真の銀河眼使いといったりドラゴン使いといったり…あやふやなところもありますが、ドラゴン族モンスターしか使用していません。

このデッキも同様です(`・ω・´)

メインデッキ・エクストラデッキともにすべてのモンスターがドラゴン族で形成されています。

その②ミザエルが使用した魔法・罠

あまり採用されることが少ないですが…

1.銀河の施し

2.時空混沌渦

の2枚を採用しています。このデッキでは基本的にタキオンドラゴンが簡単に召喚できます。

そうでなくてもタイタニックギャラクシーも立ちます。

その都合上この2枚は発動できる機会が多く、アニメのようなことができるようになります。

銀河の施しはバトルフェイズ終了後に使用すればデメリットがありませんし、手札に引いてしまった「RUM-七皇の剣」を捨てることができます。バルジやアージェントカオスフォースは墓地でも仕事ができるのでコストとして優秀です。

その③RUM!

当然のように七皇の剣は入れています。引けないと悲しいので3枚採用!といいたいところではあったのですが、七皇の剣に頼らなくてもネオタキオンを簡単に出す方法が昔よりも増えているため2枚に自重しました(´・ω・`)

また銀河の施しのコストにも優秀なアージェントカオスフォースも採用しています。このカード1枚で2回カオス・エクシーズ・チェンジ(`・ω・´)

といえるので効果も優秀です。

♦リサーガム・エクシーズ♦

はい!永続罠です。このカードがあれば自分のエクシーズモンスターの攻撃力が800もアップします。

重要なのはこの後…なんと手札の魔法カード1枚を捨て、自分フィールドのエクシーズモンスター1体を対象にすると…

同じ種類のランクが1つ高い「CNo.」か「CX」モンスター1体を対象の上に重ねてエクシーズ召喚扱いで特殊召喚できます。

(`・ω・´)

ただし、捨てた魔法カードが「RUM」でなかった場合、特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のエクストラデッキに戻りますが…

引いてしまった七皇の剣でランクアップできるようになりました!

(●´ω`●)

これはすごくうれしいことです。

♦手札2枚で1ターンキル♦

銀河フォトンは銀河眼の残光竜の登場によって手札2枚でプライムフォトンによる1ターンキルできるようになりましたね!

銀河眼の残光竜の記事はこちら↓

闇の中に残る残光!破格の性能!アフターグロウ!

プライムフォトンさんの記事はこちらから↓

銀河眼シリーズ第3弾!銀河究極龍!

しかし…ミザちゃんもできますよ(`・ω・´)

ネビュラorバルジ+セイファートですね!

汎用性もあります!

聖刻印のところは銀河衛竜にすれば大ダメージへこのままだと相手に対する妨害ですね。

タキオンドラゴンをネオタキオンにすれば相手のモンスター3体に攻撃しながら1ターンキル…もしくは大ダメージです。

タイタニックギャラクシーにすれば魔法カードの妨害ですね( ´∀` )

♦欠点♦

この1ターンキルは銀河衛竜とネオタキオンの複数回の攻撃によって成り立っています。つまり…

相手の場に複数体モンスターがいないと1ターンキルにならないかもしれない!

ということです。

銀河衛竜の効果を使用するとネオタキオンやタキオンドラゴンの攻撃力は10700!

しかし戦闘ダメージは半分です。このまま直接攻撃しても5350のダメージにしかなりません。

相手のモンスターを複数体攻撃できない状況ならばこのコンボは不可能なのです。

(´・ω・`)

♦改造案♦

①ブラックガーデン

上の盤面まで行くのに複数回の特殊召喚を行います。相手の場にモンスターがいないと1ターンキルできないのであれば…

モンスターを準備すればいい(`・ω・´)

銀河衛竜の効果は「No.」の数字×100になる!なのでネオタキオンの攻撃力が2250になっていたとしても10700になります。

相手の場には攻撃力800のトークンが複数体いますので1ターンキルになりますね

( ´∀` )

②ドラゴンリンク要素

セイファート1枚からの展開を増やすためにドラゴンリンクの要素を入れます。

当然エクストラデッキが大きく変わりますが、現状はいているカードも使用しますのでタキオン、ネオタキオンは残すことができます。

♦2020年4月以降の改造♦

このコンボはリンクモンスターが鍵を握っています。

しかしこのコンボはセイファートが必ず必要になります。

手札にバルジ+ネビュラがいたとしてもセイファートがいなければ展開できません。

まあ…4月以降はラビオンをそのままエクシーズ召喚しメインモンスターゾーンにネオタキオンを展開できます。

ラビオンの効果発動前にモンスター1体を出しておけば3回攻撃はできるのでまあ…このままでもある程度は大丈夫かと思います。

♠カオス要素♠

このデッキには終焉龍が入っていますが…それ以外の除外して特殊召喚できる系のモンスターが入っていません。

レヴィオニアを入れることで特殊召喚とハンデス効果を使い分けることができるようになります。

竜の霊廟も追加ですかね(。´・ω・)?

♦ガチデッキ化も可能♦

このデッキはミザエルがコンセプトになっています。そのために採用しているカードも!これは見てもらえばわかると思いますが…

それらを抜いて手札誘発を入れたり、タキオン・ギャラクシースパイラルやミグレイションを減らして相手に対する汎用妨害系を入れるのも手ですね。

エクストラデッキにはタキオンドラゴンが3枚採用しています。

しかし、ラビオンを使用したコンボは1回ほどしか使用しません。つまり、こだわりがなければタキオンドラゴンたちは複数枚は必要ないということですね

(´・ω・`)

同じような理由でラビオンからネオタキオンを出すならば、RUMは不要となりますのでメインデッキに枠が空きますね。

♦まとめ♦

今回はミザエル風のデッキを紹介しました。アニメで使用したーカードたちは相手に依存しているカードばかりでした。

2019年に公式もミザエルをイメージした…と謳っていたカード…セイファート、バルジ、ネビュラと相手に依存しないカードをもらえ大幅に強化されました( ´∀` )

しかし…そこからできる1ターンキルは…相手に依存しているという…

悲しい(´・ω・`)

最初は攻撃力10700になるから仕方ないか…と思っていたのですが…その後に登場した銀河眼の残光竜によってそんな考えは吹っ飛びましたね(`・ω・´)

まあ…あちらはカイトをイメージしたとは考えずらいのですが…ドラゴンだからミザエル風にも採用できそうです|д゚)

2020年4月からは採用していきます。タキオンドラゴンとは相性抜君ですからね

(`・ω・´)

2020年4月からはカイトとミザエルが手を組むのです!

こらそこ!銀河フォトンのままのほうが回るとか言うことはやめたまえ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。