維持できれば劣勢も弾き返せるかもしれないカード。「リボルブート・セクター」サーチがお手軽!効果も優秀!!

たった1枚のカードで強力な効果を持っているものが遊戯王には存在しています。

相手のフィールドを直接壊滅できる「拮抗勝負」やどちらか限定ですが「ライトニング・ストーム」のような直接相手のフィールドに影響を与えるカード。

その他にも大量ドローも限定的ではありますが存在しています。

で…今回の「リボルブート・セクター」は…こちらも限定的ではありますが、展開補助できるカードです。

こちらです(*´ω`*)

ヴァレットを使用されている方にとってみれば必須のカード。

ヴァレットを使用していなくても「ストライカー・ドラゴン」を展開に使用している場合にはコストのみの目的で採用されることもありますね。

♦2つの展開できる効果♦

今回の「リボルブート・セクター」はやはりといってもいいように2つ効果を持っています。

ただし…1ターンにどちらか1つしか発動できません。

ついでにフリーチェーンでもないので自分のターンも弐で使用できます。

①手札のカード名が異なる「ヴァレット」モンスターを2体まで特殊召喚できる

②相手のフィールドのモンスターが自分フィールドモンスターの数よりも多い場合、その差分だけ墓地からカード名の異なる「ヴァレット」モンスターを特殊召喚できる

この2つですね(*´ω`*)

♦限定的でも強力な効果♦

2つともある程度限定的な条件でしか使用できません。

しかし…1つ目の効果に関してはデュエル序盤~中盤までは発動しやすいです。

そのため、2体特殊召喚からの展開補助には十分です。

で…2つ目の効果はデュエル中盤~終盤に使用しやすいですね。

墓地にヴァレットモンスターが存在している状況であれば、このカード1枚で最大5体のヴァレットモンスターを特殊召喚できます。

♦お手軽にサーチできる♦

さて…「リボルブート・セクター」はフィールド魔法です。

なので例によって「テラ・フォーミング」や「メタバース」によって呼び込むことができます。

このカードに関しては専用のサーチカードが存在していますね。

この子ですね(*´ω`*)

リンク召喚に成功した場合に「リボルブート・セクター」1枚をデッキからサーチできます。

ストライカー・ドラゴンはレベル4以下のドラゴン族1体でリンク召喚できます。

そのためレベル4以下のドラゴン族を特殊召喚できるカードすべてがストライカー・ドラゴンに繋げることが可能です。

なので…

・竜の霊廟

・クイックリボルブ

・ワンフォーワン

・予想GUY

etc…

上記のようなカードは結果レベル4以下のドラゴン族を特殊召喚できます。たとえデッキに1枚しか「リボルブート・セクター」を採用していなくても、上記のようなカードを採用していればほぼ確実にサーチできますね

( ´∀` )

♦ヴァレットデッキで大活躍♦

ストライカー・ドラゴンをお手軽に出せて、無駄なく効果を使えるデッキと言えば…

ヴァレットデッキですね(`・ω・´)

ストライカー・ドラゴンの2つ目の効果も無駄なく使用できます。

また…リボルブート・セクターをヴァレットデッキに採用しておくことでクイックリボルブ1枚からレベル6~8の闇属性シンクロモンスターをシンクロ召喚できます。

この子を使いますね(*´ω`*)

今のところのお勧めは…

まずはサーチ&墓地肥やしができるこのカード。

攻撃力も3000あるのでなかなかの戦力です。自己蘇生もありますからね。

あとは…やはりといえばそうなんですが、

このこですね(*´ω`*)

ヴァレットデッキではエクストラにヴァレルモンスターが入ることが多いです。

まあ…クイックリボルブ1枚から出した場合無効化効果は1回しか使えませんが…( ゚Д゚)

ほかにもレッドデーモンズ系やベエルゼなんかも出すことができるのでお好みに合わせて採用するといいですね

(*´ω`*)

♦アニメのような熱い展開ができそう♦

リボルブート・セクターの2つ目の効果はどうしても相手依存と言わざるを得ません。

でも…中盤以降にこのカードをいかにキープしてアドバンテージを取っていくか…

すごく駆け引きが大切な熱い展開ができます(`・ω・´)

さらに…

相手に自分の盤面を返されたとしても、リボルブート・セクター1枚を死守できていればエクストラデッキ次第でもありますが逆転も可能…

ドローに一喜一憂しなくてもしっかりとアドバンテージを取っていけば最初から最後まで安定したデュエルができますね。

それにしてもこのカード…リボルバーの装填部分にヴァレットモンスターがいますが…

かっこいいイラストですね(*´ω`*)

(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。