自分で使ってみて…便利すぎたヴァレルエンド&デリンジャラスのコンボ!!無効にしながら相手モンスターを処理!!

はい短い記事(`・ω・´)

結論:対戦してくれる友達って大切

最近使っていて…まあ…たまたま決まったコンボだったんですが…

あまりに気持ちよく決まったので書いてみようかと( ´∀` )

ヴァレットを使っていて…まあとりあえず強いし…ヴァレットを特殊召喚できるしで入れてみたんですよ…

ヴァレルエンド(`・ω・´)

戦闘と効果破壊に対する耐性を持っています。

しかも、相手モンスター全てに攻撃できる処理能力の高さ…

さらにさらに!

フィールド上の効果モンスターと墓地のヴァレットモンスターを対象に、フィールド上の対象にしたモンスターの効果を無効に。

墓地の対象にしたヴァレットを特殊召喚できます。

相手はこの効果にチェーンできません。

素晴らしい(*´ω`*)

相手のモンスターの効果を安心して無効にできるだけでなく、展開までできます。

「ヴァレル」リンクモンスターを隣にでもたてておければさらに相手に圧力をかけていけますね。

♦デリンジャラスの特殊召喚能力♦

このドラゴンはドラゴン族・闇属性2体でお手軽に出せるリンクモンスターです。

ヴァレットであれば簡単に素材を用意できます。l

それだけでなく、このドラゴンは墓地に存在している場合にヴァレットモンスターを特殊召喚した際に効果を発動します。

墓地から自己蘇生してきます。

この自己蘇生を活かして、ヴァレット・トレーサーとコンボで「ヴァレル」リンクモンスターまで繋げれます。

♦ヴァレルエンド&デリンジャラス♦

さて…ここからなんですが…

ヴァレルエンドの効果で相手が展開しようとしたところを無効にして展開を防ぎます。

この時、ヴァレルエンドの効果で自分のフィールドにはヴァレットモンスターが特殊召喚されますよね。

この特殊召喚に反応して、デリンジャラスを特殊召喚します。

この時なんですが…たまたま相手が攻撃宣言等をせずにターンエンドしました。

ここでもう一度デリンジャラスの効果を見てみましょう。

デリンジャラスにはもう1つ効果があります。

相手のエンドフェイズ時に攻撃宣言していないモンスターを破壊できます。

この効果が発動して相手のモンスターを処理したわけです。

♦次ターンにヴァレルリンク♦

もしも…ヴァレルエンドで特殊召喚したモンスターがヴァレットトレーサーであった時…

実際にあったんですけどね|д゚)

ヴァレット・トレーサーでデリンジャラスを破壊して他のヴァレットを特殊召喚しておきます。

自分のターンに片方のヴァレットで守護竜ピスティを

もう1体のヴァレットでストライカー・ドラゴンをリンク召喚します。

ピスティの効果で除外されたデリンジャラスを特殊召喚。

これでリンク4を召喚権も手札も使わないでリンク召喚できますね(*´ω`*)

この時既に効果を使用したピスティを対象にヴァレルエンドの効果を発動すれば後続も用意できていいですね

(*´ω`*)

♦まとめ♦

デッキを実際に回していると思っていもいなかったところでかみ合うことってありますよね。

|д゚)

で…悲しいことに突然発見したコンボが組みたかったコンボより強いことも…

やはりデッキは実際に何回もデュエルしてみないと調整ができないので…

対戦相手って大切なんだなぁ…と感じました(*´ω`*)

作文ではありません(`・ω・´)

(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。