遊戯王カードコレクターの一面も持つわたしのカードにおける重要点。コレクションで1番大切なのは…思い出はプライスレス!!

遊戯王カードをプレイするだけではなく…コレクションもしております

(*´ω`*)

で…

個人的にコレクションするカードで自分にとって一番何が重要であるのか…

それは…

そのカードがどれだけ好きなのか?

わたし個人としてはこれにつきます。(`・ω・´)

正直…値段なんか気にしません。手に入るときには安ければすごくうれしいですけど( ´∀` )

コレクションの一部です( ´∀` )

このほかにもいろいろなカードがあります。

ときにはファイリングしたり…ときにはケースに入れたりして暗所で保管しています。

で…仕事で疲れて帰ってきた後…お風呂に入り…コレクションを眺めてホッとしています( ´∀` )

さて…1番重要なところは好きであるところ…と言いましたがここでの好きとは…

決して値段ではないこと(`・ω・´)

そのカードのイラストや光方…または遊戯王公式本にある物語が好き…そんなところです( ´∀` )

なので…

このカードも大好きなんです( ´∀` )

アニメでも活躍しており、ラストデュエルでも輝いていました。

このカードのレリーフは確かに値段は安いものですが…この羽のしわ1枚1枚に細かなレリーフ…

傾けるとその熱さが伝わってくるような背景…そしてそのすべてが引き立てているこのボディ…もう最高ですね

( ´∀` )

こういった少しマニアックなカードも好きですね

(*´ω`*)

昔の私のデッキのエースカードです。

このカードは背景は光っているものの本体は光っていません。

しかし、杖と頭部の宝石のような1部のみが背景とともに光っています。

この何とも言えない感じがいいですよね

このカードのイラストなんか最高ですね( ´∀` )

大好きなネオタキオンが見えます。また光輝く渦の中から漏れ出す光が時空をうまく表現しているように見えます。

たまに思うのが…こういったカードのレアリティをあげてキラキラと光らせてほしいとも思います。

絶対に合うと思うんですよね(`・ω・´)

米版ではスーパーレアがありますけど…

この渦あたりをうまく再現してほしいのでウルトラやシークレットではなく、レリーフがいいです(*´ω`*)

まあ…ただの願望ですけどね(´・ω・`)

♦値段では測れないことがある♦

よく…

「このカードは限定品で手に入らない」

「昔はあれだったが今では値段が凄いから」

このような理由でコレクションしている方もいます。

あとは…固有のカードが好きというよりも遊戯王という1つのジャンルが好きという方。

まあ…いろいろな方がいますのでそれも1つのコレクターの形なのでいいと思います。

わたしは値段よりも…思い出派です(*´ω`*)

ちいさいころにデュエルで使用していて、傷がついてしまっているカードもわたしの大切なカードの1枚です。

今の私がこの子をデュエルで使用するのならば間違いなくスリーブに入れますけども(´・ω・`)

なんせ小さいころに使用していた相棒です…

無知って怖いですね(´・ω・`)

でも好きなカードであることに変わりはなく、確かにところどころ傷ついていますけどそれはこのカードとともに歩んできた思い出でもありますからね

(*´ω`*)

大切にしていきます。

この子はショップですごく安き売られていた子です。↓

どうやらこの子もところどころ傷がついていて…この子の隣に綺麗なこの子と同じカードがあったんですよ。

…両方買いましたね( ´∀` )

この子は元祖ギャラクシーアイズ!

発売前に週刊少年ジャンプの裏表紙を飾っていた時から運命を感じておりました。

保護欲を駆り立てられて…買っちゃった(*´ω`*)

♦わたしのコレクションは…♦

わたしのコレクションには好きなカードしかありません。

嫌いなカードも滅多にないんですけどね( ´∀` )

それと…だいたいコレクションっていうときれいなカードやそれなりに高価なカードをイメージする人たちもいると思いますが…

わたしのコレクションは上でも書いたように好きなカードです。

それと…

思い出の詰まったカードです!

ここ重要(`・ω・´)

価値観は人それぞれなのでなんとも言えませんが、わたしにとってのコレクションの価値とはそのカードがいかに好きで、そのカードのどこが好きで、見ていてどう感じて、それでいて思い出もある…

そんなカードたちなんですね( ´∀` )

当然…新しいカードが増えることもあります。

その時の決め手は…アニメでかっこよかった。

イラストがきれいなど理由は様々ですけどね。

好きなカードを眺めることができる。ときにはデュエルで使用することもある…

そんなカードたちがわたしのコレクションであり、宝物です

( ´∀` )

( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。