遊戯王デッキに複数積んでいるカードのレアリティを合わせる必要性について

短いですからね|д゚)

遊戯王はルール上同じカードは3枚入れることができますね。

最近では1枚のカードで複数のレアリティを持っているカードが増えました。

今回はデッキに採用する上でレアリティをどうするのかを考えていきます。

♦デッキ内のレアリティを統一する理由♦

①相手に情報アドを提供しないようにするため

メインデッキの話をしていきますと…様々な方がいますね。例えば…

「銀河眼の光子竜」を3枚採用したとします。

3枚の内訳をウルトラレア1枚、レリーフ1枚、シークレット1枚とするともし、サーチした「銀河眼の光子竜」がウルトラレアとします。

その後手札から使用した「銀河眼の光子竜」がレリーフだとしたら必然的にウルトラレアの「銀河眼の光子竜」とレリーフの「銀河眼の光子竜」がデッキに入っていることが相手にばれてしまいます。

またサーチしたレアリティと別のレアリティを手札から使用してしまうと手札が1枚ばれている状況になってしまいます。

これが魔法・罠であったとしても同じことで、サーチした魔法カードがウルトラレアでもともと手札に持っていた魔法がレリーフ…サーチしたほうを使用しなかった場合には相手に情報を提供してしまうわけです。

エクストラデッキもある程度関係ある

当然エクストラデッキにも同じことが言えます。

同じカードでもレアリティが違うと…マッチ戦では1戦目と2戦目で出てきたレアリティが違う→複数枚投入しているのでは?…

と考察されてしまいます。

♦身内戦ではあまり関係ない?♦

当然関係ない場合もあります。

たとえば…海馬デッキ(`・ω・´)

と友人が言っていた場合、どのようなことを想像しますか?

おそらく青眼の白龍が3枚入っていることを想像しませんか(。´・ω・)?

その場合、すでに相手にばれていますよね( ´∀` )

身内ではデッキ内容どころかレアリティまでばれていることはあるあるです。気にしても仕方ないのです。

身内戦以外でも「ドラゴン目覚めの旋律」で同じカードを2枚サーチしたとき、そのレアリティが異なっていても同じであったとしても、すでに相手公開している情報なのでどうでもいいんですね。

♦実際見栄えの良さを考えると個性が出る♦

大会などではなく、あくまでも楽しくデュエルしたい人などでたまにデッキを広げてみるときに見栄えを気にする人もいます。

並べたときに、全て統一したレアリティよりもバラバラのほうがいいって人もいるかもしれません。

統一されているほうが雑味は少なくなり、きれいに見えて好き…という人もいるでしょう。

♦まとめ♦

結論をいうと…

大会以外ではあんまり関係ない(`・ω・´)

大会では少しのミスで敗北につながることが多々あります。

手札湯発芽ほぼ必ず採用されている時代ですから手札の情報はそのままそのデュエルの勝敗を決めてしまいます。

しかし、フリーや身内戦では楽しくデュエルしたいですよね。

自分のデッキを眺めて楽しむ人もいます。

3枚同じカードを入れるけど1枚1枚に個性を出したければレアリティを変えるのがわかりやすい。

並べたときに統一感を出したいときや、デッキ全体のレアリティを上げようと思うとこれまた統一しますね。

つまり…各々の個性でレアリティを統一するかばらけさせるかをきめればOKだと思います( ´∀` )…

今回は短いですが…以上(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。