遊戯王デッキ構築必須カード!手札誘発の2枚看板!可愛い娘と増え続けるG

今回はあらゆるデッキに採用されている手札誘発2枚について記事にしていきます。

「灰流うらら」 可愛い( ´∀` )

「増殖するG」 黒光りする…家庭にもよく出る…G…プルプル(゜゜)

なぜこの2枚について記事にしているのか…それは今後記事にしていく「デッキ構築」と「好きなカードで勝つための構築方法」において頻繁に出てきます。そして超えないといけない1つの壁です。なのでさきに記事にしました( ´∀` )

♠「灰流うらら」

遊戯王 灰流うらら RC02-JP009 アルティメット 【ランクA】 【中古】価格:1,950円
(2019/11/26 18:18時点)
感想(1件)

はい( ´∀` )可愛い。それはそれとしてこのカードは特に理由がない限りファン・ガチ問わず採用されているカードです。このカード1枚であらゆるカードの動きを止めることができます。

このカードは…

●デッキからカードを手札に加える効果

●デッキからモンスターを特殊召喚する効果

●デッキからカードを墓地に送る効果

以上の3つの発動を無効にすることができます。これだけ聞くだけで見た目に似合わない強さがにじみ出てますね(;’∀’) 遊戯王において、ドロー・サーチ・墓地肥やし・リクルートはアドバンテージに直結するものです。それを無効にしてくる…恐ろしいですね。その強さゆえに採録が数回されているのに高額で取引されています。

「強欲で貪欲な壺」や「左腕の代償」などの馬鹿にならないコストを払う必要があるカードも無効にしてしまうため、マストカウンターされるととんでもないことになります。自分が使えば大きな戦力となってくれますが、当然相手も使用してきます。当然です。環境デッキではこのカードを使われてもほかの展開ルートが用意されていることが多いですが、ファンデッキやネタデッキと言われているデッキ、大会で上位に残れていないデッキなどは初動をつぶされるだけで展開が難しくなってしまいます。(´・ω・`)

相手はガンガン展開して制圧してくるのにこちらは全く展開できず、あらゆるルートをつぶされて全然デュエルと思えない…ここが勝利を強く求める人と楽しさに重点を置く人がともにデュエルできないと思われている点だと思います。

例に挙げますが、たとえばファンデッキでは展開ルートを「灰流うらら」で止められたくないがためにこのカードの対策カードをいれようと考えます。しかし、引けなくては意味がない。よって枚数を稼ぐ必要があります。ここで問題が起きます。対策にばかりデッキの枠を取っているがために初動が安定しなくなり、自分が思い描くデュエルができなくなります。ただでさえデッキパワーが違う中でさらにこのカードで展開を止められる……(´・ω・`)悲しい…このためにファンデッキはファンデッキ同士で、フリー環境では相手にデッキパワーを聞くなどが一種の対策として出てきているのでは…

このカードは現在(2019/11/26)準制限カードです。つまりデッキに2枚入れることができます。後で紹介する「増殖するG」は3枚投入できますので、合計5枚のデッキの枠を取るわけですね。それだけの強さがありますが(;’∀’)

さて、ただしこのカードでも無効にできないカードはあります。

♦コストでデッキからカードを墓地に送ること

これは「カードガンナー」「ギャラクシーアイズ・ダークマタードラゴン」などがこれにあたります。

♦テキスト内に●で表現されているような効果

ちょっとわかりにくいですが、「チキンレース」がこれにあたります。

まあ…ほとんどのカードに対してのメタカードになりえるので冒頭でも書いた通りよほどの理由がなければ採用が決定されるカードです。

②「増殖するG」


遊戯王 増殖するG ノーマルパラレル SR09-JP018 地属性 レベル2価格:990円
(2019/11/26 18:48時点)
感想(0件)

うん…1匹みたら100匹はいると思え…黒光りするあやつですね(;^_^A

このカードの効果は単純明快!手札から墓地に送ることで発動でき、発動ターンの間相手が特殊召喚する度にデッキから1枚カードをドローできるというもの。

強いですね。相手が特殊召喚する効果を発動→チェーンしてこのカードを発動

とやるだけで1枚ドローできますのでプラスマイナスゼロ…そこから相手が特殊召喚する度に1枚手札が増えるわけですからアドバンテージの塊だともいえるでしょう。ここで相手が特殊召喚しなくなったとしても展開を止めているわけですからメタカードとしての役割も果たしています。

シンクロ・エクシーズ・リンクに特化したデッキの場合、複数回の特殊召喚が前提でデッキが組まれることがほとんどです。よってこのカード1枚で展開と止められる。または相手に大量のアドバンテージを与えてしまいます。

逆に自分が使えば大きなアドバンテージになりえます。ファンデッキであったとしてもうまくいけば大量の手札を得ることができますので、次の自分のターンでは一気に攻めることができます。

このカードの胆は「特殊召喚する度に」というところです。

特殊召喚する度なのでペンデュラム召喚の場合には複数体を同時に特殊召喚しているので1枚だけのドローです。

「RUM-七皇の剣」の場合、特殊召喚し、その後再び重ねて特殊召喚することになるので、2枚ドローすることになります。

(おのれ…わたしの七皇の剣が…(´・ω・`))

このカードはドローする効果であるため、「灰流うらら」に無効にされます。悲しいことにデッキに必須レベルのカードでメタられます。

今回簡単に説明した上記の2枚は対策方法はもちろんあります。

♧墓穴の指名者

遊戯王 墓穴の指名者 FLOD-JP065 ノーマル 【ランクA】 【中古】価格:650円
(2019/11/26 19:31時点)
感想(1件)

対応するためのカード代表です(`・ω・´)

このカードは除外したカードの効果を無効にすることができます。相手が上記の2枚を発動した際にこのカードを発動すれば無事に自分の展開につなげることができます。

また、相手の墓地の再利用してほしくないカードを除外することもできるので臨機応変に使用することができます。手札誘発を打たれたくない!苦手なモンスターが明確にいる場合には採用です(`・ω・´)

速攻魔法なので相手のターンでも使用できるのがgoodです!

しかし、次のターン終了時まで使用できないので自分のターンに「灰流うらら」「増殖するG」に使用した場合には自分も無効になってしまう点には注意です。

「灰流うらら」に関して言えばなかなか対応が難しいです。1ターンに1回しか発動できないため1ターン中に複数回のサーチができる。複数回のドローができるような構築の場合にはある程度ごり押しはできます。しかし、手札が良くない場合には厳しい状況になります。上記カードでの無効を視野に入れないのであれば「チキンレース」のような無効にされないドローソースを中心に組むのも1つの手段かもしれません。

もしくは「ハイランダー」でいけば通常のファンデッキ・ネタデッキよりはダメージが少なくて済む場合もあります。

「増殖するG」の場合には…相手のデッキ次第では自分が使用するときも注意が必要です。効果を発動してしまうと、相手が特殊召喚する度にカードをドローすることになります。よって特殊召喚をアホほど繰り返せるようなデッキに当たった場合にはデッキ切れを起こしてしまい負ける可能性があるのです。

これを利用します。「レバライダー」のようにプレイヤーの任意で無限ループを組むことで相手のデッキ切れを狙うことです。

また、「増殖するG」は墓地に送って発動する必要があります。「マクロコスモス」など墓地に送ることができないような状況を作ることで手札で腐らせることができます。

今回、簡単に2種類の手札誘発を記事にしました。これは別で記事にする予定の「好きなカードで勝つ方法とデッキ構築」という記事のために書きました。頻繁にこの2枚が出てきます。それほどあらゆるデッキに採用されているのです。そして採用されるほどあらゆるデッキに刺さるわけです。デッキパワーが負けているデッキで何とかして環境デッキから勝利をもぎ取るためには越えなければいけない1つの壁…それがこの2枚です。

この2枚については対応の仕方、それに適したデッキ構築として記事にしたいと思いますのでそちらを読んでみてください(`・ω・´)

まだ書いている途中ですけど(`・ω・´)

それではよいデュエルライフを

(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。