遊戯王!禁止制限に引っ掛かっている効果を3つも持っている新規カードが登場!銀河眼使いに嬉しい灰流うららをケアしながらのドロー効果!!

うん…発動条件をみるにいつでも使えるわけではないけれど…これは…銀河フォトンや銀河眼使いにとってはとてもいい効果を持っている新規なんじゃないですかね

(。´・ω・)?

・三戦の才

発動条件はこちらのターン中に相手がカードの効果を使用すること…

つまり…

・灰流うららによる妨害

・増殖するGによる特殊召喚制限

・無限泡影による妨害

ほかにもありますがこれらが全てが該当します。

銀河フォトンのマストカウンターは上に紹介されたカードによる妨害が1番大きいです。

銀河フォトンの場合には、サーチ等は無効にされてしまうかもしれません。

しかし…その後に2枚ドローできる可能性があるため、妨害された後でも巻き返しができる可能性が出てきました。

♦銀河眼使いの強い味方♦

わたしのほかの記事にもしつこいように書いていますが…

銀河フォトンにしてもミザエル風のデッキにしても…いずれにしても手札の枯渇が問題であると…

で…うまく展開できても最低でも2枚消費…相手に1回でも妨害されようものならば、展開後に手札が残りません。

今回のこの「三戦の才」はこの問題を少しは解決できる能力を持っています。

♦なんだかんだで使用されないのでは?♦

はい、この手のカードでたまに議論されることですが…状況が相手依存であったり、発動後に効果が反映されるまでに時間がかかるようなカードは…

「実際に出てみるとあまり使用しなかった」なんてことがありますよね

(。´・ω・)?

このカード。発売前にはこのカード1枚で3枚ものカードを手札に加えることができる。加えるカードは裏側で除外するため、発動さえ無効にされなければ3ターン後には安定して手札が増えます。

時間はかかりますが、1枚が3枚になるためアドバンテージを得ることができます。

で…実際に登場してみると…やはり時間がかかりすぎることが足を引っ張り前評判ほど使用されることなく話題にならなくなりましたね。

♦なんだかんだドロー効果を選びそう♦

効果を3つも持っているこのカードですが…

やはり登場前の段階ではドロー効果が1番使いやすいイメージがあります。

また個人的には「灰流うらら」や「墓穴の指名者」によって展開を妨害されることが1番厳しいです。

その後に2枚もドローできる…これならばドローによって後続を何とか出来る…希望が生まれそうなので、なんだかんだドロー効果のみを使いそうです。

♦採用枚数は?♦

これも悩むところですよね。

結果から言うと…

2枚ほどがいいのではないかと使用前には思います。

やはり相手依存ではあるものの、手札誘発というこちらのターンに相手が効果を使用してくるカードが多様化されていることも加味すると…

事故率等も考えて、2枚が妥当かと思います。

まあ…結局は使用してみて決定するんですけどね

( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。