遊戯王!銀河眼シリーズ!第10弾!対象に取らないコントロール奪取と1ターンキル性能!

今回ご紹介するのは…闇に輝く超銀河こと「超銀河眼の光波龍」です

(画像はアジア版のシークレットですね( ´∀` ))


遊戯王 超銀河眼の光波龍 RATE-JP049 シークレット 【ランクA】 【中古】
価格:260円
(2019/11/23 08:50時点)
感想(0件)

このカードはアニメ「遊戯王ARC-V」にで天城カイトが使用した「ギャラクシーアイズ」です。「超銀河眼」では攻撃力が4500で統一されており、3枚目の「超銀河眼」です。

※このカードは召喚方法・エクストラデッキの圧迫などから採用がなかなかされませんが、「銀河眼」で他のデッキと戦いたいと思うならばほぼ必須ではないかと思っています。

★効果

・「サイファー」カードをエクシーズ素材にしているときのみ使用できます。このカードのエクシーズ素材を3枚まで取り除き発動。

相手の場の表側表示のモンスターを選択してターンエンド時までそのコントロールを得ます。またこの効果でコントロールを奪ったモンスターの効果は無効になり、カード名を「超銀河眼の光波龍」として扱い、攻撃力は4500になります。そしてオリジナルの「超銀河眼の光波龍」以外はこのターン直接攻撃ができません。

「銀河眼の光波竜」の完全上位互換ともいえる効果です。攻撃力・守備力は当然のごとくあちらよりも高く、効果の対象が1体から最大3体まで増えました。奪ったモンスターの攻撃力も4500になる。そして…奪ったモンスターの名称を変更しますが名前に「ギャラクシーアイズ」と含めることから「ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン」「銀河眼の光波刃竜」を重ねることができます。

最大の特徴は…対象に取る効果ではないこと

( ゚Д゚)

したがって…「このカードは相手の効果の対象にならない」というモンスターでも問答無用に奪うことができる点です。この点はすごく大きい点です。

わかりやすいカードであれば「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」であったとしてもコントロール奪うことができ…

「銀河眼の光波刃竜」の紹介時に1例として挙げたこのカードのように幅広く対象を取らせないようなカードであったとしても奪えます。

対象に取らないことの優位点はこれだけに収まりません。相手がこの効果にチェーンして場のモンスターを逃がしたり・交換したりしてもその後に奪うモンスターを選ぶため複数体存在していれば必ず1体以上は奪うことができます。ここで相手が自ら場を開けると攻撃力4500で直接攻撃を受けることになるため場をカラにすることはないでしょう。

♦このカードの問題点

このカードの問題点…それはこのカードを場に出す行為そのものです。

このカードを場に出す方法はいくつかあります。

①RUMを使用したエクシーズ召喚!

この「RUM-光波昇華」は「サイファー」モンスター限定の「RUM」です速攻速攻魔法であるにも関わらず、メインフェイズにしか使用できません。しかし、このカードでエクシーズ召喚できる「超銀河眼の光波龍」「銀河眼の光波刃竜」は自分のメインフェイズに発動する効果が主になるのであまり気にすることがないです。しかし、速攻魔法であるため、チェーン2以降に発動したりすることで相手から無効にされないように細工することもできます。これはうれしいですね( ´∀` )

②エクシーズ・シフトによる特殊召喚方法

「銀河眼の光波竜」をエクシーズ召喚しその後「銀河眼の光波刃竜」を重ねてエクシーズ召喚します。その後このカードを使用することで「超銀河眼の光波龍」を特殊召喚できます。しかしその場合には素材は1つしかないうえに自分で「サイファー」カードをエクシーズ素材に追加する必要があります。

追加できるカードは2枚です。「光波防輪」という罠カードと下の画像の

「光波異邦臣」です。

個人的にはこちらをお勧めします。このカードは墓地に送られると「サイファー」カードをサーチすることができます。それに手札・墓地どちらにいても即座にエクシーズ素材にできます。このカードは光属性であることから「ブリリアント・フュージョン」で簡単に落としながら「RUM-光波昇華」をサーチできます。


遊戯王 ブリリアント・フュージョン LVP1-JP020 ノーマル 【ランクA】 【中古】
価格:110円
(2019/11/23 10:16時点)
感想(0件)

さらにこのカードで出すカーは「ジェムナイト・セラフィ」召喚権を1回増やすことができるようになります。展開の補助をしながらサーチできるわけですね。

相手に依存しますが、「銀河眼の光波竜」の素材にもなる「エルシャドール・ネフィリム」と墓地に落とせる「影依融合」もおすすめです。

③シンプルにエクシーズ召喚

このカードも通常通りエクシーズ召喚はできます。上記同様にエクシーズ召喚後に「サイファー」カードを素材に追加する必要はありますが…ジェネレイドなら簡単にレベル9が揃いますが「サイファー」カードと相性が良くないのでこの方法はお勧めしません。

以上がこのカードを場に出す方法です。1度場に出せれば蘇生制限も満たしますし、墓地に「光波異邦臣」がいれば効果が発動できます。狙ってみると面白いですよ。

このカードを使うためには「サイファー」カードが必須になるのと、メイン・エクストラデッキ両方を圧迫します。通常ならば採用を見送るカードです。しかし…専用の構築にするなどすれば十分に戦うことができます。ぜひお試しください(`・ω・´)

(後日、銀河眼を使用した環境デッキとの闘いを記事にしたいと思います。)

それではよいデュエルライフを

(@^^)/~~~

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。