遊戯王!銀河眼シリーズ!第12弾!銀河眼初のリンクモンスター( ゚Д゚)新時代に煌めくギャラクシーアイズ!

今回は「銀河眼」初のリンクモンスターのご紹介です(`・ω・´)

「銀河眼の煌星竜」


遊戯王 第10期 06弾 SOFU-JP042 銀河眼の煌星竜【シークレットレア】
価格:680円
(2019/11/23 13:51時点)
感想(0件)

一見すると「銀河眼の光子竜」の色違いに見えます。羽が完全に分離してますね。また、手をかざしている部分が渦巻いております( ´∀` )マーカーは優秀な自分フィールドにのみ向いている斜め2つです。なんか両手が黄金(。´・ω・)?に輝いておりますね…これは…ゴッド・フィン…ゴボン(‘Д’)

召喚条件は攻撃力2000以上のモンスターを含む光属性モンスター2体です。すごく出しやすく優しい仕様です。「フォトン・サンクチュアリ」1枚で出せるのは素晴らしです( ´艸`)

効果①

リンク召喚に成功し場合、墓地の「フォトン」または「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を対象にそのモンスターを手札に加える効果

効果②

相手ターン中に「フォトン」+「ギャラクシー」カード1枚ずつもしくは「銀河眼の光子竜」1枚をコストに相手の場の特殊召喚されたモンスターを1体対象に、破壊する

どちらも名称ターン1なので複数体出しても複数回使える場合ではない点が注意です

リンク召喚成功時に墓地のカードを回収できる効果はアドバンテージを取りやすく優秀ですね。また手札2枚もしくは「銀河眼の光子竜」1枚で破壊効果を使用できるのも素晴らしいです。墓地の「銀河眼の光子竜」をこのカードで回収できれば相手ターン中にコストを確保できています。

ただし、破壊できる効果は相手のメインフェイズにしか発動できません。

つまり相手は別の展開ルートにも映ることができる

ということです。確かに強力な効果ではあるものの過信は禁物…最近のデッキはどれもいくつものルートが用意されていますからね(;’∀’)

大変扱いやすい効果でありそれでいて優秀。「フォトンギャラクシー」では先行制圧盤面の1枚として働いています( ´∀` )このカード自体が光属性・攻撃力2000以上ですので、回収したモンスターと合わせて2枚目のこのカードになることもできます。リンクマーカーが2つあることから「銀河眼の光波竜」の効果をアシストしています。

「フォトンギャラクシー」デッキでは「フォトン・スラッシャー」「フォトン・バニッシャー」の2枚で「銀河眼の光子竜」をサーチしながらしながらこのカードをリンク召喚でき、素材にした「フォトン・バニッシャー」を回収することで召喚権を使用せず、リンク先を2つ用意することができます。また手札に「銀河眼の光子竜」もありますので相手の特殊召喚されたモンスターを除去する準備も万端です。

先ほどからも書いている通り、「フォトン・サンクチュアリ」1枚からリンク召喚することができますが初ターン1発目にやると回収先がないためあまりやりたくないリンク召喚です。できる限り墓地に回収先がいる状態でリンク召喚しましょう(`・ω・´)

個人的にはこのイラスト…さらに強い力を隠し持っているように感じられます。今後、このカードの進化先みたいなイラストの「銀河眼」リンクモンスターが出ることを待っています。

以上で今回の記事は終わりです。回収効果がありドラゴン族ということもあり幅広いサポートを受けることができますので自分なりの使用方法を考察してみてください。

それではよいデュエルライフを

(@^^)/~~~

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。