遊戯王!4月以降に個人的に銀河フォトンデッキを使用する際に当たりたくないデッキ3選と理由…

リミットレギュレーションが発表され…ルールの裁定変更も大体行きわたったころ…ここからは新しい環境デッキが頭角を現し、自らが使用しているデッキも構築変更を余儀なくされるような時期ですね|д゚)

わたしのデッキは…レダメさん(`・ω・´)これが禁止から帰っていてくれたので採用したいですね。

あとは…効果は使用しなかったもののリンク1のドラゴン族という理由で採用していたエルピィさんが禁止になったので代わりを探したりします。

で…

今回は…私が銀河フォトンデッキを使用するとして…これから先大会でなるべく当たりたくないデッキテーマとその理由について…ちょっと書いていこうと思います。

ではいこう(`・ω・´)

♦あたりたくないデッキテーマ♦

その①エルドリッチ(これからの筆頭)

はい…このテーマです。

エルドリッチといえば登場後から早速大会で成績を残しております。大抵…新テーマで強いといわれているものたちは登場時には大体成績を残していると思います。動き方が認知されていませんからね(;’∀’)

で…このエルドリッチ…先行を取られると…

伏せカードいっぱい伏せるやんΣ(´∀`;)

これが銀河フォトンで当たりたくない1番の理由です…

銀河フォトンの初動は最低でも2枚…今のところ…銀河フォトンの理想盤面を作るには3枚必要になります。

しかし…1枚止められるだけで動きが止まってしまうのも銀河フォトンの弱点です

(´・ω・`)

エルドリッチは展開中にこちらの展開を妨害できるカードをそろえることができます。

もう…先行を渡すわけにはいきませやん…(´・ω・`)

でも…エルドリッチにはこちらのフィールドを除去する効果も持っております。しかもアンデット族…よって墓地肥やしや蘇生はお手の物…

銀河フォトンは残光竜によって1ショットキルが簡単になりました。しかし…灰流うららも無制限になってしまったため妨害される可能性も高くなりました。

この先エルドリッチがぐんぐん伸びていくとすると…銀河フォトンにとっては1番相手にしたくないデッキになるのではないかと思ってます(´・ω・`)

その②アダマシア

エルドリッチと同じパックで登場した2つ目の新テーマですね。

このテーマ…シンクロ召喚のテーマであるためなかなか汎用性が高いです。このテーマの切り札…

このドラガイトさん…こちらの魔法・罠のカード効果を無効にしてきます。

それだけではありません…テーマ内でこちらのカードを破壊する罠…モンスター効果を無効にするカウンター罠も持ち合わせております。

ドラガイトさんが目立ちますが…

この子もなかなかに厄介です…こちらの墓地のカードをなんでも除外してきます。

シンクロテーマであるため出したいシンクロを出したいときに出せる…(´・ω・`)

しかも…ハリファイバーは2020年4月の改定では制限のままでした。よってシンクロ召喚は以前強力なまま…

アダマシアは自身の効果でデッキをめくり、サーチ・展開していくテーマでしたがやはり11期…昔ならば微妙にかみ合わないようなカードがあるところが、テーマ内でばっちりかみ合っております(´・ω・`)

しかも…岩石族には何気に優秀なカードも多いのです…

唯一の救いは…アダマシアも2回ほど展開を止めればこちらが一方的に負けることにはならないため、先行でこちらが先に制圧すればなんとか勝ち星を挙げられる…かも…

(´・ω・`)

その③ヴァレット使ってなんかめっちゃヴァレルエンド出してくる

これですよ!これ( ゚Д゚)

上2つよりましやん…とか思う方もいると思いますが、何気にこれが…すごく嫌なんですよ…(´・ω・`)

まず…戦闘効果では破壊されず、効果対象にならない効果は当たり前のように標準装備…

で…フィールドの効果モンスター1体と墓地のヴァレットモンスターを対象に効果モンスターの効果を無効にして、対象にしたヴァレットモンスターを特殊召喚してきます。

なんでこっちの無効にしながら展開してくるんですかね…(´・ω・`)

で…この効果に対して…こちら側…チェーンできませんぬ( ;∀;)

つまり効果無効とモンスターの展開を止めることができません。こちらは1枚でも無効にされればまずいにもかかわらず、さらに展開してきます。

でもモンスターにかかわらず…

この子をポンポン出すようなデッキも苦手になってきます。

残光竜登場時にはやはり出たばかりであったため1ショットキルが簡単でしたが…登場してから一定期間たった今となってはマストカウンターを見切られています。

そんな中でこの2体のようにこちらのフィールドを荒らしてくるような子を簡単に出されると厳しい戦いになります(´・ω・`)

♦まとめ♦

ルールが変更になることも相まって、銀河フォトンは昔…全盛期以上の力を得たといっても過言ではないでしょう…

しかし…周りが強くなりすぎました。

また…銀河フォトンではどうしても手札消費が激しいため1回でも展開を返されるとどうしても劣勢になりがちです。今までもそうでしたがこれから先もこの問題を何とかできなければ成績を残すことは難しそうです(´・ω・`)

たとえ環境に出てこないようなテーマであったとしても上で紹介したようなモンスターを出されるとやはり厳しい状況になります。

これは…デッキ構築の腕次第でしょうかね(。´・ω・)?

これから新たな展開ルートを模索します(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。