遊戯王2020年4月よりの新ルールについて!

ついに発表されました新ルール…それは…

エクストラデッキの融合・シンクロ・エクシーズモンスターはメインモンスターゾーンにも特殊召喚できる( ゚Д゚)

素晴らしい(`・ω・´)

今まで通り、エクストラデッキの表側ペンデュラムモンスターとリンクモンスター今まで通りで融合・シンクロ・エクシーズはメインゾーンでoKに!

これは画期的ですね。

守護竜などリンク先に展開できてしまうようなカードはそのままに、全盛期よりも力が落ちてしまった融合・シンクロ・エクシーズは昔のように展開可能になりました。

♦全盛期以上の力を取り戻すデッキ・カード一例♦

①ジャンド

もともと展開力があったものの、エクストラモンスターゾーンのせいでリンクモンスターによる展開を余儀なくされました。それによりシンクロモンスターを並べるよりもリンクモンスターで展開していくほうが楽・効率的・強力な盤面を築くことができました。

しかし、ルール改定と「TGハイパーライブラリアン」の無制限化など強力な効果を持っているシンクロモンスターがほとんど規制がかかっておりません。

いまこそ力を取り戻すとき(`・ω・´)

②魔轟神

ジャンドと同じく、シンクロ召喚による展開を行うことができませんでした。リンク召喚を多用することで別の持ち前の展開力と相まって違った展開をしていました。しかし、ルール改定後ハリファイバーの力+昔のシンクロ召喚による力を取り戻すことで今よりも強力になること間違いなしです。

③DD

DDには融合・シンクロ・エクシーズを1ターンで並べる展開がありました。現在ではリンク召喚を絡めて制圧盤面を展開できるようになっていますが…

現在強化をもらいある程度の力を持っているDDですが、昔の力も取り戻すことで今よりも強力になることは間違いなしです!

④トリプルレモン

完全に個人的なデッキです( ´∀` )

このデッキは1ターン中にレッド・デーモンを3体以上並べるデッキです。アビス・ベリアルも簡単に特殊召喚できましたがエクストラモンスターゾーンによって不可能になっていました。しかしそれを取り戻しハイパーライブラリアンが無制限のいま…力を取り戻せました、ありがとうございます( ´∀` )

⑤銀河眼の光波竜+超銀河眼の光波龍

奪ったモンスターを即座にエクシーズ素材、シンクロ素材、リンク素材にできるようになりました。またギャラクシーアイズに重ねることができるモンスターを何も考えなくても使用できるようになるため間接的な強化をもらうことができました。

⑥No.93希望皇ホープ・カイザー

エクストラデッキから直接展開できる効果を持っていましたが、エクストラモンスターゾーンの関係上弱体化せざるを得ませんでした…しかし!このカードをエクストラモンスターゾーンに展開し、メインモンスターゾーンに展開できるようになったことで発売前よりも強化されました

♦まとめ♦

昔のようにリンクモンスターに頼ることなく展開することが可能になりました。

それどころかエクストラモンスターゾーンの分だけ1枠空いてくるので昔よりも展開後の盤面にモンスターが増えています。

またシンクロ中心のデッキは「TGハイパーライブラリアン」が完全に釈放されているため昔の大量ドローも可能な状態です。それどころかリンク召喚がなくなったわけではないのでハリファイバーの存在から現在では昔の力よりも強大な力を持つことを意味しています。

エクストラモンスターゾーンが設立されたことで間接的に弱体化を受けてしまったカードたちにとってはこのルール改定は輝きを取り戻すことができる機会です。本来の力を取り戻したカードたちの登場でこれからの大会環境が楽しみです( ´∀` )

逆に…現在のルールでも大量展開できるテーマは今よりも展開しやすくなってしまいます。

昔からのテーマが再度輝くのか、それとも現状の環境テーマが強いままなのか…

来年以降が楽しみで仕方ありませんね( ´∀` )

この記事は来年にも更新していきたいと思います。

それでは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。