遊戯王2020年4月新ルール導入について…「リンク召喚は失敗だったのか…」考察

2020年4月からの新ルール発表後…様々な意見が飛び交っております。

・やっと昔の遊戯王が返ってくる

・神ルール!

・良調整!

と…なかなか高評価です。当然、あまりうれしくないと感じている人もいます。

そこは個人個人の意見ですから当然ですね(‘ω’)

個人の意見は大切です。でも他人に押し付けてはいけません。自分が義弟的な意見だからと言ってバカにするような言葉は絶対にいけません。たとえそんな気が本人になくても受け取り側がそう感じてしまったらそうなんです。

人間とはそういうものです。だからコミュニケーションは大切だけど難しいと言われているのです。

では…今回のお題…

「リンク召喚は失敗だったのか!?」

今回のテーマはこちらです。

新ルール発表後にいろんな意見がある中で、こういう感想を複数拝見することがありました。

「リンク召喚導入によって遊戯王ユーザーが減少した。それによって売り上げが下がったりつぶれるお店がでた。だから昔のルールにある程度戻った。リンク召喚は失敗だったんだ」

「リンク導入で遊戯王をやめた!リンク導入さえされなければやめなかった」

…うん…こんな感じの意見です。

おおまかに説明すると、ユーザーが減少したから売り上げが下がった。利益を生むことができなかったシステムは失敗である。

ということですね。

個人の意見とはいえ、これは賛否が分かれると思います。

♦わたしの意見♦

結論:リンク召喚は…失敗ではない!

わたしの意見はこうです。確かに、リンク召喚導入前には否定的な意見が多かったのは事実です。

それによって遊戯王のユーザーも減ってしまいました。小さなお店が潰れてしまったのも事実です。

わたしもリンクルールによって使用できなくなったデッキやコンボも多数ありました。当時は…「ちくしょう…どうしよう…(´・ω・`)」と嘆いていたものです。

しかし、そこから…「なんでこんなルールを!?」とはなりませんでした。新しい環境でどうやって好きなカードを使ってデュエルしようかと考えました。

リンク召喚導入後…遊戯王は続いていますよね。それでも遊戯王が好きで続けている人も多数います。

ダメなところはしっかりと意見したうえで続けているんです。だからネット上に新規カードが発表されるたびに多くの意見が飛び交うんです。

最初は…リンクルールに避難していた時期がある人もいるかと思います。

それでも!

リンク導入後…今までのデッキが使用できなくなっても、新しい展開ルートを探ってデッキ構築をしています。

新しい環境で、新しいデッキで、自分の好きなカードで楽しく遊戯王を続けていける人たちもいるんです。

現にリンク召喚導入後、しばらくして複数のリンクモンスターが登場したらユーザーは喜びの声を上げていました。

経営者目線でみると失敗でも、ユーザー目線では失敗ではないんです!

わたしも社会人です。当然仕事をしています。ここで肝心なことがあります。

経営者の失敗=システムの失敗は必ずしも成立するわけではない!

ここです。確かに経営者からしてみると利益が上がらないシステムは失敗かもしれません。しかし、実際に買う人やそれを使用するユーザーにとってみると…

使いやすかったり、それはそれでいいなと感じるのです。

デュエマに売り上げで負けたから…ポケモンカードに売り上げが負けたから…このシステムは失敗である…

いやいや、そんなことはありません。そもそも遊戯王が劣化してしまったという証明にはなりません。

デュエマの製作者やポケモンカードの製作者の努力によって遊戯王の売り上げを超すことができた。その可能性も大いにあるのです。

両方とも人気のカードゲームですからね( ´∀` )

むしろ…今まで売り上げで勝てなかったのに勝ててすごい!と称賛を送るべきでしょう。

ちらっと気になることがあって…

あと…リンクモンスターに銀河眼ももらえましたからね(●´ω`●)

すごくうれしい出来事でした。

♦ルール改定♦

今回ルール改定が2020年4月に決定しています。この理由は…開発者であるKONAMIさんにしかわかりません。

私個人としては、リンク召喚+昔のルールにすれば今よりも楽しくなるのではないかという考えのもとルールが変わるのではないかと思っています。

♦リンク召喚導入によるメリット♦

リンク召喚導入によって…メインモンスターゾーンのどこにモンスターを配置するのか…どのモンスターから展開すればよいのか…エクストラモンスターゾーンのモンスターをどうやってどかして展開していくのか…奥の深いデュエルをすることができるようになりました。

なかなかメインモンスターゾーンの配置に関して考えることが少なかった時代がありました。

リンク召喚導入後、配置を気にしないとエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる事態が発生するためモンスターの配置を気にするようになりました。

それに伴い、配置列によって効果を使用できるモンスターも出てきました。これはリンク召喚無くしては生まれることがなかったことです。

♦リンク召喚が好きなユーザーも多数いる♦

当然リンクモンスターが好きなユーザーもいます。好きなモンスターがリンクモンスターにもできた人やリンク召喚がかっこよくて遊戯王を始めた人もいます。

リンク召喚は月日が経つにつれて進化していきました。救済のために出てきたリンクモンスターもいれば、新テーマのエースモンスターもいます。

リンク先に対して効果を発動できるモンスターもいます。

これはリンクモンスターだからこそできることですよね。

♦まとめ♦

いかがだったでしょうか(。´・ω・)?

個人的にはリンク召喚導入によって失うものがありましたが得るものも当然ありました。何事もリスクはつきものです。これは仕方ありません。

リンク召喚導入→2020年4月新ルール

についていろいろな人の意見が述べられているとは思いますが…

言葉使いには注意が必要です!

本人にはそのつもりがなくても不特定多数の人が同じように不快に感じたりすれば…否定されていると感じれば…馬鹿にされていると感じれば…

当然それに対して反論してくるものです。だって自分の大切なものが義弟されているんですから。

その点だけには注意して意見を述べていきましょう( ´∀` )

リンク導入後も楽しく遊戯王できてましたよね(●´ω`●)

新しいルールでは昔のルールもある程度戻りますのできっともっと楽しくなりますよ!だって!

今のリンク召喚はそのままに!昔のルールの一定部分を採用した新しい遊戯王なんですから(`・ω・´)

またデッキ構築がはかどりますね!

昔使っていてリンク導入後使用できなかったデッキも使用できますよ(`・ω・´)

不特定多数が入り混じって作られているのがカードゲームです。

娯楽なんですから楽しくいきましょう( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。