銀河フォトンとミザエル風デッキでいい仕事をしすぎた「三戦の才」!ドローかワンパンチか!!

ちょっとお試しで最新のドロー効果もちの魔法カード…

三戦の才

このカードを銀河フォトンとミザエル風デッキに入れてデュエルしてみました。

その結果…デッキの動き方と相性がよかったのか、あまりにも良い仕事をしてくれてうれしさのあまり記事にしております

( ´∀` )

♦1ショットキルと相性がよかった♦

その①銀河フォトンの場合…

銀河フォトンはもはや嫌というほど耳にしていることと思いますが…

この3枚による1ショットキルが凄すぎますよね

( ´∀` )

で…この1ショットキルに行くまでの過程はいろいろありますが…手札にこの2枚(`・ω・´)

これがない限りは手札誘発等にひっかかります

(´・ω・`)

まあ…一部例外として儚無みずきにはこの2枚でもチェーンして発動されて1ショットキルを防がれるかもしれませんが…

1ショットキルをもしも防がれた場合の対処方法を考えておかなければいけません。

で…どうしても残り手札は4枚…もしも相手の妨害札に対して何かしら使用した場合はさらに減ります。

そこから何とかしようとするとどうしても手札がなくなっていました。( ;∀;)

で…

そこで「三戦の才」があると…単純に手札が増えました

( ´∀` )

当然ドローしても対処できない時はありましたが、今までよりも格段に対応力がアップしました。

その②ミザエル風の場合…

ミザエル風デッキの要はこの3枚(`・ω・´)

ミザエル風デッキの強みは同じカードから先行・後攻どちらの盤面でも作れること(`・ω・´)

また、セイファート1枚でリンク2までの動きもあるので手札次第でそこからの自由度も高いことですね

( ´∀` )

で…このコンボは手札誘発の全てに引っ掛かります。

なんだったらその手札誘発の対策カードである「墓穴の指名者」も効きます(´・ω・`)

このコンボはセイファートに通常召喚権を使用していますので、そこからケアしようとすると手札が枯渇します。

「三戦の才」はこれをある程度緩和してくれました

( ´∀` )

♦ある程度のケアをしてくれる♦

銀河フォトンとミザエル風における1ショットキルは相手に依存しているところがあるものの、なかなかに高い成功率をたたき出します。

それでも環境で活躍できないのはどうしても手札誘発系に弱いところ…もしくはそれ以外の妨害を受けたときでもケアしにくいところにあります。

三戦の才は完全とはいかないまでもある程度はこの問題点を改善してくれているというわけです( ´∀` )

♦妨害されない=勝利は目前?♦

一番大きいところがここ(`・ω・´)

1ショットキルができる手札があるということはデュエルの勝利は目前です。

で…よくよく考えてみたら自分のターン中に相手が何も妨害してこないと勝利です(`・ω・´)

つまり三戦の才を発動しない=勝利!!

こういうことですが…逆に何かされると三戦の才によるケアで次につなげることができる…

お互いに腐ることがなく、うまくかみ合った結果…

予想よりもデッキに貢献してくれた

( ´∀` )

ここに落ち着きました。

♦弱点を補えるカードだった♦

今まで…「希望の記憶」なんかでドローすることが多かったです。

それでもやはり条件付きのドローカードでは腐ることがありました。

銀河フォトンとミザエル風の弱点はどうしても展開後の手札の枯渇…

もしくは相手に妨害されたときのケア方法…

この2つが大きく立ちはだかっていました。これを何とかしようとしてもデッキの動きを鈍くしてしまうものばかり…それゆえに1回でも攻撃できれば勝てる可能性がある、アフターグロウの価値が高くなった理由の1つでした。

でも…これからは今までの弱点であったところをデッキの動きを邪魔することなく補う方法の1つができた!

これはようやく大きな穴がふさがってきたので、すごくうれしいのです。

あまり強すぎると環境で悪さをしてしまいますので、適度な効果のものをこれからも出していってほしいところですね

(*´ω`*)

(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。