銀河フォトンにおける役割…「フォトン・サンクチュアリ」でできること…この1枚でサーチ&サルベージ

銀河フォトンを使用している人…もしくはこれから鶴りたいと思っている人…

そんな人たちがデッキを作るときに悩む1枚のカード…それは…

フォトン・サンクチュアリ

このカードの採用枚数を悩むことでしょう(`・ω・´)

と…いうことで今回はこのカードでできることを簡単にまとめて見ました。

♦フォトン・サンクチュアリの価値♦

そもそもこのカード…リンク召喚の登場でちゅもくを集めたカードです。

このカードは登場したときの使用方法としては…

光属性のアドバンス召喚用

光子竜の特殊召喚サポート

この2つしかありません(´・ω・`)

トークンであるためエクシーズ素材にはできず、このトークンはシンクロ素材にもできません。

よって光属性をアドバンス召喚したいor光子竜を特殊召喚したいときにしか使用しませんでした。

しかも…光子竜自体はほかにも特殊召喚できる方法が多いためこのカードをわざわざ採用する必要もありませんでした。

♦リンクの登場によって価値が上がった♦

リンク召喚が出ました。

たとえばこのカード。召喚条件は光属性モンスター2体です。フォトン・サンクチュアリによって特殊召喚されるトークン2体のみでリンク召喚できます。

リンク召喚登場時にはエクストラデッキから出すためにはエクストラモンスターゾーンorリンク先に出さなければいけなかったため、フォトン・サンクチュアリ1枚でリンク先が2つ用意できる。

これにより採用率が上がりました。

♦フォトン・サンクチュアリでできること♦

その①疑似サーチ

銀河フォトンにおける大切な動きの一つ…それがサーチ…

このサーチはこのカードが登場したことでできるようになった動きです。

このカードは対象にしたモンスターと元々の種族または属性が同じモンスター1体を対象にしたモンスターに装備できます。

フォトンには「フォトン・オービタル」がいます。

フォトンオービタルは装備状態のこのカードを墓地に送ることで、「フォトン」「ギャラクシー」モンスター1体をデッキからサーチできます。

銀河戦士の強化版のようなサーチ効果ですね( ´∀` )

フォトンサンクチュアリ1枚で…

・フィールドにユニオンキャリアー

・手札に好きな「フォトン」「ギャラクシー」モンスター1体

このような状態を作れるわけです。

枚数だけで言えば、1枚増えている状況が作れます。

その②サルベージ

墓地の「フォトン」「ギャラクシー」モンスターを1体手札に戻すことができる動きです。

これはいたって簡単で、墓地に「フォトン」「ギャラクシー」モンスターが1体以上存在してる状況で「フォトン・サンクチュアリ」を使用します。

で…

ギャラクシーアイズ唯一のリンクモンスター!

ソルフレアさんをリンク召喚します。

この子はリンク召喚に成功した場合、墓地の「フォトン」「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える効果を持っています。

例えば…

・手札にフォトン・サンクチュアリ

・墓地に光子竜+銀河騎士

このような状況であれば、フォトン・サンクチュアリ1枚でランク8まで繋げることができます。

それ以外でも、墓地に「銀河魔導師」「フォトン・オービタル」のどちらかが存在していれば前者は好きな「ギャラクシー」カードを後者は召喚権を残しながら「フォトン」「ギャラクシー」モンスターをサーチできます。

その③エクシーズ&バック破壊

これは手札と墓地に同じレベルのモンスターが存在しているときに限ります。

一時期いろいろな意味で騒がれたこのカードをリンク召喚します。

このカードはリンク召喚に成功した場合、手札と墓地の同じレベルのモンスターを1体ずつ特殊召喚しその2体のみでエクシーズ召喚します。

このカードのリンク先のエクシーズモンスターが素材を取り除く効果を発動すると、このカードの2つ目の効果が発動。

魔法・罠カードを1枚破壊できます。

フォトン・サンクチュアリ+手札にモンスター

これがある状況化なので上で紹介した2つよりも優先度としては下がります。

しかし、銀河フォトンではランク8が作りやすい。

またバックに弱い傾向が強いため破壊できるに越したことはありません。

ギャラクシーアイズは重ねてエクシーズ召喚できるFAとサイファーブレードがいるため、アハシマの効果と合わせて3枚破壊もできます。

♦おまけ♦

リンク召喚ができたことで仕事が増え、価値が上がったフォトン・サンクチュアリですが当然昔からの使い方が弱いかというとそうでもありません。

①ザボルグ

相手のエクストラデッキを破壊できる効果を持っているザボルグをアドバンス召喚できます。

直接墓地に送るので蘇生制限を満たせず、エクストラデッキから墓地に送られてしまったモンスターたちは何かのコストにしてしまうか、エクストラデッキに戻さなくては召喚できません。

②光と闇の竜

昔ほどではありませんが、今でもそれなりの制圧力を持っています。

少なくても4回効果を無効にされるので簡単には突破されにくいです。

このカードを突破しやすい「オネスト」や「ガーディアン・エアトス」は今ではなかなか見ませんからね( ´∀` )

レベル6の帝も同じくあまり見ません

♦銀河フォトンにおける採用枚数♦

特にこだわりがないのであれば…

3枚決定(`・ω・´)

こうだと思います。

何せ光属性しか召喚・反転召喚・特殊召喚できなくなるとは言え、召喚権を残しながら好きなカードをサーチできますからね。

安定性をアップさせるためにはもってこいです。

しかも1ターンに1度の制限もない…

わたしの銀河フォトンはあくまでも1ショットキルを狙っていくことをコンセプトにした結果…

不採用になりましたけどね(*´ω`*)

ほかにも理由がありましたけども…|д゚)

しかし…このカード1枚でサーチやサルベージができる。

ほかのカードとの組み合わせでほかにも仕事ができます。

既に手札に「フォトン・オービタル」を握っている場合やアフターグロウが手札にある。

様々な状況下でどの使用方法を選ぶのかが重要なカードになりました。

これから先もまだまだ役割が増えるかもしれませんね

( ´∀` )

( ´∀` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。