銀河フォトンのキーカード!3枚!デッキの要は何枚採用するべきなのか…

デッキを作るときに1番あって損をせず…それどころか採用枚数を増やしたいカードってありますよね。

どんなデッキでも要となるカード…もしくはデッキの回転を助けるのに大いに役立つカードってあります。

で…

銀河フォトンデッキにも当然存在しています。

今回はそのカードを紹介しながら何枚採用したものか…と悩んでいく回です(`・ω・´)

♦銀河フォトンの重要カード紹介♦

その①フォトン・オービタル

このカードは装備状態のこのカードを墓地に送ることで、デッキから「フォトン」または「ギャラクシー」と名のついた同名以外のモンスターをサーチできます。

今までは「アクセル・ライト」によるデッキからの特殊召喚のみであった銀河フォトンの強い味方です。

しかもうまくいけば召喚権を残してサーチできます。

サーチ範囲も広く、モンスターのみではあるもののレベルに関しては縛りがありません。

装備モンスターに戦闘破壊耐性も与えてくれます。

♠採用枚数は?♠

わたしは…ほかのカードとの兼ね合いもあるので3枚採用しています。

このカードは全ての「フォトン」「ギャラクシー」モンスターをサーチできます。さらに攻撃力500以下の機械族であることから「機界複製術」の効果範囲です。

このカード+「機械複製術」からでもコンボをスタートできるのでわたしは3枚採用します(`・ω・´)

通常は…2枚もあれば十分だと思います|д゚)

その②フォトン・バニッシャー

自分のフィールドにほかの「フォトン」または「ギャラクシー」がいれば手札から特殊召喚できます。またこのカードが特殊召喚に成功した場合、デッキから銀河眼の光子竜をサーチできます。

このカードのほかに存在したモンスターがレベル4ならばエクシーズ召喚することで銀河眼の光子竜を特殊召喚することもできます。

戦士族なのでイゾルデをリンク召喚もできます。基本的にほかのモンスターが存在していることが前提であるため特殊召喚に成功さえすればそこからの派生先が多いカードです。

♠採用枚数は?♠

今のところは3枚かな…と思っています。|д゚)

特殊召喚できるだけで十分なのですが、サーチできる効果もすごく助かります。

また、このカードをエクシーズ素材にしたモンスターには戦闘で破壊したモンスターを除外する効果が付随されるのも美味しいです。(>_<)

その③銀河戦士

このカードの登場で銀河フォトンは一気に飛躍しました

( ´∀` )

一時期は大会でも成績を残せるような力を得ました。

手札の光属性ならばなんでもコストにでき、特殊召喚できます。

このカードは特殊召喚に成功した場合デッキから、「ギャラクシー」と名のついたモンスターをサーチできます。

このカードは同名でもOKです(`・ω・´)

このカードの登場によって、このカード+銀河眼の光子竜でランク8を簡単にエクシーズ召喚できるようなお手軽コンボが出来上がりました。

♠採用枚数は?♠

少し悩ましいところです。

採用枚数は2,3枚…昔は3枚で安定でした。

しかし、フォトンバニッシャーやフォトンオービタルとほかにもサーチ効果を持ったカードが登場したことで、必ずしも3枚採用することが少なくなりました。

ランク5を主体にする場合には3枚でしょうか…

わたしはランク8が主体ですので…2枚ですね(*´ω`*)

♦リスクがないならば3枚採用♦

銀河フォトンはどうしても2枚初動なのでなにも考えませんでした。でも、上で紹介したカードには共通点がります。それは…

1枚では腐ること

1枚では何もできません。これは本来であれば痛手です

(´・ω・`)

でも別のテーマ内には一切のリスクなく汎用性がものすごく高いカードも存在します。

現在は制限カードのなので1枚しか採用できませんが…なんと発動条件がりません(;´∀`)

しかも1ターン制限もありません。このカード1枚でテーマ内のカードに何でもアクセスできます。

尚且つ、追加効果もあり1ドローもできます。

このように汎用性も高く、腐ることがほとんどありえないようなカードは3枚採用するべきですね

( ´∀` )

♦最大の要は銀河眼の光子竜♦

フォトンオービタル以外の2枚はこのカードにアクセスもしくは使用することが前提のコンボが満載です。

昔から銀河フォトンは銀河眼の光子竜へのアクセス方法が多く存在していました。

時代が変わった今…登場時とはさらに比べられないほどこのカードへのアクセス方法が増えています。

もはや除外ゾーンまでも蘇生範囲内です(;’∀’)

ランク5に特化した銀河フォトンもありましたが現在ではこのカード無くしては銀河フォトンは回らないとさえ思えるほどです。

デッキ構築…頑張りますか(`・ω・´)

(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。