銀河眼たちの打倒!新勢力「エルドリッチ」を攻略せよ!なんか…墓地から沢山サーチ( ゚Д゚)…こちらを妨害するカードが多い…Σ(´∀`;)

最初に発表されたカードは…

このカードのみでした。効果自体は優秀ではあるものの11期のカードにしては10期よりもパワーが小さい気がするちょっと控えめな印象を受けました。

それでも十分に強いんですけどね(;’∀’)

で…

問題はここから…名前は少し変わっていますが関連カードが多数発表…現在は発売されています。

そいつらがテーマ内カードであることから相性が抜群で強かったのです(;´∀`)

では…注意カードを見ていきます。

♦黄金卿…♦

その①呪われしエルドラド

見た目はフィールド魔法ですが、永続魔法ですね。

効果は自分はアンデット族でしか攻撃宣言が不可能。800LP払うことでデッキから「エルドリッチ」モンスター1体or「黄金卿」魔法・罠1枚をサーチできる効果です。維持できれば毎ターンサーチができます。

で…墓地に送られた場合にも効果がありデッキから「エルドリッチ」モンスター1体or「黄金卿」魔法・罠を1枚墓地に送れます。

…なんで墓地に送られた際の効果まであるんですかね(´・ω・`)

エルドリッチは自分フィールドの魔法・罠を墓地に送るとサルベージ&特殊召喚効果を使用できます。

相性…抜群ですね(;’∀’)

その②黒き覚醒のエルドリクシル

エルドリッチがいると汎用特殊召喚効果を持ちます。

墓地にこのカードがある場合、このカード自身を除外することでデッキの「黄金卿」魔法・罠をセットできます。

この際に魔法カードをセットしておけばそのまま使えますし、黄金卿にはカウンター罠もありますのでそれをセットできれば相手の妨害もできます。

1枚で2度おいしいカードです。

その③白き宿命のエルドリシクル

速攻魔法ですね…

エルドリッチがいれば手札・墓地からのアンデット汎用蘇生カードです。

で…上と同じく墓地の自信を除外することでデッキの「黄金卿」魔法・罠をセットできます。

上で説明したカードのこのカードのは墓地から除外すれば罠をセットできるというわけですね。

その④紅き血染めのエルドリシクル

特殊召喚効果は言わずもがな…

魔法カードと同様に墓地から除外するとデッキから「黄金卿」魔法・罠をセットできます。

その⑤黄金卿のガーディアン

罠モンスターですね。

黄金卿エルドリッチが存在しているときに特殊召喚できるとフィールドの表側モンスター1体の攻撃力を0にできます。

やはり、墓地の自信を除外すると今度はデッキから「エルドリシクル」魔法・罠をセットできます。

その⑥黄金卿のワッケーロ

罠モンスターです。

黄金卿エルドリッチがいるときに特殊召喚できると墓地のカードを1枚除外できます。

その⑦黄金卿のコンキスタドール

罠モンスターで、やはり黄金卿エルドリッチがいるときに特殊召喚できれば効果があります。

フィールドの表側表示のカードを1枚除外できます。

その⑧永久に輝けし黄金卿

はい…でましたカウンター罠…

エルドリッチモンスターがいるときにモンスター効果・魔法・罠が発動した時に自分フィールドのアンデット族を1体リリースすると発動できます。

その発動を無効に…

ハア(´・ω・`)

アンデットは特殊召喚方法が豊富です。黄金卿エルドリッチは自身の効果で簡単にサルベージと特殊召喚ができてしまうのでコストにも困りません…

その⑨黄金の征服王

今回…唯一テーマ内でサーチができない罠カードです。

効果は強力で、除外されているエルドリシクル魔法・罠を3枚デッキに戻しフィールドのカードを全て破壊する効果

または除外されている「黄金卿」魔法・罠を3種類デッキに戻し相手のLPを半分にし、その後相手のLPの数値分自分のLPを回復します。

さっきから紹介している魔法・罠は全て自身を除外して発動する効果があるためコストには困りません。

♦魔法・罠にはサーチ効果がついている♦

黄金卿エルドリッチは簡単に出てきます。

それこそ「エルドリシクル」魔法・罠で出てきます。

こいつがいると罠モンスターが強力な効果を発揮してきます。

で…

「エルドリシクル」魔法・罠には「黄金卿」魔法・罠を

「黄金卿」魔法・罠には「エルドリシクル」魔法・罠をサーチする効果がついています。

つまりお互いがお互いをサーチしあうのです。サーチは墓地から発動するため無駄がありません。

♦銀河眼の弱点を突いてくる♦

何回か記事にもしましたが銀河眼の最大の弱点は召喚時。

ランク8であるため、ある程度工夫してエクシーズ召喚する必要があります。にも拘わらず…そこを妨害されるとランク4などを出すよりも痛手を負います。

また銀河眼は起動効果もちがほとんどです。よって召喚成功時にも当然弱いです。

罠モンスターたちがこちらを妨害してきます。

つまりこちらはギャラクシーアイズをエクシーズ召喚するためのカード+「タキオン・トランスミグレイション」or「タキオン・ギャラクシースパイラル」を手札に持っているとようやくタキオンドラゴンは安全に着地できます。

ほかのギャラクシーアイズの場合には伏せておかなければいけません。(´・ω・`)

♦まとめ♦

今回のこのアンデットテーマは基本的に相手ターンには何かしらの伏せカードがあり、それで対応してくることを前提としたデッキです。

つまり…銀河眼にとっては苦手な相手です。

最近のデッキは伏せカードに対スル対策カードの採用が少ないです。当然銀河眼デッキもコンボ優先ですので同じです。

もしも…エルドリッチがこれから先も流行るのであれば伏せカード対策は完璧にしておく気持ちでデッキを組まないと…

完封されますね(;’∀’)気を付けます…(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。