銀河眼たちの打倒!vsオルターガイスト!思考の限りを尽くし!掴んだチャンスで勝利を目指せ!

はい…今回は1枚のカードではなく、vsデッキ編です(`・ω・´)

オルターガイストは罠カードとモンスターガードの効果をうまく組み合わせて戦ってきます。

ビートダウン系デッキの代表格といっていいのでしょうか(。´・ω・)?

メタビート系やカウンター系のデッキとデュエルするのは嫌い!…という人が多いですが、わたしは結構好きです( ´∀` )

あのじっくりと考えながらデュエルしている感覚がたまりません(●´ω`●)

それでは敵情視察(`・ω・´)

1枚1枚見ていってみます。

♦オルターガイストの主戦力♦

①オルターガイスト・メリュシーク


遊戯王 オルターガイスト・メリュシーク CIBR-JP014 レア 【ランクA】 【中古】
価格:80円
(2019/12/30 08:27時点)
感想(0件)

シンプルな直接攻撃できる能力を持っています。

また戦闘ダメージを与えることで相手フィールド上のカードを1枚墓地に送ることができます。

自身のみで完結できる能力を持っておりこれだけでも優秀です。

フィールド上から墓地に送られた場合、デッキからメリュシーク以外のオルターガイストモンスターをサーチできます。このカードはレベルが1のため「ワン・フォー・ワン」でも特殊召喚でき、「リンクリボー」にするなどして簡単に墓地微送ることができます。

このカード1枚で、相手フィールドのカード1枚の処理+サーチ効果を持っている厄介なモンスターです。

②オルターガイスト・クンティエリ


遊戯王 CIBR-JP015 ノーマル 効果モンスター オルターガイスト・クンティエリ 【中古】【Sランク】
価格:30円
(2019/12/30 08:32時点)
感想(0件)

オルターガイストカードがフィールドに存在しているときに相手の攻撃宣言時に発動でき、手札から特殊召喚できます。

さらにその攻撃を無効にできます。

このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側カード1枚の効果をこのカードが存在している間無効にできます。

③オルターガイスト・シルキタス


遊戯王 CIBR-JP013 ノーマル 効果モンスター オルターガイスト・シルキタス 【中古】【Sランク】
価格:30円
(2019/12/30 08:38時点)
感想(0件)

このカード以外のオルターガイストカードを手札に戻すことで相手フィールドのカード1枚をバウンスできます。

フィールドからこのカードが墓地に送られた場合に、墓地のオルターガイスト罠カードを1枚サルベージできます。

バウンス効果と墓地回収効果を持ち合わせており、このカード1枚でアドバンテージを簡単にとることができます。

バウンス効果は相手ターンでも使えるフリーチェーン効果であることから、自身の永続罠に対して、相手が何かしてきても手札に戻すことで永続罠を破壊から間接的に守ることができます。

④オルターガイスト・マリオネッター


遊戯王 オルターガイスト・マリオネッター スーパーレア CIBR-JP012 光属性 レベル4
価格:390円
(2019/12/30 08:42時点)
感想(0件)

召喚成功時にデッキからオルターガイスト罠カード1枚をフィールドにセットできます。

また、自分フィールドのオルターガイストカード1枚と墓地のオルターガイストモンスターを入れ替えることができます。

⑤オルターガイスト・マルチフェイカー


遊戯王 第10期 04弾 FLOD-JP014 オルターガイスト・マルチフェイカー【スーパーレア】
価格:100円
(2019/12/30 08:44時点)
感想(0件)

自分が罠カードを発動した場合に、手札から特殊召喚できます。

特殊召喚に成功した場合デッキから「オルターガイスト・マルチフェイカー」以外のオルターガイストモンスター1体を守備表示で特殊召喚できます。

オルターガイストモンスターは特殊召喚成功時に効果を発動できるモンスターが多いためこのカードを起点に展開・サーチしてくることがあります。

⑥オルターガイスト・プロトコル


遊戯王 オルターガイスト・プロトコル ノーマル CIBR-JP071 永続罠
価格:80円
(2019/12/30 08:47時点)
感想(0件)

オルターガイスト専用の補助系永続罠です。このカードを発動されてしまうとフィールドのオルターガイストカードの効果の発動、発動した効果を無効にできなくなります。

また

このカードは相手がモンスターの効果を発動した時にこのカード以外のオルターガイストカードを墓地に送ることで、その発動を無効にできます。

オルターガイストは1枚1枚が的確にアドバンテージを稼いでくるデッキです。できればサーチやサルベージなどは無効にしたいところです。しかし、このカードが発動されているとそれができないので、相手に優位にデュエルが進んでしまいます。

発動させないか、早めに処理する必要があります。

⑦オルターガイスト・マテリアリゼーション


遊戯王 オルターガイスト・マテリアリゼーション EXFO-JP070 ノーマル 【ランクA】 【中古】
価格:50円
(2019/12/30 08:53時点)
感想(0件)

オルターガイスト専用の「リビングデッドの呼び声」です。

オルターガイストは特殊召喚成功時に効果を発動するモンスターがいるためアドバンテージを取っていきます。

このカードは墓地にある時に墓地のこのカードを除外することで、墓地のオルターガイスト罠カードをサルベージしていきます。

無駄なことが書いてないですね(;’∀’)

⑧パーソナル・スプーフィング


遊戯王 パーソナル・スプーフィング ノーマル CIBR-JP072 永続罠
価格:48円
(2019/12/30 08:56時点)
感想(0件)

珍しくカード名称に「オルターガイスト」と書いていないオルターガイスト専用の交換カード。

手札orフィールドのオルターガイストカード1枚を持ち主のデッキに戻して、デッキからオルターガイストモンスター1枚をサーチできます。

安定性を得るためのカードですね。

♦エクストラに強力なモンスター♦

オルターガイストは効果こそ強力なものの、メインデッキのモンスターたちは打点が高くありません。

そのため攻撃力の高いカードはエクストラデッキに依存しています。

オルターガイストは特殊召喚方法も豊富で結果的に場もちも良くなるため、リンク素材には困りません。

また墓地に送られた場合に効果を発動できるのでリンク召喚することによるデメリットがほとんどないことが良い点です。

(こちらからすれば困ることこの上ないのですが…(´・ω・`))

♦銀河眼に取って注意するカードは?♦

オルターガイストの主戦力でいうと…

①「オルターガイスト・メリュシーク」

②「オルターガイスト・シルキタス」

この2枚です。

銀河眼にとって…「銀河眼の光波刃竜」の蘇生効果が使えません。

また基本的に「No.90銀河眼の光子郷」以外は相手ターンは棒立ちです。その中で手札に戻されたり、墓地に送られると再度召喚・特殊召喚しなければなりません。

その際には、オルターガイスト&罠カードによる妨害を受けることになり、相手にアドバンテージ差を広げられてしまいます。

「オルターガイスト・プロトコル」

このカードもこちらに直接干渉してくるカードです。フィールドのモンスター効果を無効にされてしまいます。

展開しようとしてるスタートラインを止められてしまうため、その後展開しようにもできず、できたとしても手札消費が激しくそのまま押し切られてしまいます。

♦有効な銀河眼♦

①ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン

永続罠カードを使用してくるのでそこを破壊していきたいです。長い間フィールドに残してしまうとじわじわとアドバンテージを稼がれてしまうので、早めに処理できるこの子は有効です。

②銀河眼の光波刃竜

FAと同様に相手のフィールドのカードを1枚破壊できます。

こちらは表裏関係なく破壊できるのでその都度対象が変わってきます。

ただし…こちらの場合は対象にできる範囲がFAよりも広いため、どちらかと言えば相手にわざと無効化効果を使わせる目的が大きいです。

通ればOK,通らなくても使わせられたのでOKといったところです。

FAともども採用できていれば、FAを囮役として効果を無効にされたFAにこのカードを重ねて再度相手に破壊を仕掛けていく動きをしていきます。

③CNo.107超銀河眼の時空龍

フィールドのカード効果をすべて無効にでき、発動も封じることができます。

基本的にはこの子の効果をどうやって通すかを考えていきます。

手札からオルターガイスト・クンティエリが出てきてもフィールドで効果は発動できないので効果を無効にされる心配はありません。

発動をできなくさせておけば、このカードにFAとサイファーブレードを重ねることで戦闘も合わせて合計3枚のカードを破壊することができます。

④銀河眼の光子郷(条件・ケースバイケース)

オルターガイストモンスターの効果を無効にしてサーチ・サルベージ・展開を防いでいきます。

できればこのカードと一緒に突破用のモンスターも並べておきたいです。

またギャラクシーカードをエクシーズ素材から取り除けば破壊できますが、オルターガイストには墓地に送られた場合にも発動できる効果があるため、破壊するかどうかは無効にするカードによって決める必要があります。

エクシーズ素材にはギャラクシーカード1枚、それ以外を1枚でエクシーズ召喚しておきたいです。

⑤No.62銀河眼の光子竜皇(条件付き)

銀河眼の残光竜をエクシーズ素材にしておくことがほぼ前提です。相手のライフがある程度削れているならば「銀河眼の光子竜」を素材にしておきたいです。

攻撃力が自身だけでも5600となり、残光竜の効果を使用すれば11200になります。

攻撃が通るタイミングでこのカードの一撃のみによる勝利を目指していきます。

最低2枚でできる簡単な高攻撃力であり、ライフが8000であったとしても相手モンスターの攻撃力が3200以下ならば射程圏内です。

♦主な戦い方♦

どの銀河眼を採用しているかで対処方法は異なりますが複数存在しています。その内で主となる方法を2つご紹介していきます。

①シンプルイズベスト!1撃で沈める方法!

こちらは2019年12月21日に登場した「銀河眼の残光竜」の登場によってできるようになった明確な勝ち筋です。

残光竜を素材にした「No.62銀河眼の光子竜皇」をエクシーズ召喚して戦闘を行うものです。

構築が根本的に変わります。「王宮のお触れ」など罠カードを使用させないように場を固めます。

もしくは「ハーピィの羽根箒」や「ライトニング・ストーム」を複数枚採用することで相手の魔法・罠カードを処理した後に展開し突破していきます。

残光竜を素材にしておけばプライムフォトンに「エフェクト・ヴェーラー」を使用されても攻撃力8000のプライムフォトンと攻撃力3000のフォトンドラゴンが場に並びますので十分そのターン中に勝利できるだけの打点があります。

「王宮のお触れ」・「ハーピィの羽根箒」・「ライトニング・ストーム」と合計7枚デッキに入っており、残光竜素材のプライムフォトンは手札2枚で作れます。

「オルターガイスト」は1ターンで決めてくることは少ないためある程度準備時間も稼げます。

細い線を探して、チャンス時に一気に攻め込むスタイルです。

「ドラグーンビート」などの罠カードが多いデッキも同様に見ることができるのがこのパターンの強みです。

♠弱点♠

手札消費が激しいため、もしも展開中に阻止されたりそのターン中に決めきることができなかった場合には、そのまま押し切られる可能性が高いです。

②タキオンorネオタキオンを維持しながらビートダウン

タキオンorネオタキオンを維持しながら戦う方法です。個人的にはこちらのほうが好きです。

できればネオタキオンのほうがいいです。タキオン系には手札から使える罠カードがあります。

「タキオン・トランスミグレイション」と「タキオン・ギャラクシースパイラル」です。オルターガイストはモンスター効果や罠カードによるチェーンを組みます。

そこに「タキオン・トランスミグレイション」を当てていき、アドバンテージを狙っていきます。

また「タキオン・ギャラクシースパイラル」の登場によって「オルターガイスト・プロトコル」がすでに貼られている状態でも安定して攻撃できるようになりました。

効果は無効にできませんが、ネオタキオンの効果で発動していないカードの発動自体を封じることはできるので十分です。

相手のライフが4000を切った瞬間にFAなどを重ねて、モンスターを全て破壊→直接攻撃を通していきます。

♦対策カード♦(汎用+銀河眼サポート)

①タキオン・トランスミグレイション

あらゆるカードを無効にし、デッキに戻せる銀河眼専用のカウンター罠です。

タキオンドラゴンがいれば手札からも発動できます。最近はそもそも無効にされないカードが多発しているため「タキオン・ギャラクシースパイラル」のほうが安定するときはあるものの、やはりデッキに戻すのが強いです。

メインに複数枚積むか、サイドデッキに積むかは周りの環境と自分のデッキがどれだけ銀河眼を出しやすいかに依存します。銀河眼がいないと発動自体ができないので何も考えずに3枚採用してしまうと、このカード自体が事故要因となってしまします。

②タキオン・ギャラクシースパイラル

ギャラクシー専用の罠カードです。このターン選択したモンスターは戦闘で破壊させず、自身以外の効果を受けなくなります。

ほぼ守り切れます。銀河眼は攻撃力が高いため戦闘よりも効果により処理されることが多いです。

それを守ることができます。また自身以外の効果を受けなくなるので、効果の発動に対して何かされてもこのカードによって守ることができます。

タキオンドラゴン系が場にいれば手札から使用できるため奇襲性もばっちりです。

相手に干渉する効果ではないため、「オルターガイスト・プロトコル」が貼られていても有効です。

そのまま戦闘を行うことで安心してダメージを与えていくことができます。

③ライトニング・ストーム

展開前のスタートに使用するカードです。モンスターか魔法・罠どちらを破壊するかはその都度変わりますが、複数枚を同時に処理できる優秀なカードです。

④レッド・リブート

ビートダウン系に対する最も有効であると言える手札から使用できるカウンター罠です。神系も打ち消すことができるためできる限り積んでおきたいカードです。

ライフを半分コストにする以外の発動条件はないので、腐ることが少なく安心して展開を行うことができます。

⑤王宮のお触れ

罠カードの効果を無効にできます。そもそも罠カードを採用しない構築もあるため、その際に採用するといいカードです。

「無限泡影」などを使用できなくなるデメリットがあるため構築する際に悩まねばなりません。

無限泡影か王宮のお触れどちらを採用するかは環境によりけりです。

⑥御前試合

オルターガイストは属性がバラバラです。こちらは属性を統一することで影響を受けないようにしておきます。

基本的にオルターガイストモンスターは1枚しか立たなくなるので対応が楽になります。

⑦拮抗勝負

1枚で複数枚処理できるカードです。伏せカードを多数セットしてきますので、モンスターを維持するか魔法・罠を維持するかを相手に選択させます。

もしモンスターを残せば手札に対応策がある…伏せカードを残すのならば蘇生札もしくは交換札である可能性が高いなどの分析になります。

ここに神系を使用されるということは除去されるとまずいということなのでフィールドのカードを処理できれば勝利が近いのでは?と分析できますね( ´∀` )

⑧墓穴の指名者などの墓地除外カード

墓地からのサルベージ対象を根こそぎ奪っていくことです。墓穴の指名者はデッキを選ばず投入できます。

限定的なものとしては魔弾の「魔弾-ダンシング・ニードル」やシャドールの「影依の巫女エリアル」などは有効な手段です。あちら2枚は罠カードも除外できる点が優れています。

わたしは魔弾銀河眼もシャドール銀河眼もあるのでそのデッキでの対処はこの2枚を使用する方法をとっています。

♦好き勝手に動かないことが鍵♦

カウンター系やメタビート系など罠カードが多いデッキとやりあうときの鉄則があります。

★無理に動こうとしないこと★

ここです!

たまに見る光景は…相手の場に「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」がいる状態で手札に展開できるスタートカードが1枚しかない時に動く人がいます。

このような行動は当然いけません(`・ω・´)

スタートできるカードが1枚しかないのに行動しても無効にされてターン終了を宣言するのが目に見えています。

手札に1ターンに1回しか発動できないカードが2枚あり、すでにインフィニティを処理できるならば話は変わってきますが…

無効にされると何もできない状態になるならば別のチャンスを探りましょう!

どのみち無効にされれば対処できないのであれば、相手ターンを凌ぎ、次のターンに別の突破口を開けるような準備をしておきましょう。

そして…完全には展開できないけど無効にされてもある程度は展開できる場合も注意です。

その展開を行った結果、手札は何枚残るのか…相手のライフは削り切れるのか…削り切れない場合、どこまで相手の場を荒らすことができるのかを想定しなければなりません。

相手の場を中途半端に残してしまい、ライフも削り切れないのに残る手札は1枚以下…デッキ内容からも次のターンで展開できない…などが想定できるならばそのターン中は展開はやめて最低限の動きだけでとどめておきましょう。

★必ず攻撃できるときに攻撃するべきではない★

召喚までは成功した、あとは攻撃するだけ…という場面で攻撃するべきか否かです。

攻撃した結果…除去されて相手に展開を許してしまったΣ(´∀`;)

なんてことがあります。もちろん使わせなくてはならない状況はあります。しかしそれは自分の戦力をキープできる場合のみです。

自分の戦力をキープできないのにむやみやたらに突っ込んではいけません。しっかりとタイミングを見極めていきましょう(`・ω・´)

ここらへんの見極めには経験が1番です!

大会等に出る前にデュエルしまくって経験を稼いでおきましょう。

♦まとめ♦

今回はvsオルターガイストでした。このように罠カードをうまく使用してアドバンテージを稼いでくるようなデッキとのデュエルは常に考えながら動かねばすぐに積んでしまう…難しいデュエルになります。

少しでも楽になるために構築の段階である程度対策方法を考えておきましょう。

銀河眼自身にもビートダウン系に対する対処方法は用意されており、サポートカードもあります。ただし無作為に使用しているとすぐに枯渇し押され始め、そのままゲームエンド…ということが大いにありえることなのでマストカウンターを見極めていきたいです。

汎用系の魔法・罠による除去と銀河眼専用のサポートカードの枚数調整には最新の注意を払いデッキ構築をしていきたいですね(●´ω`●)

ビートダウンには1ターンで決めきるか…それとも同じビートダウンで戦略勝負するか…どちらに転んでも深く思考しなければ勝てない勝負です。

すごく真剣な空気でデュエルするのもまた楽しいものです。( ´∀` )

ただし…

自分が好きなことだけをしたいデッキを組んでいる場合には何もできずに敗北…なんてことをしてしまいまったく楽しくない(´・ω・`)…なんてこともあるのでフリーでデュエルするときは相手に相談してからデュエルするか、プレイングを磨くか…それともある程度はどんなデッキにも対策を忍ばせておくか…よくよく考えていきましょう!

楽しくデュエルしたいのにそんなことでお互いに気まずくなるのは嫌ですからね!

住み分け…大切…(゜゜)…わたしは好きだからいいですけど…

以上(`・ω・´)…いつかメタビート系に対するデュエル方法みたいな動画を記事にできるといいなぁ…と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。