銀河眼たちの打倒!vsリリーサードラグーン編!出させないようにしなければ…詰む!?Σ(´∀`;)後攻で返す方法はあるのか?

今回は…おそらくクリスティアが流行っていたころよりも大変なことになっております

(;´∀`)

初めて銀河眼を使用する際に立ちはだかった「ヴェルズ・オピオン」よりも面倒です…

♦何が一番まずいのか♦

今までこのブログでは魔導竜騎士ドラグーンオブ・レッドアイズについての記事を複数書いてきました。

記事はこちら↓

①銀河眼たちの打倒vs魔導竜騎士ドラグーン

②暴れまくっている魔導竜騎士ドラグーン

③魔導竜騎士ドラグーンオブ・レッドアイズに規制はかかるのか

④リリーサードラグーンの問題点

などなど…様々ですが…銀河眼たちを主にしてリリーサードラグーンに対する対抗策を考えます。

さて…別記事にはこう書いています。

「魔導竜騎士ドラグーンオブ・レッドアイズ単体では対策はいつらでも可能。ほかのカードに関しては相手も素引きしないといけないで十分に勝機はある」

と…

さあ問題点がすでに出てきましたね!

魔導竜騎士ドラグーンオブ・レッドアイズの隣に特殊召喚できない&モンスター効果を無効にしてくるやつがいるΣ(´∀`;)

大問題です(;’∀’)

だって…手札1枚でドラグーンオブ・レッドアイズとクラウソラスの影霊衣がいるんですから…

相手は特に伏せカードなど用意しなくてもこちらの行動に制限をかけていますからね。

これにより別記事に書いたドラグーンオブ・レッドアイズに対する銀河眼たちの展開方法である…

チェーンブロックを作らずエクシーズ召喚を行うことができません( ;∀;)

同じ理由で「銀河眼の光子竜」も自身の特殊召喚をすることができず、そもそも特殊召喚条件を満たすことも難しいです…

♦盤面を成り立たせること自体がNGに♦

そもそもリリーサードラグーンの盤面を完成されてしまうとほとんどの対抗策をつぶされてしまいます。

ドラグーンオブ・レッドアイズは許してもいいとして、リリーサー&クラウソラスの影霊衣は召喚を許すわけにはいかないのです。

あわよくばドラグーンオブ・レッドアイズも許したくありません。

♦手札誘発を総動員?♦

相手に先行を取られた場合には高い確率でリリーサードラグーンの盤面を作られてしまいます。

相手に先行を取られた場合に相手の行動を妨害できるカードは限られてきます。

手札誘発や「無限泡影」のような手札から発動できる罠カードです。

相手の特殊召喚をトリガーにドローできる「増殖するG」は今回は…使用できなさそうですね(;’∀’)

なぜならば…ドローできても盤面を完成されるとほとんど何もできない可能性が高いからです。

ならば…どの子がいいのでしょうか…

①エフェクト・ヴェーラー

②灰流うらら

③DDクロウ

個人的にはこの3枚でしょうか…

①のエフェクト・ヴェーラーについて

当然のように相手の展開中を止めます。展開されてしまうとドラグーンオブ・レッドアイズは対象に取れませんし、クラウソラスの影霊衣は効果は無効にできますがリリーサーの効果を打ち消すことはできません。

あくまでも展開中をつぶします。

②の灰流うららも展開中を妨害します。

ハリファイバーを使用しなければいけない関係上灰流うららに引っ掛かります。ここを利用しない手はありません。

もしも…ハリファイバーを出すのに「終末の騎士」を使用する場合にはそこで止めることもできますからね(●´ω`●)

③のDDクロウについて

墓地に送られたリリーサーを打ち抜きます。

このカードを除外してしまえば特殊召喚を封じられることはありません。うまくいけばクラウソラスの影霊衣も立てません。

♦先行を取れた場合の対策は?♦

先行の場合にはこちらが展開することで妨害していきます。これは省きますね。

銀河フォトンでは…フォトンロード、タイタニックギャラクシー、ソルフレア、インフィニティなどをたてることで手札1枚からの展開は間違いなく防ぐことができます。

また…「次元障壁」も有効です。

リリーサードラグーンの展開にはシンクロモンスターも使用します。そこに合わせることができます。

また融合を指定すればドラグーンオブ・レッドアイズを、儀式を指定すればクラウソラスの影霊衣を召喚させることなく妨害できます。

またこのカードはほかのカードに対しても有効でヴェルテ・アナコンダの効果に対してチェーンすることでライフを払わせながら妨害できます( ´∀` )

♦盤面を完成されると銀河眼にできることがない♦

悲しいことでも仕方ないです…受け入れます( ;∀;)

現在のカードプールでは上で紹介したようなカードを使用しない限り銀河眼たちにできることがありません。( ;∀;)

先行でタキオンドラゴンをたてることができ。手札に「タキオン・トランスミグレイション」や「タキオン・ギャラクシースパイラル」を握ることができていれば何とかなりますが…

先行を取られてしまうと、そもそも召喚を許してもらえないので…リリーサーを使用することで永続的に特殊召喚を封じてきますので相手のプレイングミスを誘うこともできません。

必ず、展開される前に潰していきましょう

(`・ω・´)

♦時械神もあり♦

時械神シリーズは通常召喚で出てきますのでリリーサーに引っ掛かりません。また、戦闘・効果で破壊もされないのでドラグーンオブ・レッドアイズやほかのカードで破壊されることもありません。

採用できるならばぜひとも採用していきましょう(*´ω`*)

♦まとめ♦

1枚の強力なカードが中心のような環境が出来上がってきましたね。完成された盤面を返すのはどんなデッキであったとしても困難であることから十二獣が横行していた時代よりもひどいかもしれません(;´∀`)

というよりも…1枚のカードパワーが強すぎて周りに昔から問題視されていたけど対処方法があるから問題になりにくい奴らにスポットが当たっていますね(;’∀’)

何となくですけど…クラウソラスの影霊衣とリリーサーに何かしらの規制がかかったら次は大天使クリスティアとかを使用してくるのではないかとも思ってきますね…

さらに…どんなデッキであったとしても盤面を形成されると返すことが困難であるところがまた問題ですよね(;´∀`)

弱点があるからデッキは複数に分かれるわけで…そうじゃないのならデッキがだんだんと同じようなものになってきます。

現在の環境デッキに中にドラグーンオブ・レッドアイズを採用していないのはどれだけいるのでしょうかね(。´・ω・)?

気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。