銀河眼使いから見た「宣告者の神巫」!レベル変動効果により銀河眼をエクシーズ召喚できる素晴らしさ。

漫画「遊戯王OCGストラクチャーズ」の第1巻に付録されている

「宣告者の神巫」

このカードに対して、銀河眼使いであるわたしが考察していきます(`・ω・´)

基本的には銀河眼デッキに使用できるか否かですね。

♦効果♦

効果は2つですね。

簡単に…

①召喚・特殊召喚成功した場合に、デッキ・エクストラデッキから…天使族1体を墓地に送るとターン終了時まで墓地に送ったモンスターのレベル分このカードのレベルを上げる。

②このカードがリリースされた場合、手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚できる。

♦レベル変動効果♦

はい!今回の目玉効果ですね。( ´∀` )

レベルを8にできれば銀河眼をエクシーズ召喚できるのでそこを狙っていきます。で…レベル6で墓地に送りたい天使族がいるのかというと…

いないんです(´・ω・`)

一応候補としては…

候補①堕天使

堕天使はもともとレベル8を並べることができます。また、墓地にスペルビアを置いておきたいもの…で…堕天使にはレベル6もいます。墓地からの蘇生も簡単ですし、「宣告者の神巫」によって墓地肥やししながら展開できるので相性は悪くないのではないかと思っています(`・ω・´)

候補②ネクロス(影霊衣)

ネクロスのデッキでは相性のいいカードにレベル6の弁天があります。ネクロスにはレベル8にヴァルキュルスがいますので今までよりもランク8を狙いやすくなりそうです。

でも…そもそもネクロスではギャラクシーアイズは出しにくいことこの上ない

(´・ω・`)

少しばかり出しやすくなったところで、エクストラデッキの「虹光の宣告者」を墓地に送ってサーチしながらレベル6となった「宣告者の神巫」をリリースしてブリューナクの影霊衣を出す…のような動きのほうがきれいで安定しています。

まあ…一応前よりは狙いやすくなったということで、専用にはなりますが変わったネクロスデッキとして組んでもいいかもしれませんね(●´ω`●)

♦リリースした場合の特殊召喚効果は?♦

こちらの効果は効果自体は優秀で、天使族をメインにデッキを組んでいる場合にはなかなか使用できる効果だと思います。( ´∀` )

上で例に挙げたネクロスと星杯を組み合わせるなんかも面白そうです。

で…ギャラクシーアイズ関係でいうとあまり相性が良くないのが現状です

(´・ω・`)

やはり特殊召喚できる対象がレベル1か2で特殊召喚されたモンスター自体にレベル8になれる要素がないため相性は悪いと言えます。

♦まとめ♦

レベルを変動させる効果のみに着目するとなかなか相性がよさそうに見えます。しかし…実際には墓地に置いておきたいレベル6の天使族がいないためこのカードを使用したギャラクシーアイズのエクシーズを狙うことはなさそうです(´・ω・`)

これから先墓地に置いておくことがメリットとなる天使族のレベル6が登場すれば話は変わりますが…

ギャラクシーアイズとの相性という点では壊滅的とは言いませんが相性は悪いですね…堕天使デッキに1枚だけ採用し、展開補助をメインに。で…もしもの時はこのカードでもランク8を狙えるおまけ程度に抑えておくほうがいいでしょうね。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。