銀河眼使いだけど「ヴァレルガード・ドラゴン」の強さについて語りたい…

ヴァレルリンクと聞くと…よく警戒される子は…

・ヴァレルエンドドラゴン

・ヴァレルソードドラゴン

・ヴァレルロードドラゴン

大体この3体だと思います。

でも…今回注目していきたい子は…

ヴァレルガードドラゴン

この子です(`・ω・´)

あまり目立つようなドラゴンではありません。

が…仕事人のような強さがあります(*´ω`*)

使ったことがある方はよくわかると思います。

♦仕事人ヴァレルガード♦

さてこのカードは3つの効果を持っています。

①効果では破壊されない

②条件付きの蘇生効果もち

③フリーチェーンで守備表示にできる

ざっくりとこんな感じ|д゚)

まず①の効果で破壊されない耐性…これは言わずもがな優秀な耐性ですよね。

現代遊戯王では効果破壊できるカードは多数存在しています。

ガチデッキであれ、ファンデッキであれコンボの最中に破壊できる。

もしくはコンボの最後に破壊できるなんてざらですよね。

そんな破壊効果を受けることがありません。

自分と相手のカードの効果両方に対しての耐性ですのでわたしも良く使用するコンボは…

このカードの破壊効果を発動するための対象に取ります。

ヴァレルガードは効果破壊されないので、相手のカードのみ破壊できるお手軽除去になってくれます。

次に③の効果です。

これはあまり目立ちませんが…リンクモンスター以外からの戦闘破壊から身を守れます。

効果破壊されないモンスターであったとしても攻撃力3000を突破することは難しくありません。

当然戦闘破壊で突破しにくる相手もいます。

しかし…ヴァレルガードの効果で守備表示にされれば戦闘破壊できません。

相手はそれを加味して展開しなければいけないため、コンボルートが絞れます。

①と③の効果で除去+バウンス以外からはそう易々突破されることがありません。

さて…②の効果ですが…

②の蘇生効果はこのターン中に破壊されたモンスターを自身の魔法・罠ゾーンのカード1枚をコストに蘇生できるものです。

つまり…ターン中に破壊されたモンスター限定の死者蘇生です。

ヴァレットモンスターと相性が凄くいい効果です。

③の守備表示にする効果を自身ヴァレットモンスターを対象にすることで、ヴァレットモンスターが持っている効果を使用できます。

その後、今破壊されたヴァレットモンスターを蘇生…という流れを組めます。

その他にもターン中に破壊されてさえいれば蘇生対象になるので、相手のモンスターを戦闘破壊した後でも発動できます。

なかなかに使える蘇生効果です。

♦ヴァレルガードは…強い♦

ここまで語ってみても…イマイチ強さがわからない…という方もいると思います。

極端にいうと…

効果破壊されず、戦闘能力も高く、蘇生効果を持っている

こう書くと伝わりますかね(。´・ω・)?

ドラグーンオブレッドアイズに破壊されない…といえばいいでしょうか…

あと…少し変わったことをいうと…守護竜ピスティともなかなか好相性です。

このカードのリンクマーカーは下と右下にも向いている向いているため、下にピスティをリンク召喚することで右下に蘇生できます。

ヴァレルガードの効果でピスティのリンク素材を確保することは簡単です。

あとは…使ってみてください(`・ω・´)

(`・ω・´)

銀河眼使いだけど「ヴァレルガード・ドラゴン」の強さについて語りたい…” への2件のコメント

  1. ロード、ソードに比べるとレアリティや効果の派手さで見劣りしますが破壊した相手モンスターを奪ったり、リバースモンスターの効果使ったり、唯一無二の仕事ができる子なんですよね~!

    1. 使ってみるといい仕事してくれますよね(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。