銀河眼使いのコントロール奪取に対する、防御策を考える!タキオンドラゴンを返せぇーー!!!!( ゚Д゚)

はい!霊使いがストラクで強化されることがわかりました!

それに伴って、ある意味永遠のテーマである「コントロール奪取」に対する対策を考えていきます。

まあ…古くは「心変わり」や「強奪」…近いところでいうと「グレイドル」や「ヴァレルロード」によってコントロールを奪われることがあります。

とくにグレイドルに関しては永続的にコントロールを奪いに来ます。ビックアイによるコントロール奪取なんかも今となっては懐かしいところ…

で…霊使いが強化されるのであればもともと霊使いたちが持っている「各属性のモンスターのコントロールを奪う」効果

…これが使いやすくなるまたは、リバースしやすくなるのではないかと思っています。

これは…対策せねば(;´∀`)

♦対策代表カード♦

その①エターナル・ボンド

このカードに頼る日が来るやもしれません。銀河フォトン限定ではありますが…

フィールド上では展開札として機能します。また墓地に存在していれば、フォトンモンスター限定ではあるものの攻撃力を強化して奪い返すことができます。( ´∀` )

ミラーマッチの際には相手のギャラクシーアイズを奪えるかもしれませんしね(`・ω・´)

でも…フォトンモンスター限定のためタキオンドラゴンなどフォトンと名のついていないギャラクシーアイズを取り戻すことはできません。

また、ミラーマッチの際にサイファードラゴンによって奪われたモンスターは名前がフォトンではなくなるので取り戻せない点には注意ですね

(`・ω・´)

その②タキオン・ギャラクシースパイラル

ギャラクシーアイズに最強の耐性を与えることができるカードですね( ´∀` )

タキオンドラゴンならば手札からも発動できます。

すべてに対しての耐性なのでコントロール奪取以外に対してのメタカードとしても役に立ちますね。

その③タキオン・トランスミグレイション

最強のカウンター罠(`・ω・´)

例によってタキオンドラゴンがフィールド上に存在していれば手札からも発動できます。

こちらはタキオン・ギャラクシースパイラルとは違ってデッキに戻させます。さらにこのカードの効果処理が終了した後に別のカードで再度奪われる可能性がありますので…油断は禁物ですね(;’∀’)

その④輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン

攻撃力が2000以上のモンスターを効果対象にならなくさせます。

コントロールを奪うカードはある一定数のカードを除けば対象に取るカードばかりです。

故にこのカードによる防御策が効きます。

その⑤エレクトリック・ワーム

ドラゴン族か機械族のコントロールを奪うことができるカードです。( ´∀` )

ギャラクシーアイズはフォトンロード以外はドラゴン族です。

またコントロールを奪えるのはエンドフェイズまでですが、ギャラクシーアイズは重ねることでエクシーズ召喚できます。

機械族を奪うこともできるので何気にオルフェゴールなどの流行りテーマにも奪うことができるところもgoodですね( ´∀` )

銀河フォトンであれば、「銀河戦士」のコストにもできるので腐りにくいです。

♦まとめ♦

とりあえずすぐに見つけることができるカードを並べてみました。

これ以外でも対象に取るカード効果であれば「安全地帯」でも防御できます。またリバース効果なのであれば戦闘破壊が決定しているのならば奪われることがありません。

それにネオタキオンはフィールド上での効果を無効にし、発動も封じます。自分のターンであれば何気に相性がいいですね( ´∀` )

あとはどれだけ奪われるときや奪われてしまったときに手札に対策カードを引き込むことができるかですね…

デッキ構築…頑張りましょう(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。