魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズに規制はかかるのか!?…それとも周りが規制されるのか!?このままでは2020年4月以降がやばい!考察してみます。

結論:まとめてある程度規制…ヴェルテ・アナコンダはあきらめる…

ただただ強く、暴れまわっているカード…

魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ

過去記事はこちら↓

①暴れまわっている魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ

②銀河眼たちの打倒vs魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ

巷ではすでにこのカードに規制はかかるのか…それとも周りのカードに規制がかかるのでは?…と考察されています。

このブログでも考察していきます。

なんせわたしもこのカードとはすでに幾度となく対戦していますからね(`・ω・´)

対戦相手のデッキは違うのになんでか必ず出てくるんですよね(´・ω・`)

♦魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズが制限?♦

とりあえず1発目にはかかっても制限がいいところではないかと思います。

なぜならば…やはりこれほど人気が出てデッキで活躍しているカードをいきなり禁止にしては儲けが…(´・ω・`)

本当にこのカードの脅威を退けたいのであれば禁止にするしかないでしょうね…

このカードはエクストラデッキのモンスターです。

特殊召喚する方法は多岐にわたります。つまり1枚しか使用できなくなったとしても簡単に出てきてしまいます。

制限であろうと準制限であろうと脅威は去りません。

1度出してしまえば蘇生もでき、融合したければデッキに戻せばいい…制限にかかってもそのコンボはすぐに作られるでしょう…

♦真紅眼融合を禁止に?♦

よく話題になっていますね…この理由は簡単で「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」を使用することで簡単に出せてしまうからです。

デッキに「ブラック・マジシャン」または「真紅眼の黒竜」を採用していれば真紅眼融合1枚で出せますし、引けなくてもヴェルテ・アナコンダでその効果を使用して出すことができる。

ヴェルテ・アナコンダはリンクモンスターであることからメインデッキを圧迫しません。リンク素材も効果モンスター2体でいいためこれまた簡単。

ここで考えられるのが…

①真紅眼融合を禁止にすることでデッキ融合による特殊召喚を防ぐ

②ヴェルテ・アナコンダを規制して簡単に出せなくする

③両方規制して汎用性を下げる

大きく分けるとこんな感じだと思います。

真紅眼融合を禁止にしたところで出てくるものは出てくるし、ヴェルテ・アナコンダを規制しても同じですね。

それならば、真紅眼融合を制限にしてヴェルテ・アナコンダを禁止に…とすればある程度丸く収まるのかな…と…

純粋にレッドアイズを使用している方々にはなんだか申し訳ない感が半端ではありませんが(;’∀’)

♦デビル・フランケンの存在♦

破壊効果は使用できないものの、無効効果は使用できる魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズを直接特殊召喚できます。

破壊効果さえ使えなければ相手のターン中にこちらのモンスターを効果破壊+バーンダメージは来ないのでまだマシ…と思われていそうな気がします。

それでもほかの融合モンスターと並べられるようになるのでデビル・フランケンも制限or禁止に行きそうですよね(;’∀’)

♦結局どこに規制がかかる(。´・ω・)?♦

上にも書きましたが…

まずはヴェルテ・アナコンダを禁止にするところからが一番汎用性が下げれていいのではないかと個人的には思います。

それに伴って1枚から制圧盤面を作れてしまう、デビル・フランケンも制限or禁止…ですかね。

真紅眼融合は禁止・制限ではなく準制限にして「レッドアイズ・インサイト」でサーチさせるようにすれば、レッドアイズモンスターを墓地に送る必要が出てくるのでそこまでデッキの枠を割いてあらゆるデッキに入れることはないのでは…と個人的には思います。

ただし…

ヴェルテ・アナコンダは第2のハチファイバー枠といわれるほどなのでいきなり禁止になるのか…といわれれば微妙なところ…

まずは制限にして様子見…それでも汎用性に富んでいた場合にはどれかが禁止になることである程度収束させるような気がします。

♦新規カードにもまずいカードが…♦

はいこちらですね…

このカード…湯郷素材に名称が書かれていればそのモンスターを特殊召喚できてしまいます。

魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズはこれ1体でも出せれば制圧力が高いので融合縛りを受けても何も問題がありません。

融合素材を最小限に…ほかにも融合できるようなデッキにすれば規制を受けてもある程度動けるままですね(;’∀’)

しかも融合系には…

竜魔導の守護者がいますね(;’∀’)

あちらは召喚成功時に手札1枚をコストに融合orフュージョン魔法をサーチできてしまうのでこのカードも真紅眼融合もサーチできます。

ここらへんも真紅眼融合に規制をかけてしまう要因になりそうな予感がします(;’∀’)

♦まとめ♦

魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズを簡単に出すことができるカードは複数存在しています。

その中でもよく使用されているのは言わずもがな

真紅眼融合

ヴェルテ・アナコンダ

ですね(;’∀’)ここ2枚はどうあがいても規制対象になってしまうと思います。これは仕方ないですね。

もともとレッドアイズの強化のために出された真紅眼融合ですが…( ;∀;)

真紅眼融合はサーチできてしまうので制限カードにされてしまう可能性も十分考えられます。しかし、純粋にレッドアイズを使用している人たちのために禁止だけは免れてほしいものです。

ヴェルテ・アナコンダは…今はいいかもしれませんがあきらめるしかなさそうです

(´・ω・`)

このターン融合しか出せないと縛りがあるもののそれはヴェルテ・アナコンダの効果を使用した後の話…それによってコンボの最後にヴェルテ・アナコンダを使用すればそれでいいという簡単な逃げ道があります。

さらにヴェルテ・アナコンダの効果はデッキに触りますが「灰流うらら」による妨害を受けません…

さらにヴェルテ・アナコンダは基本的に1枚の採用でいいため、すでに墓地にいるヴェルテ・アナコンダに対して「墓穴の指名者」で妨害することも難しい…

ほかにも対策はありますが汎用性が高すぎます(;’∀’)

規制を受けるまで遊び倒すしかないですね(;’∀’)

タグ:

魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズに規制はかかるのか!?…それとも周りが規制されるのか!?このままでは2020年4月以降がやばい!考察してみます。」への2件のフィードバック

  1. ゴールドボックスもう再販ないだろうし禁止でいいんじゃないですか

    1. しばらくは様子見かと思います(´・ω・`)
      何となく1回制限とかを経由して禁止かなって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。